Loading

刀剣ブログ

茎の種類

茎の種類

茎は時代を見極める指標の一つ

「茎」は日本刀の下部にある、柄の中にある部分を言います。茎には刀工の銘や造られた年代、所有者などを入れる部分でもあり、作者の真贋や時代を見る上でも重要な部分です。
前回紹介しました「日本刀の造り込み」同様、茎にも様々な形状がありますので、今回は茎の種類の一部を紹介させていただきます。

生ぶ茎と磨り上げ茎

刀工が造ったままの茎を『生ぶ茎(うぶなかご)』といい、後世の所持者の都合により磨り上げた茎を『磨り上げ茎(すりあげなかご)』といいます。
生ぶ茎の場合、作者の施した銘や茎仕立てがそのまま残っているので、研究上の資料としても貴重です。

磨り上げ茎には、銘の全てもしくは一部を残した「磨上」と銘が残っていない「大磨上」の二種類があります。「磨上」には磨上げた後にはみ出た銘を折り返した「折返銘」や磨上げた後に銘のみを貼り付けた「額銘」なども含まれます。「大磨上」の場合、磨り上げた職人によって鑢目などの茎仕立てが施されるので、オリジナルとは異なる場合が多いです。

茎自体の形状や茎尻の形状によって名称が変わりますので、下記で主なものを幾つか挙げていきます。

栗尻茎(くりじりなかご)

茎尻が栗尻の様に丸くなる形状で、古刀から現代に至るまで最も多く見られる基本的な形です。

雉股形茎(きじももがたなかご)

平安期から鎌倉中期頃にかけての太刀にみられる茎です。俵鋲を避けるために刃側の茎が削がれて雉の股のような独特の形状をしていることから雉股形と呼ばれます。

振袖形茎(ふりそでがたなかご)

振袖の袖の形に似た茎で、鎌倉末期頃の短刀に多く見られます。おそらく馬手差し(右手差し)として使用しやすいように曲げられたと推測されます。

船形茎(ふながたなかご)

船の底のようにみえ、先端が尖って剣形になっています。相州伝の刀工の作に、よくみられることから別名「相伝茎(そうでんなかご)」とも呼ばれています。

たなご腹形茎(たなごばらがたなかご)

形状が魚のたなごの腹のように幅が盛りあがり急に狭くなっていく形をしていることから「たなご腹形」と呼ばれています。千子派の刀工の作によく見られますが、島田派や末相州など東海道の刀工にも見られます。

片削ぎ茎(かたそぎなかご)

入山形の変形で、茎の刃側を削いだ形状から「片削ぎ茎」と呼ばれています。古刀では大和の尻懸派の作、新刀では加州の刀工の作に多いことから別名「加州茎」と呼ばれています。

卒塔婆形茎(そとばなかご)

茎尻が剣の形になる形状で、卒塔婆に似ていることから「卒塔婆茎」と呼ばれています。筑前の金剛兵衛派にのみ見られます。

薬研形茎(やげんがたなかご)

茎の刃側が薬研のように鋭利な形状になっているのでこの様に呼ばれます。江戸新刀の野田繁慶にのみ見られます。

御幣形茎(ごへいがたなかご)

茎の下の部分が神事で使用する御幣の形に似ていることからこの様に呼ばれます。大坂新刀の伊勢守国輝の作にのみ見られます。

以上が主な茎の種類です。刀剣を鑑賞する上で茎も大きなポイントとなりますので、鑑賞される際に注目してみてください。

来派・山城伝を代表する工房の一つ

日本刀の買取価格教えます

関連記事

  1. 日本刀名称・刀剣各部名称

    2017.06.27
  2. 日本刀の造り込み

    2018.02.10
  3. 干支と月の異称

    2018.06.05
  4. 日本刀の押形について

    2017.11.06
  5. 五畿七道

    2018.06.30
  6. 太刀銘と刀銘・表銘と裏銘

    2017.07.05
PAGE TOP