Loading

刀剣ブログ

名刀列伝・名物とよばれる名刀

名刀

名刀

刀剣には、武器と言う面と美術工芸品という面がありますが、歴史的にみるとそれ以上にステータス的な意味合いが強いです。
神権政治→王権政治→貴族政治→武家政治→軍事政治→民主政治と政治体系は移りましたが、同時に刀の所持者も神官→天皇→公家→武家→軍人→資本家(厳密にいうと武家と軍人の間に華族が入りますが、華族を構成しているの公家、武家、軍人、資本家なのであえて外しています)と変化しています。古代から現代に至るまで、これらの権力者の座右には常に刀剣がありました。現在でも、神社が所蔵する刀剣が多いのもそこに起因しています。天皇家や公家は、鎌倉期以降政治の中心から外された為に所持していた刀剣は少なかったのですが、明治期に明治天皇と言う愛刀家が出現した事で所蔵品を増やしています。
これらの権力者は、絵画や漆器、茶器などと同じように優れた刀を欲しました。この優れた刀こそ名刀と呼ばれるものですが、名刀と呼ばれる刀には大きく分けて二つの種類があります。一つは、芸術的な価値の高い優れた出来映えのもの、もう一つは優れた出来映えに加えて歴史的な価値の高いものです。
後者の中でも、特に歴史的価値が高いものが名物とよばれる刀剣です。名物には、所持者やエピソードなどに起因するが付けられており、名物の場合には通常の刀剣とは異なり銘ではなく号で呼ばれます。また、多くの名物は、その権力者の元に集まるという性質上、その時々の権力者の元を渡り歩いており、中には織田信長→豊臣秀吉→徳川家康という所謂三英傑全てに所持されたものもあります。
名刀列伝として下記では、それら名物・名刀一覧・刀工を紹介していきます。

天下五剣

三日月宗近
童子切安綱
鬼丸国綱
大典太光世
数珠丸恒次

 

太刀・大太刀

次郎太刀
太郎太刀
膝丸
髭切
小烏丸
鶯丸
大包平
江雪左文字
古今伝授の太刀
一期一振藤四郎
鶴丸国永
山伏国広
一国兼光
小竜景光
大般若長光
大典太光世
童子切安綱
三日月宗近
数珠丸恒次
山鳥毛
ソハヤノツルキ
日光助真

 

青木兼元
歌仙兼定
大倶利伽羅広光
宗三左文字
燭台切光忠
へし切長谷部
八文字長義
山姥切
山姥切国広
亀甲貞宗
本庄正宗
鳴狐
南泉一文字

 

脇差

にっかり青江
獅子貞宗
浦島虎徹
篭手切江

 

短刀

会津新藤五
五虎退
今剣
不動行光
小夜左文字
日向正宗
太閤左文字
蛇切国吉
物吉貞宗
謙信景光
太鼓鐘貞宗

 

薙刀

岩融

 

蜻蛉切
御手杵
日本号

 

刀工・刀匠・刀鍛冶

日本刀の作者が刀工(刀匠・刀鍛冶)です。銘鑑に載っている刀工が二万三千余、現代刀工や銘鑑漏れの刀工を含めると四万余と言われる刀工たちの中でも、特に優れた作品を生み出す刀工の事を名工と呼びます。
下記ではそれらの名工や名工を生み出した刀派(流派)などを紹介していきます。

天下三作(名物三作)

相州正宗
粟田口吉光
江義弘

 

著名刀工

左文字
加州清光
長船長義
堀川国広
相州貞宗
同田貫正国
長曽祢虎徹
和泉守兼定
大和守安定
千子村正

 

刀派

長船派
延寿派
古京物
一文字派
同田貫派
来派
千子派
信国派

画像 国宝 刀 金象嵌銘:城和泉守所持 正宗磨上 本阿(花王)(出典:正宗-日本刀の天才とその系譜

名刀お売り下さい・鑑定・査定・高価買取いたします
日本刀・刀剣買取ります

長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

関連記事

  1. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  2. 小夜左文字・仇討ちに用いられた名短刀

    2018.01.05
  3. 鳴狐・希少な遺例を今に伝える唯一無二の打刀

    2017.08.02
  4. 山姥切国広・堀川国広の最高傑作

    2017.09.24
  5. 膝丸・髭切の兄弟刀

    2018.02.06
  6. 江雪左文字・徳川頼宣の愛刀

    2017.12.14
PAGE TOP