Loading

刀剣ブログ

大般若長光・異例の代付で知られる太刀

大般若長光

大般若長光(だいはんにゃながみつ)

  • 指定:国宝
  • 銘:長光(号 大般若長光)
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 種別:太刀
  • 流派:長船派

大般若長光

大般若長光

太刀 銘:長光(名物:大般若長光)出典:昭和大名刀図譜織田信長・豊臣秀吉の刀剣と甲冑

大般若長光

大般若長光

出典:刀剣春秋

押形 大般若長光

大般若長光押形

押形 大般若長光 出典:日本刀随感・古刀編、銘刀押形 御物東博

室町以来の大名物

大般若長光は、室町時代以来の大名物で、備前長光の代表作として斯界でも広く知られています。大般若の号の由来は、当時六百貫(他の刀は最高でも百貫だったといわれている)という破格の代付であったことから、大般若波羅蜜多経(全六百巻)に因んで付けられました。
元々足利将軍家が所有していた本太刀は、足利義輝から三好長慶、織田信長、徳川家康へと伝えられ、長篠の合戦における第一級の戦功(長篠城攻城戦における籠城の功)を上げた奥平貞昌(後に信昌)に主君徳川家康が与えられました。また、貞昌はこの時の功によって主君家康からは名刀大般若だけではなく家康の長女亀姫を正室として、そして家康の同盟相手である織田信長からは一文字の太刀(現国宝)と「信」の字を偏諱として与えられており(この時に信昌へと改名)後に四人の男子の内二人は家康の養子として迎えられ松平姓が与えられるなど異例の厚遇を受けました。この戦の意義が、織田・徳川の両家にとって如何に大きかったかをこの恩賞が物語っています。本太刀は、その後貞昌から四男松平忠明に与えられ、以後代々奥平松平家の重宝として明治まで伝えられました。
松平忠明に始まる奥平松平家は、作手→亀山→大坂→大和郡山→姫路→山形→宇都宮→白河→山形→福山→桑名→忍とかなり転封も多く、問題を多々起こした家ですが、初代当主が家康の外孫にして養子という血統から幾度かの減封こそありましたが、改易になることなく幕末まで続きました。
大正年間に同家の売り立てに出された本太刀は、愛刀家として知られる伊東巳代治伯爵が買い求め、伯爵の死後に帝室博物館(現東京国立博物館)が異例の高値で買い上げた事で大きな話題となりました。現在は、帝室博物館が改称された東京国立博物館に所蔵されております。

備前長船長光(びぜんおさふねながみつ)

備前長船長光は、長船派の祖である光忠の子で、長船派の二代目を継ぎ、父光忠の築いた長船派の礎を不動の物としました。同工の作刀時期は、鎌倉中期から末期に至る時代の過渡期である為に、長光の作風には大別すると二種類があります。一つは、身幅広めで猪首鋒の豪壮な体配に華やかな丁子を主調に互の目を交えたもの、もう一つは身幅が尋常な体配に、直刃調に小丁子を交えた穏やかな刃文を焼いたものです。

長光は指定・認定品数が最も多い刀工

長光は、国宝六口、重要文化財二十八口、重要美術品四十口の計七十四口の国の指定・認定品があり、その数はすべての刀工の中でも最も多いです。
この太刀は、長光前期作の典型的かつ代表的な作風を示した作で、体配は鎬造、庵棟、腰反り高く、鋒は中鋒詰まって猪首鋒となり、表裏に棒樋を丸止めにしている。地鉄は、小板目詰み、地沸微塵につき、乱映り立つ。刃文は、出入りのある丁子乱を主調に大丁子、互の目交じり、足・葉よく入り、処々金筋入り、総体に匂口明るく冴える。帽子は、乱れ込んで先は小丸に返る所謂三作帽子となる。茎は生ぶで、鑢目は勝手下り、先を僅かに切り、佩表に「長光」二字銘を切る。本太刀は、長光のみに留まらず鎌倉期の備前を代表する名刀の一口であり、その伝来や出来、健全さからみても天下の名刀といえます。

大般若長光の展示情報

大般若長光は東京国立博物館 「刀剣」で 2018年1月10日(水)~4月8日(日)まで展示されます
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀 銘:長光(名物:大般若長光)出典:刀剣美術名刀鑑賞編

 

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

鳴狐・希少な遺例を今に伝える唯一無二の打刀

家に日本刀がある・倉庫から古い刀が出てきたら

関連記事

  1. 大包平・日本刀の横綱

    2018.01.12
  2. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  3. 青木兼元・孫六兼元の最高傑作

    2018.03.09
  4. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
  5. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  6. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
PAGE TOP