Loading

刀剣ブログ

名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

名物帳

名物とは

「名物」という言葉自体は、室町以前から使用されていますが、「名物」という呼称が確立したのは江戸期の享保年間(1716年~1736年)、八代将軍徳川吉宗が本阿弥家十三代光忠に命じて編纂させた「享保名物帳」からといわれています。

享保名物帳(きょうほうめいぶつちょう)

「享保名物帳」とは、吉宗の命を受けた本阿弥家が、将軍家所蔵の刀剣や本阿弥家が代々研磨や手入れの際に記録を採ってきた作品を中心に編纂したもので、平安期以降に製作された約二百五十口が掲載されています。もちろん、当時の全ての名刀が収められているわけではなく、一説には、自家の所蔵する名刀の内容が知られることで将軍家に召し上げられるのを嫌い、掲載を拒否した大名家が多かったともいわれています。
「名物」という言葉を世に広め、後世に多大な影響を与えた「享保名物帳」ですが、実はオリジナルが現存していません。ただ、写しが二系統残っており、一つは本阿弥家が吉宗に献上したものの写しで、将軍家所蔵の名物「厚藤四郎」から始まっており、もう一つは本阿弥家の調査記録の写しで、後に加賀藩から明治天皇に献上された御物「平野藤四郎」から始まっています。

日本刀が名物になるまで

刀剣が名物になるまでには長い道のりがあり、その源流は十束剣(とつかのつるぎ)や布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)などの神話に登場する剣、草薙剣(くさなぎのつるぎ)や壺切御剣(つぼきりのぎょけん)などの天皇家の御剣、源平の武将に所縁を持つ刀などです。平安期以降、武家にとっての刀剣は文字通り家宝であり、武家の誇りとして代々に受け継がれてきたものです。
室町期には、将軍や守護間で贈られる刀剣は銘によって格付けされました。その後、刀剣鑑定として本阿弥家が台頭し、豊臣秀吉や徳川家康などの天下人に仕えた本阿弥家九代光徳はそれらの名刀を高度な見識で鑑定しました。
今日でも光徳の金象嵌の入った刀は「光徳極め」「光徳象嵌」と呼ばれ、珍重されています。著名な光徳象嵌の刀は「稲葉江」や「中務正宗」あとは刀剣乱舞でもおなじみの「へし切長谷部」ですね。
因みに、光徳は折紙の発行を許されたと伝わっていますが、光徳により発行された折紙は現存せず、現存するもので最も古い折紙は十代光室が発行したものです。殊に、十代光室から十三代光忠までが発行した折紙は現代でも高く評価されています。

享保名物帳に記載された名物刀剣の中には現在までに失われたしまったもの、行方がわからなくなっているものも多くあります。刀剣乱舞でも人気の刀剣男子から名物を知ることができますね。名物とはまさに名刀中の名刀、日本の文化遺産であるこれらの名物がこれからも100年、200年と受け継がれていくことを切に願います。

日本刀名称・刀剣各部名称

日本刀の銘

関連記事

  1. 篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

    2017.08.22
  2. 獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

    2017.11.08
  3. 古今伝授の太刀・行平の最高傑作

    2017.11.30
  4. へし切長谷部・凄まじい切れ味を秘めた名刀

    2017.10.18
  5. 山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

    2017.09.28
  6. ソハヤノツルキ・徳川家康最愛の刀

    2018.07.05
PAGE TOP