Loading

刀剣ブログ

日本刀の銘

日本刀の銘

日本刀の銘とは

日本刀には、銘が切られています。銘とは、基本的には刀の茎に切られた「作者の名前」や「作られた年紀」のことです。元々、大宝元年(701年)に制定され、同二年から施行された大宝律令に、「年月及ビ工匠ノ姓名ヲ鐫題セシム」とあり、これ以降の銘入れが義務付けられたとされています。しかし、現存する刀で刀工銘が切られた最も古い現存作は平安末期まで下り、年紀に至っては現存作では鎌倉期以後の作にしかみられません。では、下記で銘の種類についていくつか触れさせて頂きます。

刀工銘

最も代表的な銘です、単に銘といえばこれを指します。
但し、内容は細かく分かれており、単に刀工銘のみを切った「二字銘」、これに「作」や「造」を加えた「三字銘」、あとは「備前国」や「備州」などの国や「長船」など村の名前を加えたもの、「和泉守」や「山城守」などの受領銘を加えたもの、「与三左衛門尉」「源兵衛尉」などの俗名を切ったもの、「虎徹」や「用恵」などの入道銘を加えたものなどそのバリエーションは多岐にわたります。

刀工銘

御物 短刀 銘 吉光(名物 平野藤四郎)

年紀

その刀剣が作られた年の年号を切ったものです。昭和以前には六十年を越える年号がなかったので、「天保庚子(天保十一年)」というように年数ではなく「干支(或いは十干十二支)」で切ったものも多いです。また、南北朝期のみは、北朝年紀と南朝年紀が両方みられるので、どの刀工がどちらの陣営に属していたかがわかり面白いです(本人たちは命がけですが)例えば、北朝派の足利尊氏に禄を受けたと伝わる長船兼光を始めとした長船鍛冶は北朝年紀と切りますし、南朝派の菊池一族に仕えたといわれる肥後延寿派は南朝年紀を切ります。他には筑前の左一門は北朝年紀、同じく筑前の金剛兵衛盛高は南朝年紀です。この様に、年紀からも刀工に注文主である武士の意向が密接に関わっていた事実が浮かび上がり、当時の世相が伝わってきます。

年紀

重文 太刀 銘 備前国長船兼光 延文元年十二月日

截断銘

所謂試し斬り銘です。よく「さいだんめい」と誤読されますが、正しくは「せつだんめい」です。「この刀がどれくらい切れるのか」を試したくて罪人の死体を重ねて斬り、重ねた死体の数や切れ方、部位などで「二つ胴截断」「三つ胴落」などと銘を切ります。中には「上腋毛中二下三 三つ胴落(三つ体を重ねて切り、一番上の体は腋毛、真ん中は二の胴、一番下は三の胴の部分が切れました」とご丁寧にも截断部位についてまでは言及している刀もあります。
当然、戦争時にはわざわざ試す必要はないので、必然的に多くみられるのは戦争の無くなった江戸期以降になります。試し斬りというと「えっ」という感覚になると思いますが、現在に例えると自分の愛車の性能を試したいので、プロのドライバーにドライビングコースで走ってもらう感覚に近いと思います。したがって、試し斬りはプロの試斬家に結構なお金を払ってわざわざ斬ってもらうので数に限りがあります(そもそも罪人の数にも限りがあります)罪人が多かった江戸初期には比較的截断銘が多く見られますが、江戸中期以降はかなり少ないです(固山宗次の様な例外はありますが)

截断銘

刀 銘 大和守安定 (金象嵌)寛文四年月晦日 貳ツ胴截断 山野加右衛門永久(花押)

所持銘

多くの場合、その刀剣を所持した人が、「この刀は儂の持ち物じゃ」というのを欣持したくて入れさせたものです。所持者がわざわざ誇りたくなるほどの刀なので、必然的に古名刀が多いです。国宝だけでも所持銘の入ったものが「名物生駒光忠」などの五口、他にも刀剣乱舞でもおなじみの「にっかり青江」などにも入っています。

所持銘

国宝 刀 (金象嵌銘) 光忠 光徳(花押) 生駒讃岐守所持(号 生駒光忠

注文銘

古刀期にも神社仏閣への奉納刀にはありますが、基本的にほとんどの注文銘は新刀以降の刀です。その刀工のパトロンの名前が入っていることが多く、代表的なところでは初代越前康継の有力な後援者本多飛騨守成重などが挙げられます。

注文銘

国宝 太刀 銘 廣峯山御剱願主武蔵国秩父郡住大河原左衛門尉丹治朝臣時基於播磨国宍粟郡三方西造進之 備前国長船住左兵衛尉景光 作者進士三郎景政 嘉暦二二年己巳七月日

象嵌銘

金もしくは銀で象嵌した銘です。稲荷山から出土した鉄剣にも施されていたように、技術自体は古くからありますが、刀剣に象嵌銘を施すようになったのはおそらく安土桃山以降だと思います。それ以降は、極めを入れたり、所持銘を入れたり、号を入れたり、截断銘を入れたりと様々な使われ方をしています。

象嵌銘

重文 刀 (金象嵌銘)長光 磨上光徳(花押)本多安房守所持

朱銘

朱銘は、本阿弥家の規定では生茎の無銘に極めを朱漆で書いたものです。つまり元々無銘だった刀にのみ入っているものですね。オリジナルが無銘であるため、茎を傷めないように漆で書いてあるのですが、象嵌と違って書いてあるだけなので、当然素手で触れていると剥落します。ですので、古い時代の朱銘はほとんどが剥落して読めなくなっていることが多いです。
また、ただ書いてあるだけなので偽極めも多いです。

朱銘

重文 刀 朱銘 義弘 本阿(花押)(名物 松井江)

無銘

無銘の刀だと価値がない?

おそらく最も多い銘ですね。よく「やっぱり無銘だと価値がないですよね?」と聞かれることがありますが、南北朝以前と室町以降では状況が異なります。南北朝以前に作られた刀には、無銘であっても国宝があります。事実、金象嵌銘を含めると国宝に指定された刀の内、約四分の一が無銘です。一方、室町以降の無銘の場合には国宝どころか日刀保の特別保存の鑑定書も付きません。どんなに良い刀で良い極めが付いても日刀保の規定では保存刀剣止まりなのです。
したがって、質問の回答としては「南北朝よりも古い時代に作られた刀の場合には減点にはならないですよ、元々在銘作がすくないので。もちろん在銘だったら加点対象です。逆に室町以降に作られた刀だったら無銘は減点対象です、元々在銘作が多いですからね。加えて在銘が基本となっている江戸期以降に作られた刀ならかなり下がります」となります。

無銘でも在銘でも日本刀を売るなら鋼月堂まで!

日本刀のことならどんなことでもお気軽にお問合せ下さいませ!

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

メールでのお問合せ(24時間受付中)
メールお問合せ

 

名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

太刀銘と刀銘・表銘と裏銘

関連記事

  1. 茎の種類

    2018.02.18
  2. 日本刀に関する用語・ことわざ

    2017.09.10
  3. 日本刀名称・刀剣各部名称

    2017.06.27
  4. 本阿弥家とは

    2017.11.11
  5. 日本刀の造り込み

    2018.02.10
  6. 主な参考文献(順不同)

    2017.07.31
PAGE TOP