Loading

刀剣ブログ

日光助真・天下人家康の愛刀

日光助真

日光助真(にっこうすけざね)

日光助真

日光助真

国宝 太刀 銘 助真(号 日光助真)出典:昭和大名刀図譜

国宝 太刀 助真(号 日光助真)

日光助真

日光助真

出典:名物刀剣-宝物の日本刀

黒漆打刀拵(助真拵)

助真拵

黒漆打刀拵(助真拵)出典:打刀拵東京国立博物館
天正・慶長期の黒漆打刀拵の代表作として世上有名なもので助真拵と呼ばれています。鎺が台付であるため、鐔の茎孔のまわりを一段鋤下げているのが特色です。

日光東照宮の御神宝

本太刀は、享保名物帳所載の名物「日光助真」です。号の由来は、所持者であった徳川家康薨去後に、家康の遺体が祀られた日光東照宮へ納められたことに因みます。元々、本太刀は加藤清正が所持していましたが、清正から家康へと献上され、本太刀を殊の外気に入った家康は、自らの好みの拵を誂えさせ佩刀としました。愛刀家であった家康は、名物江雪左文字宗三左文字など幾振も佩刀を所持していましたが、斯界で「家康の愛刀」といわれると真っ先に名が挙がるのは本太刀であることが多いと思います。日光東照宮に御神宝として納められた本太刀は、現在でも日光東照宮の所蔵です。

鎌倉中期の一文字派を代表する名工の一人

一文字助真は、吉房、則房と共に鎌倉中期の一文字派を代表する名工の一人で、助成の子、或いは助房の子と伝わり、通称を藤源次といいます。助真は、鎌倉幕府の招きで助綱などの一門を引き連れ備前から鎌倉へと赴き、鍛刀したと伝わっていることから、彼らのことを別名鎌倉一文字とも呼んでいます。彼らの作風は、行光や正宗などの後の相州鍛冶にも大きな影響を与えたと考えられています。
また、助真の正真確実な在銘作は、ほぼ同時期に活躍した吉房と比べると少なく、国の指定品に限定すると、国宝は本作を含めて二口、重要文化財四口、重要美術品三口の計九口のみに留まります。

一文字派についてはこちらをお読みください。

助真の代表作

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、磨上ながら腰反りなお高く、鋒は猪首鋒となり、表裏に棒樋を掻き流している。鍛えは、板目肌流れごころにやや肌立ち、地沸細かにつき、乱れ映り立つ。刃文は、表は高低差のある大丁子乱れ、裏は高低差の少ない大丁子乱れを焼き、表裏共に匂口深く、足・葉よく入り、尖り刃交じり、砂流しかかる。帽子は、乱れ込み、掃きかけている。茎は、磨上で先は浅い栗尻となり、鑢目勝手下がり、銘は茎の下部に「助真」の二字銘を切っている。江戸期より現在に至るまで一文字助真の代表作として名高い天下の名刀であり、天下人であった家康の佩刀として相応しい出来映えを呈した太刀といえます。また、本太刀には所持者であった如何にも家康が好みそうな簡素で品のある天正拵が付帯していて、同じ様式の拵えを称して「助真拵」と呼んでいます。画像のように、一見すると地味な拵ですが、質素な拵に華やかな作風の本太刀を納めているところに家康らしさを感じます。

日光東照宮所蔵の刀剣

日光助真の刀剣展示

日光助真は通常、東京国立博物館に寄託展示されていますが、2005年に日光東照宮宝物館に国宝の太刀「国宗」とともに47年ぶりに里帰りしました。また2018年2月に東京国立博物館の「武士の装い―平安~江戸」ででは日光助真と黒漆打刀拵(助真拵)が同時展示されました。全国の刀剣展示会情報はこちら

日光助真押形(出典:図説刀剣名物帳

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

遺品整理で発見された刀に登録証がない場合

橫山上野大掾祐定の脇差をお買取いたしました

関連記事

  1. 大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

    2017.12.27
  2. 会津正宗・蒲生氏郷の愛刀

    2019.10.23
  3. 白山吉光・鎌倉中期を代表する名剣

    2019.02.22
  4. 平野藤四郎・前田家から皇室へとわたった名短刀

    2019.06.01
  5. 祢々切丸・日本屈指の長大な太刀

    2018.09.18
  6. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
PAGE TOP