Loading

刀剣ブログ

三日月宗近・天下五剣のなかで最も美しい刀剣

三日月宗近

三日月宗近(みかづきむねちか)

  • 指定:国宝
  • 銘 三条(名物三日月宗近) 附 糸巻太刀拵鞘
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 種別:太刀
  • 流派:三条

三日月宗近

太刀 銘:三条(名物:三日月宗近)出典:昭和大名刀図譜

名物三日月宗近

出典:名物刀剣-宝物の日本刀

絲巻太刀拵鞘

絲巻太刀拵鞘 出典:国宝8

三日月形の打除け

刀身にみられる三日月形の打除け(うちのけ)刃文

三日月宗近は、古くより名刀として名高く、所謂天下五剣の一つに数えられている。室町以前の伝来については諸説あるが、確実な伝来としては豊臣秀吉の正室高台院から徳川秀忠に送られ、以後徳川将軍家に伝わり、その後個人収集家の手を経た後に東京国立博物館に所蔵された。三日月の号の謂れについては、刀身にある三日月形の打ちのけに由来すると言う説が有力である。

三条宗近(さんじょうむねちか)

三条宗近は、伯耆安綱、備前友成と並び平安末期の三名工の一人である。三日月宗近の作者として古来より名高いが、現存する在銘作は「三日月」や「鷹ノ巣」など数口であり、高名の割に現存数があまりにも少ない。これは、宗近自身の作刀数が元々少なかったとも考えられるが、おそらくは古くから宗近の作が宝刀して扱われていた為に、必然的に権力者の元へと集まり、結果戦乱に巻き込まれて喪失したと推測される。

三条派(さんじょうは)

三条派は、永延頃に作刀したと伝わる宗近を祖とする流派で、宗近が京三条に住んだと伝わる事から三条派と呼称されている。宗近の他、吉家や近村などの在銘作が現存しているが、所謂古京物の中でも三条一派の現存する在銘の作刀は頗る少ない。その為、一派の作刀は古くより宝刀として扱われ、その価値の高さから室町期や江戸期には皇族や将軍家、または大名家などが最上級の礼儀を尽くす際の贈答品として必要不可欠であった。

天下五剣(てんがごけん)

天下五剣とは、古くより天下に知られた五振りの名刀で童子切安綱鬼丸国綱三日月宗近大典太光世数珠丸恒次のこと

人気のゲーム「刀剣乱舞(とうらぶ)」でも鉄板キャラ・とうらぶの顔ともいえ、審神者からは「じじい」呼ばれる三日月宗近。名物中の名物ですね。

三日月宗近の展示情報

三日月宗近は 2017年7月19日~10月15日まで 東京国立博物館で展示されていました。
次回の展示は未定ですが、三条宗近の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。
機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

三日月宗近押形(出典:図説刀剣名物帳

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

大典太光世・前田家重宝の霊刀

鬼丸国綱・北条家の守護剣

関連記事

  1. 古今伝授の太刀・行平の最高傑作

    2017.11.30
  2. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  3. 大典太光世・前田家重宝の霊刀

    2017.06.03
  4. 鶴丸国永・謎に彩られた五条国永の代表作

    2017.10.06
  5. 膝丸・髭切の兄弟刀

    2018.02.06
  6. 太郎太刀・豪傑真柄十郎左衛門の愛刀

    2018.03.03
PAGE TOP