Loading

刀剣ブログ

古京物・山城伝の源流

海老名小鍛冶押形

古京物

古京物の刀工といえば、三条宗近、吉家、五条兼永、国永などが挙げられますが、いずれも現存する在銘物は極めて少なく、古い時代より宝剣として珍重されています。

三条派

三条派は、永延頃に作刀したと伝わる宗近を祖とする流派で、宗近が三条に住んだと伝わる事から三条派と呼称されています。古京物のなかでも三条一派の現存する作刀は非常に少なく、殊に現存が確認されている在銘物は稀で、宗近の他に吉家、近村などの数工に留まります。同派の作刀は、名物三日月宗近を始めとして前述の通り古くより宝刀として扱われ、その価値の高さから室町期や江戸期に将軍家や皇族、大名などが、贈答品として同派の太刀を送る事は相手に対する最上級の礼儀とされたほどです。しかし、結果として同派の作刀のほとんどが権力者の元へと集まってしまった為に、戦乱や大火に巻き込まれて焼身となったり、焼失して失われたことで、結果として現存する作刀が極めて少なくなったと考えられます。

御物 太刀 銘 宗近

御物 太刀 銘 宗近

海老名小鍛冶

短刀 銘 宗近(名物 海老名小鍛冶)(出典:草創期の日本刀

重文 太刀 銘 三条

重文 太刀 銘 三条  南宮大社所蔵(出典:草創期の日本刀)

鷹巣三条

(名物 鷹巣三条)別名 鷹巣宗近

太刀 銘 近村

太刀 銘 近村(三条近村)

五条派

五条派は、山城伝で三条派に続いて登場する刀工群です。銘鑑や古書によれば、兼永、国永、兼次、兼安などの刀工がいると伝わっていますが、現在確認されている正真確実な作刀は兼永とその弟或いは子と伝わる国永のみです。同派を代表する作刀としては、御物となっている名物鶴丸国永が広く知られていますが、そもそも同派の現存する在銘作がほとんどなく、有るとしても十指余りといわれています。

重文 太刀 銘 兼永

重文 太刀 銘 兼永押形

重文 太刀 銘 兼永(出典:草創期の日本刀)

太刀 銘 兼(以下切)

太刀 銘 兼(以下切)(五条兼永)

太刀 銘 國永

太刀 銘 國永 附黒漆変塗打刀拵

太刀 銘 國永 附黒漆変塗打刀拵(出典:草創期の日本刀)

画像:短刀 銘 宗近(名物 海老名小鍛冶) 出典:図説刀剣名物帳

日本刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
日本刀買取なら鋼月堂へ

青木兼元・孫六兼元の最高傑作

延寿派・南朝方についた刀工集団

関連記事

  1. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  2. 延寿派・南朝方についた刀工集団

    2018.03.17
  3. 長船長義・兼光と共に南北朝期の備前の代表工

    2017.09.28
  4. 同田貫派・為政者に翻弄された刀工集団

    2018.02.24
  5. 備中青江派・備中を代表する刀工群

    2019.04.06
  6. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
PAGE TOP