Loading

刀剣ブログ

松井江・鶴姫の引き出物

松井江

松井江(まついごう)

  • 指定:重要文化財
  • 朱銘 義弘/本阿(花押)(名物 松井江)
  • 所蔵:佐野美術館
  • 種別:
  • 流派:越中松倉郷

松井江

松井江

松井江

松井江

重要文化財 刀 朱銘 義弘/本阿(花押)(名物 松井江)
出典:正宗とその一門、佐野美術館図録日本刀、正宗-日本刀の天才とその系譜

松井江押形

松井江押形

松井江押形

朱塗鞘打刀拵

朱塗鞘打刀拵 松井文庫所蔵 出典:もののふの美と心 ―八代城主・松井家の刀剣と刀装具ー図録

肥後熊本藩家老松井興長が所持したことに因む

本刀は、享保名物帳所載の名物「松井江」です。名物帳には「細川殿内松井佐渡所持。後御城に有之。鶴姬君様御入興之刻常陸介殿拝領。古中心壱寸程残り朱銘出来。」と記され、号は松井佐渡守の姓に因みます。所持者の松井佐渡守興長(松井興長)は、肥後熊本藩家老松井家の始祖である松井康之の二男で、熊本藩八代城主をつとめ松井家は江戸時代を通して肥後熊本藩の筆頭家老として力を尽くしました。その後徳川将軍家の所蔵となった本刀は、『徳川実紀』によると、貞享二年に徳川将軍家五代将軍徳川綱吉の息女の鶴姫が、紀州徳川家三代藩主徳川綱教(八代将軍徳川吉宗の兄)へと輿入れした際に、綱吉より登城した綱教に引出物として朱判正宗の脇指と共に贈られ、綱教の父二代藩主徳川光貞から返礼として名物武蔵正宗と当麻の刀が将軍家に献上されました。本阿弥光常によって代金子二百枚の折り紙がつけられ、古茎が僅かに残っているため朱銘が入れられました(大磨上の茎には金象嵌を、生ぶ茎には朱銘というのが本阿弥家の約束事です)以後、紀州徳川家へ伝えられた本刀は、昭和八年の売り立てで同家を出た後、昭和十年に重要美術品認定、昭和二十九年に重要文化財に指定され、現在は佐野美術館所蔵です。尚、「正宗-日本刀の天才とその系譜」の図録には、『松井文庫の調査に当たっていた稲田和彦氏が 「長岡式部少輔」と金蒔絵された朱鞘を発見した(※画像参照)。初代松井佐渡守康之の指料備前長船春光の刀とともに、二代松井佐渡守興長すなわち長岡式部少輔の鞘があり、この松井江の刀はぴたりと納まって、伝来の確かさが証明された』と記されています。

郷の作中では精緻な地鉄が特徴的

本刀は、姿は鎬造、庵棟、時代に比してやや細身で、重ね薄く、鍋高く、踏張りがあり、中鋒となる。鍛えは、小板目詰み、地景細かく入り、地沸厚くつく。刃文は、中直刃調に、足・葉入り、元にやや逆足入り、物打より上は焼幅広く、帽子は殆んど一枚風に小丸に深く返る。茎は、磨上げで、佩表先に勝手下りの元鑢目を残し、そこに義弘、裏に本阿と光常の花押が朱銘で記されている。同作中でも精緻な地鉄が特徴的な作です。
朱塗鞘打刀拵、頭は山金山道文高彫、目貫は赤銅笠文高彫色絵、縁は銅皺革包、鯉口・栗形は角黒塗、返角は主漆塗、鐔は練革木瓜形に朱塗りを施す。柄は白鮫革包に燻革菱巻、鞘表裏に金蒔絵で「長岡式部少輔」と記されている。

郷義弘についてはこちらをお読みください。

松井江の展示情報

松井江は、2017年は佐野美術館で開催された「名刀は語る 磨きの文化」の後期に展示されました。2020年は佐野美術館の「名刀への道」で展示予定です。郷義弘の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。また八代市立博物館 未来の森ミュージアム(熊本県)では松井江とも関わりがある八代城主松井家所蔵(現在は松井文庫所蔵・八代市立博物館寄託)の武具や絵画、調度品、茶道具など美術・工芸品を年間を通じ、常設展示しています。
全国の刀剣展示会情報はこちら

松井江押形 (出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい

刀買取なら鋼月堂へ

特別保存 刀 銘 荘司筑前大掾藤原直胤を買取りました

源清麿・四谷正宗の異名を持つ新々刀随一の名工

関連記事

  1. 小夜左文字・仇討ちに用いられた名短刀

    2018.01.05
  2. へし切長谷部・凄まじい切れ味を秘めた名刀

    2017.10.18
  3. 山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

    2017.09.28
  4. 姫鶴一文字・上杉景勝の愛刀三十五腰の一口

    2019.09.07
  5. 今荒波・片山一文字則房の作と伝えられる太刀

    2020.01.25
  6. 城和泉正宗(津軽正宗)・最も正宗らしい代表作

    2019.10.07
PAGE TOP