Loading

刀剣ブログ

物吉貞宗・家康秘蔵の短刀

物吉貞宗

物吉貞宗(ものよしさだむね)

  • 指定:重要文化財
  • 無銘 相州貞宗(名物 物吉貞宗)
  • 所蔵:徳川美術館
  • 種別:短刀
  • 流派:相州

短刀 無銘 貞宗(名物 物吉貞宗)

重文 短刀 無銘 貞宗(名物 物吉貞宗)出典:尾張徳川家名刀展図録

物吉貞宗

銘:無銘 名物:物吉貞宗

蝋色塗合口拵

蝋色塗合口拵 出典:正宗日本刀の天才とその系譜

黒塗葵紋刀箱

黒塗葵紋刀箱 附鍵・白木刀箱 出典:徳川美術館所蔵 刀剣・刀装具

物吉貞宗押形

物吉貞宗押形

物吉貞宗押形(出典:名物刀剣-宝物の日本刀)、光徳刀絵図集成

家康秘蔵の短刀

本短刀は、享保名物帳所載の物吉貞宗です。物吉の号の由来には有力な二つの説があり、一つ目は徳川家康が本短刀を愛用し、度々良い切れ味を発揮したことから、もう一つは家康がこの短刀を帯びて戦に臨むと必ず勝つことから「物吉(別の意味もあるがこの場合はめでたいこと)」と名付けたという説があります。前者の理由で家康が愛刀とするには根拠がやや弱いので、やはり後者の理由で所持していたと思います。家康の前は豊臣秀吉が所持しており、秀吉薨去後は秀頼が受け継ぎ、慶長六年に秀頼から家康へ贈られました。家康薨去後、本短刀は形見分けの前に家康の側室お亀の方(相応院)が密かに持ち出し、尾張徳川家に運ばれたと伝わっています。その理由としては、尾張徳川家の初代藩主徳川義直はお亀の方の実子ですので、実子可愛さでお亀の方が家康が最も愛した短刀を持ち出したのではないかと考えられています。以後、本短刀は尾張徳川家の重宝として殊の外大切に扱われ、有事にはイの一番に持ち出されることになっていたと伝わっています。明治以後も同家に所蔵され、昭和に入ってからは同家十九代当主徳川義親侯爵が設立した徳川黎明会の所蔵となり、昭和16年に重要美術品認定、昭和28年に重要文化財指定、現在も徳川黎明会が運営する徳川美術館に所蔵されています。

同作中最も正宗に近い作品

この短刀は、姿は平造、三つ棟、身幅広く、やや寸延び、反りつき、表に大日如来の梵字と蓮台、鍬形、素剣の彫を施し、裏に金剛夜叉明王の梵字と表と同じく蓮台、鍬形、素剣を施している。鍛えは、小板目詰み、処々大肌交じり、地沸よくつき、地景入る。刃文は、湾れ調に小乱れ、小互の目交じり、小沸よくつき、金筋・砂流し・湯走りかかる。茎は、生ぶ無銘、鑢目勝手下がり、先浅い剣形となる。本短刀は、同作中最も大胆で激しい作域を示した作と言われ、作域的には貞宗よりもむしろ師である正宗の作に近いですが、姿が正宗に比べて大振りな為に貞宗と極められたと伝わっています。地刃共に優れた出来映えを示し、正宗から貞宗へと行われた師伝の継承を頷ける同作中の傑作です。

物吉貞宗は脇差それとも短刀?

因みに、本短刀、物吉貞宗は長さが1尺を越えている為に現在の登録証の基準では脇差となりますが、江戸期の基準では寸延び短刀という扱いですので、「名物帳」では短刀となっています。その為、登録証の基準を取り入れている刀剣乱舞では物吉貞宗は「脇差」のカテゴリーに入っておりますが、本サイトではあえて「名物帳」と同じく「短刀」として扱っております。

相州貞宗について

物吉貞宗の展示情報

物吉貞宗は徳川美術館にて2018年11月21日(水) ~12月16日(日)まで展示されます。物吉貞宗は富山県水墨美術館にて2017年7月7日~8月20日まで展示されていました。次回の展示は未定ですが、相州貞宗の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

物吉貞宗押形画像 (出典:正宗-日本刀の天才とその系譜図録)

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

日本刀・刀剣を売却したい方へ

山姥切国広・堀川国広の最高傑作

関連記事

  1. 生駒光忠・長船光忠の代表作

    2018.10.22
  2. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  3. 一期一振藤四郎・豊臣秀吉の愛刀

    2017.11.07
  4. 太閤左文字・太閤の愛した短刀

    2017.11.21
  5. 歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

    2018.02.11
  6. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
PAGE TOP