Loading

刀剣ブログ

太刀銘と刀銘・表銘と裏銘

表銘と裏銘・太刀銘と刀銘

太刀銘と刀銘

先日は「日本刀の銘」について書きましたが、今回は太刀銘と刀銘、表銘と裏銘、無銘と在銘について書かせていただきます。

表銘

表銘

表側に切った銘を「表銘」といい、主に刀工の名前を切ることが多いです。これに生国や居住地、さらに時代が下がると受領名を切り添えたものもあります。表は、必ず茎の外側です。太刀は刃を下にして腰に佩き、刀は刃を上にして腰に差すので太刀表(或いは佩表)と刀表(或いは差表)は必然的に真逆になります。

裏銘

裏銘

裏側に切った銘を「裏銘」といいます。主に製作年紀を切ってあることが多いですが、時代が下ると「銘について」でも触れた「截断銘」や「所持銘」などが切り添えたものも見られます。

太刀銘(たちめい)

平安末期から室町初期頃までに製作された長物のほとんどは太刀銘を切っています。例外として豊後国行平や古青江派などの作は太刀でも佩裏に銘を切ります。

豊後国行平

豊後国行平 佩裏に銘があります

刀銘(かたなめい)

室町期以降に製作された長物や脇差、ほぼ全ての短刀は刃を上にして差すので、刀表に銘を切ります。殊に江戸期以降は刀銘が一般的ですが、例外として肥前の忠吉一門、越前の山城守国清などは基本的に差裏に銘を切ります。復古刀を提唱した新々刀の水心子正秀の一門にも太刀銘に切られた作がしばしば見受けられます。

在銘と無銘

日本刀の茎に鏨で切られたものが銘ですが、現状に近い状態で銘が残っているものを「在銘」または「有銘」といい、最初から銘を切らなかったり、磨り上げなど後世に仕立て直された結果で銘が無くなったものを「無銘」と呼びます。どちらも「無銘」ですが、前者を「生無銘(うぶむめい)」後者を「摺り上げ無銘」と呼びます。また、「銘について」でも一部触れましたが、本阿弥家では両者を明確に分け、前者は極めを「朱銘」で書き、後者には極めを「金象嵌銘」を入れています。

偽銘

絵画やブランド物でもそうですが、有名になると需要が供給を上回るために、商品の価格が高くなり、必然的に偽物が出回るようになります。刀も同様で、著名工の作品ほど偽物が多いです(不思議なことに何故か無名工の作にも偽物があります)特に斯界で有名な格言として「虎徹を見たら偽物と思え」という言葉が広く知られています。虎徹の所持者として広く知られる新選組の近藤勇が虎徹を購入しようとした際に、同じく新選組の土方歳三が「やめときな、偽物に決まっているよ」といったという話が伝わっています。虎徹と彼らには約二百年の開きがありますが、当時どれほど虎徹の偽物が出回っていたかがこのエピソードからも伝わってきます。

無銘でも在銘でも日本刀を売るなら鋼月堂まで!

日本刀買取・処分のことならお気軽にお問合せ下さいませ!

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

日本刀の銘

日本刀の買取相場について

関連記事

  1. 本阿弥家とは

    2017.11.11
  2. 日本刀の造り込み

    2018.02.10
  3. 日本刀の銘

    2017.06.28
  4. 刀身彫刻・日本刀の彫物

    2018.06.02
  5. 日本刀に関する用語・ことわざ

    2017.09.10
  6. 刀剣古典書物

    2018.02.27
PAGE TOP