Loading

刀剣ブログ

鳴狐・希少な遺例を今に伝える唯一無二の打刀

鳴狐

鳴狐(なきぎつね)

  • 指定:重要文化財
  • 銘:左兵衛尉藤原国吉(号 鳴狐)
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 種別:
  • 流派:粟田口派

刀 銘 左兵衛尉藤原国吉(名物鳴狐)

鳴狐

鳴狐

鳴狐-茎銘

刀 銘 左兵衛尉藤原国吉(名物鳴狐)出典:昭和大名刀図譜

鳴狐押形

鳴狐押形

鳴狐押形 出典:京物の古名作

梨地葵紋金貝蒔絵刀筒

梨地葵紋金貝蒔絵刀筒

名物鳴狐

「鳴狐(なきぎつね)」の号で知られる本刀は、粟田口国吉の代表作の一つであることに加えて、大平造の打刀としては現存唯一の遺例として斯界では名高い作です。本刀は、元々江戸期に上州舘林藩主である秋元家が所蔵していた御家名物で、広く知られているにもかかわらず、残念ながら号の謂れについては明らかではありません。姿は、平造、三つ棟で身幅の割に寸伸びて重ね厚く、一尺七寸八分余の長さにしては反り深く先反りの加わる独特な体配を呈している。鍛えは、粟田口派独特のよく練れた小板目で、地沸微塵に厚くつき、沸映りたつ。刃文は、広直刃調に小互の目と小湾れ交じり、足、葉よく入り、小沸よくつき、焼刃に沿って二重刃が処々かかり、帽子は小丸に深く返る。茎には、「左兵衛尉藤原国吉」の銘を太く切り、二字銘が多い同作にあって任官銘を切るなど、体配のみならず銘字に至るまで同工中の傑作であることに加えて、鎌倉期の数少ない作例を今に伝える希少な作といえます。

粟田口国吉(あわたぐちくによし)

粟田口国吉は、鎌倉中期の粟田口派の刀工で、同派の則国の子と伝えられ、左兵衛尉に任じられています。太刀・短刀共に優れた遺例がみられ、その他には剣や本刀のような平身の脇差が現存しています。また、国吉の子或いは弟子と伝えられるものに刀剣乱舞でおなじみの藤四郎吉光がいます。

鳴狐の展示情報

鳴狐の最近の展示情報ですが東京国立博物館にて2017年4月25日~2017年7月17日まで展示されていました。
鳴狐の次回の展示は未定ですが、粟田口国吉の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

鳴狐押形(出典:日本刀 五ヶ伝の旅 山城伝編

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

主な参考文献(順不同)

大般若長光・異例の代付で知られる太刀

関連記事

  1. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  2. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  3. 白山吉光・鎌倉中期を代表する名剣

    2019.02.22
  4. 今剣・義経の愛刀

    2018.02.10
  5. 物吉貞宗・家康秘蔵の短刀

    2017.09.23
  6. 鶯丸・室町以来の名物

    2018.01.17
PAGE TOP