Loading

刀剣ブログ

江雪左文字・徳川頼宣の愛刀

江雪左文字

江雪左文字(こうせつさもじ)

  • 指定:国宝
  • 銘:筑州住左(名物江雪左文字)
  • 所蔵:法人蔵(寄託先 ふくやま美術館)
  • 種別:太刀
  • 流派:左文字派

江雪左文字

江雪左文字

江雪左文字

黒漆研出鮫打刀拵

太刀 銘:筑州住左(号:江雪左文字)付 黒漆研出鮫打刀拵 出典:名物刀剣-宝物の日本刀
この太刀には桃山時代に遡る打刀拵が付属します。小柄・笄を伴わない様式の拵で、柄は黒漆塗の鮫皮を着せて熏韋(ふすべがわ)で菱巻にし、鞘は鮫皮に黒漆を塗って研出した堅牢な造りになっています。

江雪左文字押形

江雪左文字押形

左文字についてはこちら

徳川家康と九男頼宣親子の差料

本太刀は、名物「江雪左文字」です。号の由来は、北条家の家臣板部岡江雪斎が所持していたことに因んで付けられました。板部岡江雪斎は、北条家の家臣でしたが、北条家没落後は豊臣秀吉の御伽衆として仕え姓を岡野と改めました。秀吉薨去後は、長男が仕えていた徳川家康に接近し、関ケ原の戦いでは家康に臣従しました。慶長九年に伏見で亡くなり、子孫は旗本として徳川家に仕えました。本太刀は、後に家康の指料となり、更に家康から九男徳川頼宣へと与えられました。頼宣は、大坂の役の際に本太刀を帯びて出陣しており、家康と頼宣が本太刀の為に作らせた拵がそれぞれ現存しています。江雪斎から家康へ渡った経路については主に二つの説があり、一つは江雪斎が秀吉に仕えた際に献上し、秀吉から家康へ下賜されたとする説、もう一つは江雪斎が関ケ原の前に家康に接近した際に献上したという説です。秀吉が本太刀を所持したという記録はないので、あくまでも仮説になってしまいますが、江雪斎が秀吉の御伽衆として仕えながら、刀好きの秀吉にこの刀を召し上げられずに持ち続けることが出来たとは考えにくいので、やはり江雪斎から秀吉、秀吉から家康という流れの方が自然だと思われます。以来、紀州徳川家では初代藩主の差料として丁重に扱われ、昭和初期まで同家で所蔵され、昭和八年一月に旧国宝に指定(因みにこの時に三日月宗近(徳川家達公爵所持)も旧国宝に指定されています)された時の所持者は紀州徳川家十六代当主徳川頼貞侯爵です。しかし、豪遊による同家の家政悪化の為、昭和九年に行われた紀州徳川家の売立に出され、二万四千三百円の高値で落札されました。それを、わかもと製薬の長尾よねが三万円で購入、のちに長尾美術館所蔵となります。昭和二十六年に長尾美術館所蔵で新国宝指定、わかもと製薬倒産後に同美術館を出た後は青山孝吉氏が所蔵、その後日本刀装具美術館の所蔵となりましたが、平成十三年に親会社倒産を受け同美術館が運営休止になり、現在は広島県の法人が所蔵、ふくやま美術館に寄託されています。

左文字の代表作

この太刀は、姿は鎬造、丸棟、磨上ながら反り高く、身幅広く、中鋒延びるなど豪壮な体配を呈している。鍛えは、小板目に小杢目交じり、地景入り、地沸厚く付く。刃文は、小湾れ調に互の目、丁子など交じり、足入り、金筋、砂流しかかり、匂口明るく冴える。茎は磨上げて先は切り、鑢目大筋違、佩表の下半棟寄りに「筑州住 左」の書き下し銘を切っている。近年、重要刀剣に指定されている「筑州(以下切)」(下画像参照)が発見されるまでは、左文字の在銘としては現存唯一の太刀として斯界では名高い名刀で、特に伝来した紀州徳川家では前述の通り重宝として扱われていたことも納得できる出来映えを示した左文字の代表作です。

太刀 銘 筑州(以下切)伝左文字

参考資料「太刀 銘 筑州(以下切)」出典:日本刀集美

江雪左文字の展示情報

江雪左文字はふくやま美術館にて2017年9月13日(水)~10月29日(日)まで展示されていました。
江雪左文字の次回の展示は太閤左文字宗三左文字と共に「 筑前左文字の名刀」にて2018年11月11日(日)~12月9日(日)まで ふくやま美術館で展示されます。
左文字の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

古今伝授の太刀・行平の最高傑作

日本刀の刃文について・その1

関連記事

  1. 次郎太刀・重厚な大太刀

    2018.03.03
  2. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  3. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
  4. 一期一振藤四郎・豊臣秀吉の愛刀

    2017.11.07
  5. 膝丸・髭切の兄弟刀

    2018.02.06
  6. 燭台切光忠・言語を絶する名刀

    2017.10.25
PAGE TOP