Loading

刀剣ブログ

日本刀名称・刀剣各部名称

日本刀名称・刀剣各部名称

日本刀の名称・刀剣各部名称

日本刀は古来より伝わる伝統的なたたら製法で作られた玉鋼(たまはがね)を鍛錬して作られます。
本来、日本刀は武器として生まれ、戦闘による時代を経てその機能を発揮してきました。現代では美術品としても称揚される日本刀ですが各部の名称を知ればさらに日本刀の奥深さを感じるでしょう。それでは刀の部位を見ていきましょう。

日本刀名称

日本刀各部名称と解説

ここでは日本刀各部名称を簡潔に解説していきます。刀身を二分して区より上の部分を上(かみ)または身(み)と呼び、区より下部分を茎(なかご)と呼びます。上(身)を鋒、鎬地、平地、棟に大別し、茎の部分も茎鎬、茎平、茎棟、茎尻に大別します。

刀身

刃長(はちょう)

刃の長さ、棟区から鋒先端を結ぶ直線と、棟との間の最も長い寸法。また全長とは鋒先端から茎先までの直線上の長さをいいます。

刃長による分類

短刀:刃長一尺(30.3cm)未満
脇差:刃長一尺(30.3cm)以上、二尺未満
刀:刃長二尺(60.6cm)以上

鋒・切先(きっさき)

刀身の先端、横手筋より先の鋭利な部分。

帽子(ぼうし)

鋒そのものをいうこともありますが、通常は鋒に現れた刃文をいいます。特徴的な帽子を焼く刀工や流派があり、三作帽子や三品帽子などもその一例です。

反り(そり)

日本刀の刃先が描く曲線のことで、棟区と鋒先端を結ぶ直線と棟との間の最も長い寸法。

刃先(はさき)

鋒から刃区までの刃の先端部分。

刃文(はもん)・焼刃(やきば)

焼入れによって生じた文様、焼刃のこと。性質によって沸出来、匂出来に大きく分けられ、また形状によって直刃、互の目乱刃、丁子乱刃などがあります。流派や刀工の特徴がもっともよく出るところなので鑑賞の上でも重要な見どころの一つです。

刃(は)

焼入れによって硬質とされ、先端が鋭利に成形された部分。

平地(ひらじ)

鎬筋(しのぎすじ)から刃先にかけての部分。刀剣鑑賞の際には一般にこの部分の地鉄を鑑賞する。

横手(よこて)

鎬筋から刃先に施された平地と鋒(切先)の境をなす線。

フクラ(ふくら)

横手から鋒先端にかけて曲線状になった刃先部分。ふくらみの落ちたものを「ふくら枯れる」といい、反対に張ったものを「ふくらつく」といいます。

鎬地(しのぎじ)

鎬筋(しのぎすじ)から棟角にかけての部分。研師により鏡面のような磨地に仕上げられることが多い。

鎬筋(しのぎすじ)

横手から茎尻まで続く平地と鎬地の境をなす線。

いかがですか?聞いたことがある日本刀名称もあったのではないでしょうか?日本刀はよく難しいといわれますがたしかにそうですね。言葉自体の難しさというのもございます。
日本刀名称を知ることで刀剣鑑賞、刀剣に興味を持っていただけたら幸いです。

日本刀の買取なら鋼月堂へ
日本刀高価買取いたします

刀は錆びます・日本刀の売却をお考えならお早めに

名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

関連記事

  1. 小脇差と寸延短刀

    2019.07.08
  2. 重要文化財について

    2019.09.15
  3. 上古刀から室町時代の刀剣

    2019.10.30
  4. 日本刀の押形について

    2017.11.06
  5. 五畿七道

    2018.06.30
  6. 刀剣古典書物

    2018.02.27
PAGE TOP