Loading

刀剣ブログ

高麗鶴光忠・文禄の役で小早川隆景が佩用した刀

高麗鶴光忠

高麗鶴光忠(こまづるみつただ)

  • 指定:重要文化財
  • 無銘 伝光忠(金象嵌銘)光忠高麗鶴 小早川隆景 文禄之役佩用(号 高麗鶴光忠)
  • 所蔵:行方不明(個人蔵でしたが、文化庁が公開した行方不明リストで所在不明)
  • 種別:
  • 流派:長船派

高麗鶴光忠

高麗鶴光忠

重文 刀 無銘 伝光忠(金象嵌銘)光忠高麗鶴 小早川隆景 文禄之役佩用(号 高麗鶴光忠)

小早川隆景佩用の刀

本刀は、御家名物の「高麗鶴光忠」です。号の由来は、茎に金象嵌銘で「光忠高麗鶴」「小早川隆景文禄之役佩用」と来歴を記しており、文禄の役で小早川隆景が佩用したと伝わっています。昭和一六年(1941年)に旧国宝に指定され、今は重要文化財となっています。個人蔵でしたが、文化庁が公開した行方不明リストでは現在所在不明となっています。光忠は高麗鶴光忠以外にも重要文化財4振りが現時点で行方不明になっているので早く見つかって欲しいものですね。

三本の矢の一人、毛利三兄弟の三男

三本の矢(三矢の訓)は毛利元就が三人の息子(長男:毛利隆元、次男:吉川元春、三男:小早川隆景)に宛てて書いた教訓状に由来する逸話で、一本の矢では簡単に折れるが、三本まとめてでは折れにくいことから、三兄弟が一致協力し、一族の結束を説いたものです。小早川隆景は毛利元就の三男で、後に小早川家へ婿養子入りし、豊臣秀吉に引立てられて毛利輝元と肩をならべるに至り、大老に任ぜられています。(五大老・五奉行を制度化した際には隆景はすでに病没していたため、一般的に五大老とは徳川家康・前田利家・上杉景勝・宇喜多秀家・毛利輝元の五人をいいます)、実子はなく豊臣秀吉の養子である羽柴秀俊(小早川秀秋)を養子として迎え、家督を譲りました。文禄元年、朝鮮役に出動し、二年正月には、明の李如松の率いる大軍を破って開城を陥れるなど、その軍功は大変なもので、この文禄の役(朝鮮役)で隆景が佩用したのが、高麗鶴と名付けられた本刀です。

大磨上げながら鎌倉時代の豪壮な姿をのこす

この刀は、長さは二尺四寸六分、姿は鎬造、庵棟、身幅広く、中鋒猪首となり、堂々たる力強さを示した太刀姿で、鍛えは小板目に乱映りが立ち、目もさめるように盛んな大丁子乱に、重花や蛙子が交り、匂深く、足や葉が頻りに入った出来で、大磨上無銘となり、高麗鶴と金象嵌がある。金象嵌は隆景の時代のものではなく、大磨上げですが、鎌倉時代の豪壮な姿をのこしています。また作者と伝わる光忠は鎌倉中期の刀工で、長船鍛冶の祖といわれています。

長船派についてはこちらをお読みください

高麗鶴光忠の展示情報

高麗鶴光忠は行方不明のため未定ですが、光忠や

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

波遊ぎ兼光・小早川秀秋の愛刀

福井の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

関連記事

  1. 愛染国俊・太閤御物の短刀

    2019.10.31
  2. 源来国次・井伊家伝来の短刀

    2019.10.07
  3. 南泉一文字・公案由来の刀

    2018.05.02
  4. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
  5. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
  6. 桑山保昌五郎・保昌派を代表する名短刀

    2019.08.08
PAGE TOP