Loading

刀剣ブログ

波遊ぎ兼光・小早川秀秋の愛刀

波泳ぎ兼光

波遊ぎ兼光(なみおよぎかねみつ)

  • 指定:重要美術品
  • 金象嵌銘:羽柴岡山中納言秀詮所持之 波およき末代剱兼光也(名物 波遊ぎ兼光)
  • 所蔵:法人
  • 種別:
  • 流派:長船派

波泳ぎ兼光

波泳ぎ兼光

波泳兼光

波泳ぎ兼光

重美 刀(金象嵌銘)羽柴岡山中納言秀詮所持之 波およき末代剱兼光也(名物 波遊兼光)出典:備前刀剣王国、 風雪1000年にみる武将とその名刀展図録

立花家伝来の刀・小早川秀秋の愛刀

本刀は、享保名物帳所載の名物「波遊兼光」です。名物帳には「川端にて巡行者を切。をよぎ向の岸にて二つに成故名付」 とあり、斬られた者が川に飛び込んで逃げ、その者が川を渡り向う岸に着いたとたんに胴体が真っ二つになったといい、切れ味のよさを称えています。「羽柴岡山中納言秀詮所持之」と金象嵌銘があり、所持者の中納言秀詮(小早川秀秋)は木下家定(豊臣秀吉の正室高台院の兄)の五男として生まれ、天正一二年に秀吉の養子となり、その頃は秀俊といい豊臣の姓を授けられ権中納言となりましたが、文禄三年に小早川隆景の養子となり、名を秀詮と改め、更に後に秀秋と称しました。関ヶ原の戦いには西陣に加わりましたが、関ヶ原決戦の日には家康方に寝がえり東軍勝利の契機を作りました。筑前・筑後・肥前の領主となり、本刀は後に隣国の筑後柳河の藩主立花家に伝来し、立花家の刀剣の由緒が書かれた『御腰物由来覚』にも、波遊と羽柴岡山中納言の記載があります。昭和八年に重要美術品に認定、終戦後に同家を出て現在は法人蔵となっています。小早川秀詮(小早川秀秋)所持の刀剣では岡山藤四郎、安宅貞宗などが知られています。

長船兼光の作

姿は鎬造、庵棟、大磨上げで反り浅く、身幅広く、大鋒。鍛えは小板目細かくつみ、細い地景入り、細かな地沸つき、表裏に淡い乱れ映り立つ。刃文は大のたれ主調に、波かしらに小丁子・小乱れ入り、小沸つく。帽子は浅く乱れて、先尖りごころに返る。彫物は佩表に下り龍・素剣、裏に二筋樋・梵字(不動明王)・腰樋であり、彫は茎にかかる。茎の孔の下の指表の地には「波およき末代剱兼光也」、指裏 には「羽柴岡山中納言秀詮所持之」と草書体の金象嵌がある。作者の兼光の作には鉄砲切兼光・水神切兼光などといった切れ味に因んだ号で呼ばれている作が多く、最上大業物にも選ばれています。

長船派についてはこちらをお読みください

波遊ぎ兼光の刀剣展示

波遊ぎ兼光は平成27年11月29日(日)~平成28年1月24日(日)に佐野美術館の特別展「備前刀剣王国」や平成30年に倶利迦羅不動寺で大倶利伽羅広光、般若丸、乱藤四郎と特別展示されていました。
全国の刀剣展示会情報はこちら

波遊ぎ兼光押形 出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

石川の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

高麗鶴光忠・文禄の役で小早川隆景が佩用した刀

関連記事

  1. 膝丸・髭切の兄弟刀

    2018.02.06
  2. にっかり青江・京極にすぎたるもの

    2018.03.06
  3. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  4. へし切長谷部・凄まじい切れ味を秘めた名刀

    2017.10.18
  5. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  6. 分部志津・南竜公の愛刀

    2019.11.06
PAGE TOP