Loading

刀剣ブログ

桑名江・本多忠政の愛刀

桑名江

桑名江(くわなごう)

  • 指定:重要文化財
  • (金象嵌銘)義弘本阿(花押)/本多美濃守所持(名物 桑名江)
  • 所蔵:京都国立博物館
  • 種別:
  • 流派:越中松倉郷

桑名江

桑名江

重文 刀(金象嵌銘)義弘本阿(花押)/本多美濃守所持(名物 桑名江)出典:昭和大名刀図譜

桑名江

桑名江

桑名江 出典:正宗日本刀の天才とその系譜

桑名江押形

桑名江押形

桑名江押形 出典:正宗日本刀の天才とその系譜

本多家に伝わる本多忠政所持の刀

本刀は、享保名物帳所載の名物「桑名江」です。名物帳には「桑名より出る。区より七寸程上にこぼれ有。中心表に本多美濃守所持、裏に義弘本阿判象眼入光徳也。」と記され、出所の地名「桑名」からとられ、桑名江と呼ばれました。また「本多美濃守所持」の銘文から、徳川四天王の一人として名高い本多平八郎忠勝(本多忠勝)の嫡子で伊勢桑名藩二代藩主の本多美濃守忠政(本多忠政)が所持したことがわかります。忠政が本刀を手に入れた経緯については、本多家の記録に次のようにあります。

「此の刀は本多美濃守忠政、鷹狩りの時、ある在郷の民家に休憩す。その屋内に荒菰を敷き、幣を捧げ一刀を祭れり。忠政、家主にその故を問ふ。家主対へて日く、昔より某が家に伝はる霊刀なるが故に、清浄にせしなりと。忠政、乞ふて一覧せしに頗る利刀なり。忠政強ひて之を請ひ、金若干を与へ、之を得て桑名郷と名づくと云ふ云々」

鷹狩りの折に休憩をとったある田舎の民家でその家に代々伝わり霊刀として祀られていた刀を所望し、金若干で手に入れ、桑名江と名付けたとされています。以後、本多家の重宝として、立葵紋金襴の刀袋、本阿弥光温による代金子三百枚の折紙(寛文五年(1665年)二月三日)とともに同家に伝えられました。後に神奈川県の愛刀家の宮崎富次郎氏が愛蔵(同じく本多忠政が所持し本多家に伝来した名物 塩河来国光も愛蔵)、現在は京都国立博物館所蔵です。

刀袋と折紙

刀袋と折紙 出典:名物日本刀展図録

本阿弥光徳が郷義弘作と鑑定

本刀は、姿は鎬造、庵棟、中鋒。 鍛えは小板目よくつみ、僅かに流れごころ交じり、地沸厚く、明るく冴える。 刃文は小のたれに互の目交じり、足入り、小沸よくつき、匂深く、処々に金筋かかる。 帽子は焼深く丸く返る。茎は大磨上、先剣形、鑢目勝手下り、目釘孔一、表に義弘本阿(花押)、裏に本多美濃守所持と金象嵌銘がある。これは秀吉に仕えた本阿弥家第一等の鑑識者である本阿弥光徳が、郷義弘(江義弘)の作と極めたもので、稲葉江、富田江と並ぶ名刀であり、郷義弘の代表作の一口です。義弘の作で光徳の象嵌銘には、他に稲葉江や明暦の大火で焼失した上野江が知られています。

郷義弘についてはこちらをお読みください。

桑名江の展示情報

桑名江は、2018年の京都国立博物館で開催された特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」で展示され、2019年は9月7日(土)〜11月4日(月)の福岡市博物館「特別展 侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」で展示予定です。郷義弘の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

桑名江押形 (出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

疱瘡正宗・世嗣の祝儀に代々使われた刀

九字兼定・九字に因む号をもつ刀

関連記事

  1. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  2. 会津新藤五・短刀の横綱

    2018.02.15
  3. 波遊ぎ兼光・小早川秀秋の愛刀

    2019.11.16
  4. 歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

    2018.02.11
  5. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  6. 今荒波・片山一文字則房の作と伝えられる太刀

    2020.01.25
PAGE TOP