Loading

刀剣ブログ

にっかり青江・京極にすぎたるもの

にっかり青江

にっかり青江(にっかりあおえ)

  • 認定 :重要美術品
  • 金象嵌銘 :羽柴五郎左衛門尉長(号 にっかり青江)
  • 所蔵 :丸亀市立資料館
  • 種別 :脇差
  • 流派 :青江派

にっかり青江

脇指(金象嵌銘)羽柴五郎左衛門尉長 (名物 にっかり青江)

ニッカリ青江
にっかり青江

にっかり青江-金梨子桐四つ目結紋散糸巻太刀拵

金梨子桐四つ目結紋散糸巻太刀拵 出典:現代に伝わる 日本刀の心と技 図録編

ニッカリ青江押形
出典:大名家秘蔵の名刀展図録

ニッカリ青江押形

にっかり青江

にっかり青江

出典:埋忠銘鑑

石灯籠を切ったと伝わる

本脇差は、「享保名物帳」所載の名物「にっかり青江」です。号の由来は、「享保名物帳」の記載によると昔(いつの時代かは特定されていません)近江国蒲生郡八幡(現在の滋賀県近江八幡市)に中嶋修理太夫と言う人がいて、その辺りを治めていましたが、領内の八幡山付近に化物が出るという噂が流れました。噂を聞いた修理大夫が、夜に山の中へ一人で行ってみると、一人の女性が子供を抱いて立っています。修理大夫をみて「にっかり」と笑った女性は、子供に「殿様(修理太夫)に抱いてもらいなさい」といい、子供が歩みよってきたのを不気味に感じた修理太夫は子供を切り捨て、更に女性が抱いてもらおうと近寄ってきたのでこちらも切り捨てました。次の日に、再び山の中へ行きましたが、特に怪しいものはありません。しかし、よくみると古く苔むした石灯籠が二つ有って、二つとも首にあたる部分が切り落されていました。これ以降、化物が出なくなったので、本脇差に「にっかり」という号が付いたと記載されています。というのが本脇差の号にまつわる話なのですが、現在の我々が聞いたらかなり乱暴な話で、ひょっとしたら切られたのは修理太夫の隠し子と愛人だったのではないか(父親と愛人に抱きつこうとするのは当然なので)と思いたくもなります。もっとも、当時は電灯もない時代ですから、石灯籠の下で女性に微笑まれたら、相手がどんな美人でも逃げ出したくなるかもしれません。

所持銘には「長秀」説と「長重」説が有り

その後、本脇差を手に入れた柴田勝家からその子の勝久へ譲られ、勝久を賤ヶ岳の戦いで捕縛した丹羽長秀が手に入れ、長秀没後は子の長重が受け継ぎました。長重は豊臣秀吉に献上し、秀吉はそれまで二尺五寸の太刀あった本脇差を磨上させ、二尺にまで縮めました。その為、現在は金象嵌銘の「羽柴五郎左衛門尉長」の下が切れてしまっています。「享保名物帳」では「羽柴五郎左衛門尉」は長秀だと記載されていますが、長秀と長重親子は両者ともに「羽柴五郎左衛門尉」を名乗っていたので、どちらの可能性もあり得ます。但し、常識的に考えると賤ヶ岳の戦いで本脇差(当時は太刀)を手に入れた長秀が、戦勝の記念で所持銘を金象嵌で入れさせた(賤ヶ岳の戦いは天正十一年、長秀が天正十三年に没するまでに大きな戦いは無かったので、金象嵌を入れるタイミングとしては賤ヶ岳の戦い後の可能性が高い)と考える方が自然な気がします。秀吉薨去後は子の秀頼が所持し、秀頼から叔父の京極高次(高次の妻は秀頼の母淀君の妹お初)へと下賜され、以後讃岐丸亀藩主京極家に伝来しました。昭和十五年に京極高修子爵の名義で重要美術品に認定、数人の手を経て現在は丸亀市立資料館が所蔵しています。

京極家にすぎたるもの

本脇差は、秀吉が所持していた時は名物一期一振藤四郎獅子貞宗などと共に「一之箱」に納められ、京極家でも代々の藩主が差料とするなど重宝として扱われました。江戸期には「京極に すぎたるものが 三つある にっかり茶壺に 多賀越中」という狂歌が詠まれるほど著名(「にっかり」は本脇差、「茶壺」とは野々村仁清作の茶壷、「多賀越中」とは京極家に代々仕えた筆頭家老多賀越中守)であり、「享保名物帳」での代付も名物本庄正宗義元左文字などと共に「無代(代金がつけられないほど貴重という意味)」となっています。
本脇差は、大磨上無銘ですが、個銘は昔から極められておらず、流派名のみ「青江」と極めています。備中青江派は、備中高梁川下流域を中心に活躍した刀工群で、承安頃の安次を祖として始まると伝えられ、現在では平安末期から鎌倉中期頃までのものを古青江、それ以降を青江と大別しています。備中国窪屋郡青江(現岡山県倉敷市菅生)は、近くにあった内海である吉備の穴海(現在の児島湾や児島湖はその一部)の畔でしたが、タタラ製鉄の為に行われた大量の伐採により山から土砂が流れて堆積した事により干潟が出来て、やがて埋め立てなどで現在のような陸地となりました。しかし、元々水辺であった関係上水難が多く、中世に同地は度々洪水に見舞われています。結局、室町中期頃の起こった大洪水により青江鍛冶は絶滅し、それ以後青江派の作刀はみられません。

青江派を代表する名刀の一口

この脇差は、姿は鎬造、三つ棟、長さに比して身幅広く、大鋒となり、平肉豊かにつき、表裏に棒樋を掻き通している。地鉄は、板目に杢目交じり、地沸つき、青江特有の映り立つ。刃文は、匂口締りごころの直刃に浅い湾れ、小乱など交じり、小足やや逆足気味に入る。帽子は、湾れて先尖りごころとなり、長めに返る。茎は大磨上、指表に金象嵌で「羽柴五郎左衛門尉長」の所持銘を施している。本脇差は、青江派の作刀を代表する名刀の一口ですが、それ以上に「羽柴秀吉(それ以前は木下藤吉郎)」の由来となった羽(丹羽長秀)柴(柴田勝家)の二人を経て秀吉の手に納まり、織田信長の姪の子(淀君の子豊臣秀頼)からかつて近江国(本脇差の号の由来の地)の守護であった京極家へと渡ったことに歴史ファンとしては運命めいたものを感じます。

青江派についてはこちらをお読みください。

にっかり青江の展示情報

にっかり青江は「丸亀城築城420周年記念 武士の装い展-ニッカリ青江特別公開-」平成29年9月16日(土)~10月1日(日)丸亀市立資料館で展示されていました。
にっかり青江の次回の展示は未定ですが、青江派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

脇差の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
脇差買取なら鋼月堂へ

次郎太刀・重厚な大太刀

一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

関連記事

  1. 山伏国広・古屋打ちの代表作

    2017.09.28
  2. 古今伝授の太刀・行平の最高傑作

    2017.11.30
  3. 一期一振藤四郎・豊臣秀吉の愛刀

    2017.11.07
  4. 鶴丸国永・謎に彩られた五条国永の代表作

    2017.10.06
  5. 歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

    2018.02.11
  6. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
PAGE TOP