Loading

国宝指定の刀剣・日本刀

国宝刀剣

国宝(こくほう)

文化財保護法によって定められた有形文化財(重要文化財)のうち、世界的な文化の見地から特に価値の高いもので、国(文部科学大臣)が指定したものを国宝といいます。天下五剣からは童子切安綱、大典太光世、三日月宗近の3口が国宝指定の日本刀に入っています。

新国宝・旧国宝

旧国宝は文化財保護法施行前の1929年(昭和四年)に施行された国宝保存法により指定されたもので、現在の国宝と区別するために旧国宝と呼ばれています。
新国宝は現在の国宝で1950年(昭和二十五年)に施行された文化財保護法より指定されたもので国宝は重要文化財の一部になります。

国宝指定書

国宝指定書

国宝刀剣・日本刀一覧

上古刀

種別 時代 流派 所在地
直刀 金銅荘環頭大刀拵 大刀身
古墳時代末期、小村神社の御神体で、柄と鞘は木の下地を金銅板で包み、環頭は双竜と珠を透かしてあります。毎年十一月十五日の小村神社大祭の時に一般公開されています。
古墳   小村神社
直刀 無銘(号 丙子椒林剣)
中国六朝時代の作で、佩裏の区上に「丙子椒林」の大きい四文字の金象嵌から「丙子椒林剣」と呼ばれています。作者は不詳ですが、丙子を干支の「ひのえね」と読むとこれが製作年と判断できるので、椒林が製作者の名前となります。七星剣と共に四天王寺では聖徳太子が佩用したと伝わっています。
奈良   東京国立博物館
直刀 無銘(号 七星剣)
中国六朝時代の作といわれていますが、異説もあります。作者は不詳、四天王寺の伝来によれば、椒林剣とともに聖徳太子の佩刀とされています。切刃造の剣で、刀身には二筋樋を彫り、その中に、七星・三星・雲形・ 竜頭などを金象嵌であらわしています。上記の椒林剣と共に永らく錆身のまま伝えられてきましたが、二口とも昭和二十五年に研磨されました。
奈良   東京国立博物館
直刀 直刀 黒漆平文大刀拵
平安時代、刀身は切刃造りの長大な直刀で、所蔵する鹿島神宮では韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)と称されています。付属する大刀拵も平安初期の製作とされていて、本作のように刀身、拵共に完存のものは稀です。
平安   鹿島神宮
無銘 黒漆宝剣
大和古剣、女人高野の通称で知られる天野山金剛寺が所蔵する剣で、現存する大和古剣としては最も優れた作と称されています。金剛寺の言い伝えによれば、同寺を再興した阿観上人の持物と伝わっており、同時期の作と思われる拵も付属しています。
平安   金剛寺

山城国

種別 時代 流派 所在地
太刀 三条(名物 三日月宗近)
山城国三条派、三条小鍛冶宗近の作で、天下五剣の一つとして称えられており、号の「三日月」は刀身にある三日月形の打のけに由来します。三条宗近は、伯耆の安綱、備前の友成と共に平安期を代表する刀工の一人で、刀銘で「三条」あるいは太刀銘で「宗近」と銘を切り、「三条宗近」と四字に切っている正真確実な作は皆無です。本太刀の古雅で優美な太刀姿は、天下に比類なき独特の品格を漂わせており、古来から名刀として広く知られています。
記事を見る
平安 三条 東京国立博物館
太刀 久国(花押)
山城国粟田口派、粟田口六兄弟の次兄である藤次郎久国の作です。本太刀は生ぶ茎で、優美な曲線を描き、鍛えは小杢目に地沸えがつき、刃文は直刃調に小乱れを交えて匂深く小沸がつき、匂口が明るく冴えるなど同工の力量を如何なく発揮した代表作です。久国の作には、本太刀のように細鏨銘のものと太鏨銘のものがあります。銘の後ろに切られた花押は後世に所持者によって切られたものと考えられています。本作は、徳川家康が所蔵していたものが紀州徳川家初代当主徳川頼宣に形見分けとして与えられ、後に紀州徳川家の支藩である伊予西条松平家へと分与されました。
鎌倉 粟田口 文化庁
太刀 則国
山城国粟田口派、粟田口六兄弟の長兄である国友の子と伝えられる藤馬允則国の作です。磨り上げられた為に時代の割に反りが浅いですが。小鋒で細身の気品漂う体配を今尚呈していて、詰んだ小板目に穏やかな直刃を焼いた粟田口派の典型的な作品です。北畠顕家が後醍醐天皇から拝領したと言われており、後に因州池田家に伝わりました。
鎌倉 粟田口 京都国立博物館
吉光
山城国粟田口派、藤四郎吉光の作で、鎌倉期に製作された剣としては唯一の国宝指定品です。健全で地刃の出来に優れている為、古来から剣の名作として斯界でも広く知られています。加賀藩五代藩主前田綱紀が、母清泰院の冥福を祈念して白山比咩神社へ奉納したもので、現在は石川県立美術館に寄託されています。
鎌倉 粟田口 白山比咩神社
短刀 吉光(名物 後藤藤四郎)
山城国粟田口派、藤四郎吉光の作で、享保名物の一つです。号の由来は金座の後藤庄三郎光次(後藤四郎兵衛家の分家)が所持していたことに由来していて、名物平野藤四郎と共に藤四郎吉光を代表する名品として斯界では名高いです。本短刀は、後藤光次から大老土井大炊頭利勝へと渡り、利勝から徳川将軍家三代将軍徳川家光へと献上され、家光の娘千代姫が尾張徳川家二代当主徳川光友の下へ嫁いだ際に(この時の婚礼調度が国宝「初音の調度」です)引き出物として贈られ、以来尾張徳川家の重宝として同家に伝わり、現在も同家の資産を管理する徳川黎明会の所蔵です。
鎌倉 粟田口 徳川黎明会
短刀 吉光(名物 厚藤四郎)
名物後藤藤四郎と同じく粟田口吉光の作、同作中唯一の鎧通しで、その重ねの厚い造り込みから「厚藤四郎」の号が付いています。名物平野藤四郎に比して、地鉄はやや肌立ちごころですが、刃中が働きが豊富であり、同作中でも名品の一つです。本作は、元々足利将軍家に伝わったもので、本阿弥光徳、一柳伊豆守直末、黒田孝高、豊臣秀次、豊臣秀吉、毛利輝元と受け継がれ、毛利家から徳川将軍家四代将軍徳川家綱へと献上、後に徳川将軍家から一橋家へと下賜されて以後同家に伝わり、昭和初期に帝室博物館(現東京国立博物館)が買い上げて現在に至ります。
鎌倉 粟田口 東京国立博物館
短刀 吉光
藤四郎吉光の作で、寸法の割に幅広な造り込みを呈し、刃文は中直刃を端正に焼いています。筑後柳川藩主の立花家の祖貞載が、京都で打ち立てた戦功に際して足利将軍家初代将軍足利尊氏より与えられた同家の重宝で、今日に至るまで同家に伝わっています。
鎌倉 粟田口 立花家史料館
太刀 定利
山城国綾小路派、綾小路定利の作で、生ぶ茎在銘の堂々とした体配を呈し、刃文も小乱に小丁子、金筋・砂流しを交えて焼き、健全さや出来映え、古雅な雰囲気などを含めて同作中白眉と称される同工の代表作です。江戸期には備後福山藩主阿部家に伝わり、現在は東京国立博物館が所蔵しています。
鎌倉 綾小路 東京国立博物館
太刀 国行(号 明石国行)
山城国来派、来国行の作です。本太刀は、踏張りが強く中反り高く、堂々した生ぶ茎在銘の作で、同作中白眉と称される同工の代表作です。加えて、国行のみならず同時代の作にも珍しい樋中の腰にある三鈷剣の浮彫が特徴的です。号の明石は、播磨明石藩主松平家が所蔵していたことに因みますが、江戸期から呼ばれていたわけではなく、戦後になってから付けられた名号です。
鎌倉 刀剣博物館
太刀 来国俊
山城国来派、来国俊の作、腰反りに近い京反りの太刀姿で、生ぶ茎、目釘孔一つであることも貴重であり、同作に例が少ない乱刃も稀有であり、地刃の出来映えと保存のよさから同作中の白眉とも称されています。出羽庄内藩の菅家の旧蔵で、現在は個人蔵です。
鎌倉 個人
小太刀 来国俊
山城国来派、来国俊の作で、国宝指定中唯一の小太刀です。銘振りから上記の太刀と同時期の正応・永仁頃の作とされています。本太刀は一尺七寸九分と二尺に満たない長さですが、踏張りがつき、腰反りが高く、小鋒で華居反りの姿は優美で、更に細直刃を端正に焼き、匂口が明るく冴え、小沸つき、金筋・砂流しかかるなど、同工の特色をよくあらわした一口です。日光二荒山神社が所蔵していて、黒漆の太刀拵が付属しています。
鎌倉 二荒山神社
太刀 来孫太郎作(花押)正応五□辰八月十三日以下不明
山城国来派、来孫太郎とは来国俊の俗称と伝えられています。もし本作が来国俊の作であるならば、年紀から来国俊五十二歳の時の作となります。但し、本作の作風は来国俊の作に類似しているのですが、「来孫太郎」と言う銘の類例が他に見当たらないため、本作を来国俊の作とするかについては諸説あります。徳川家康の形見分けである所謂「駿河御分物」の一つで、尾張徳川家初代当主徳川義直に与えられ、以後同家に伝わりました。現在でも同家の資産を管理する徳川黎明会の所蔵で、徳川美術館に保管されています。
鎌倉 徳川美術館
短刀 来国俊 正和五年十一月日
山城国来派、来国俊の作で、正和五年の年紀があることから、本作が来国俊七十六歳の時の作であることが分かります。年紀が入っていることに加え、地刃の出来に優れ、しかも健全無比であることから、古来から「熱田の来国俊」と呼ばれる斯界でも有名な名品です。
鎌倉 熱田神宮
短刀 来国俊
山城国来派、来国俊の作で、徳川将軍家に伝来し、後に柳沢家に下賜され、個人蔵を経て現在は黒川古文化研究所が所蔵しています。姿は、平造、三つ棟、先がわずかに内反りとなっています。地鉄は、小板目肌よく詰み、地沸微塵につく。刃文は、中直刃を焼き、帽子は富士形とも呼ばれる来国俊特有の帽子を焼いています。また、本作には葵紋をあしらった豪華な「葵紋散金梨子地塗合口拵」が付属しています。
鎌倉 黒川古文化研究所
太刀 来国光 嘉暦二年二月日
山城国来派、来国光の作で、嘉暦年紀は同作中でも最も早い年紀のものです。年紀を来国俊と同じく書き下し銘で切っていて、加えて生ぶの姿によく沸づいた刃文を焼いた同工の代表作です。江戸期に徳川将軍家に伝わったもので、明治三十二年に徳川家達公爵から当時の皇太子(後の大正天皇)へ献上され、帝室博物館を経て現在は東京国立博物館の所蔵です。
鎌倉 東京国立博物館
太刀 来国光
山城国来派、来国光の作で、本太刀は、身幅広く、重ねが厚く磨上ながら豪壮な体配を呈し、地刃共に無類の健全さを誇る名刀です。元々、本作は徳川家康の外孫で後に養子となった播磨姫路藩主松平忠明が所持していたもので、以後忠明の子孫である武蔵忍藩主松平家に伝来し、維新後は岩崎家から山県有朋へと渡り、有朋が明治天皇へ献上し、帝室博物館を経て現在は東京国立博物館の所蔵です。
鎌倉 九州国立博物館
短刀 来国光(名物 有楽来国光)
山城国来派、来国光の作で、師の来国俊と同様に短刀の名手として知られる来国光の短刀の代表作です。直刃調の刃文が多く見られる来国光ですが、本作では珍しく幅広の乱刃を焼いていて、出来もよく、覇気に富んだ一口です。号は、織田信長の弟で茶人として著名な織田有楽斎(織田長益)が所持したことに由来します。江戸期は前田家に伝わり、現在は個人蔵です。
鎌倉 個人
脇差 来国次
山城国来派、来国次の作で、来国次は来国俊の子と伝わり、来派の中でも最も沸が強い作風である為、鎌倉来と言う通称で呼ばれています。本作は、「光山押形」所載の一口で、小脇指ながら同工の代表作の一つです。紀州徳川家旧蔵で、現在は個人蔵です。
鎌倉 個人
刀  金象嵌銘 長谷部国重本阿花押 黒田筑前守(名物 へし切)
山城国長谷部派、大磨上無銘ですが本阿弥光徳により長谷部国重の作と極められ、金象嵌が施されています。本作の号は、織田信長が机の下にかくれた茶坊主を圧し切るようにして成敗したところ、その斬れ味がよかったのでそれを評して名付けられました。所持者の黒田筑前守とは、筑前福岡藩初代藩主黒田長政のことで、織田信長から黒田孝高に与えられた本刀は、以後同家に伝わり、近年になって同家から福岡市へ寄贈されました。
記事を見る
南北朝 長谷部 福岡市博物館

大和国

種別 時代 流派 所在地
太刀 包永
大和国手掻派、同派の祖である包永の作で、同工の作は本作含めて国の指定品に大和物で最多である十六口が指定されています。手掻派は、包永を祖とする刀工群で、代々包の字を通字としています。東大寺西大門の輾害門近くに住んだ事からこの名が付いたと言われており、場所柄東大寺より御用を受けていたのではないかと推測されています。所謂大和五派の中で最も名工も多く、長きにわたり名跡が続いており、その末裔にも新刀期の南紀重国などが名を連ねています。また、大和五派の中では包永を含めて比較的在銘作が多いのも同派の特徴の一つです。
鎌倉 手掻 静嘉堂文庫
太刀 国行
大和国当麻派、同派の祖である国行の作で、同工の代表作として知られています。当麻派は、所謂大和五派の一つで、大和国北葛城郡当麻(現奈良県)で鍛刀したと伝わっていて、鎌倉後期から南北朝期にかけて繁栄しました。国行の子といわれる友清や、国行の門人であり、永仁六年の年紀作が現存する有俊など、他にも数名の刀工が銘鑑にはありますが、古書で「当麻派の刀工は銘を切る事は稀である」と書かれているように、現存する有銘作は極めて少なく、作刀の多くは無銘極めのものです。本作は、磨上ではありますが当麻国行の貴重な在銘作の一つであり、江戸期には備後福山藩主阿部家に伝来し、現在は公益財団法人日本美術刀剣保存協会が所蔵しています。
鎌倉 当麻 刀剣博物館
短刀 高市住金吾藤貞吉 □亨二二年甲子十月十八日(名物 桑山保昌)
大和国保昌派、保昌貞吉の作で、同派の典型といえる柾目肌によく沸づいた直刃を焼き、茎には檜垣鑢をかけるなど、同工の典型作にして代表作です。号は、桑山伊賀守元晴が所持していたこと由来し、後に加賀藩主前田家へと伝わりました。現在は個人蔵です。保昌派は、鎌倉末期から南北朝期にかけて栄えた流派で、大和国高市郡に在住した一派です。一派の代表工としては、本作の作者貞宗の他に貞吉らが知られており、他にも貞清、貞興、貞光などに在銘が見られます。また、比較的在銘の少ない大和物の中でも保昌派は殊に在銘が少なく、短刀の在銘物は何口か見られますが、現存する太刀の在銘は紀州徳川家に伝来した貞継(重要文化財指定)の一口のみです。
鎌倉 保昌 個人
太刀 延吉
大和国龍門派、同派の代表工龍門延吉の作で、後水尾天皇の御料と伝えられ、江戸初期製作の糸巻太刀拵が附属しています。龍門延吉は、千手院派の流れを汲むとみられる龍門派の代表工で、作風には如何にも大和伝という直刃調のものと備前気質があらわれた丁子が目立つものとの二種類があり、異色の刀工として知られています。本作は、広直刃調に小丁子、小乱れ、小互の目などを焼いた一見すると古備前風の作で、同工の代表作として知られています。現在は公益財団法人日本美術刀剣保存協会の所蔵です。
鎌倉 龍門 刀剣博物館
大太刀 貞治五年丙午 千手院長吉
大和国千手院派、千手院長吉の作で、同工の在銘作は本作のみです。当時流行した延文・貞治型の太刀を破綻なく仕上げた技量は見事で、しかも年紀作も貴重です。後村上天皇が大山祇神社へ奉納したものと伝わっていて、現在も同神社が所蔵しています。
南北朝 千手院 大山祇神社

相模国

種別 時代 流派 所在地
短刀 国光(名物 会津新藤五)
相州伝の事実上の祖である新藤五国光の最高傑作との誉れ高い代表作です。号の由来は、会津藩の初代藩主であった蒲生氏郷が所持したことに因みます。
記事を見る
鎌倉 相州 ふくやま美術館
短刀 国光
新藤五国光の作は、三口国宝に指定されていますが、本作はその中でも刃中が働きが見事や匂口の明るさでは随一といわれています。本短刀は、徳川将軍家十五代将軍徳川慶喜が指料としており、後に側近の女性に下賜したと伝わっています。現在は個人蔵です。
鎌倉 相州 個人
短刀 国光
新藤五国光の作で、新藤五国光の国宝指定の三口の中でも最も小振りな作です。本短刀は、中直刃を焼いた典型作で、会津新藤五には一歩譲りますが、極めて健全な作です。
鎌倉 相州 個人
短刀 行光
新藤五国光の弟子と伝わる藤三郎行光の作で、同作中でも稀な在銘作で、同じく在銘作で御物の行光と並んで双璧といわれている代表作です。本短刀の作風は師国光に近似しており、行光が国光の弟子という古説を裏付けるものです。江戸期に加賀藩主前田家が所蔵していたもので、現在は東京国立博物館が所蔵しています。
鎌倉 相州 東京国立博物館
刀  金象嵌銘 城和泉守所持 正宗磨上本阿(花押)(号 津軽正宗)
相州正宗の作としては、刀では最も典形的のものといわれる代表作の一口です。本刀は、本阿弥光徳が正宗と極めて埋忠壽斎に金象嵌銘を施させたもので、城和泉守とは武田家の遺臣で、後に徳川家に仕えた城和泉守昌茂のことです。後に陸奥弘前藩主津軽家に伝わったことから、津軽正宗という号があります。著名な刀ですが、享保名物帳には未掲載です。現在は、東京国立博物館の所蔵です。
鎌倉 相州 東京国立博物館
刀  金象嵌銘 正宗本阿(花押) 本多中務所持(名物 中務正宗)
相州正宗の作、上記の津軽正宗と同様に本阿弥光徳が正宗と極めて金象嵌銘を施させたもので、銘にある本多中務とは徳川家康旗下で第一の勇将であった本多中務大輔忠勝のことです。忠勝は、本刀を主君の徳川家康に献上し、家康から水戸徳川家、甲府宰相徳川綱豊(後の六代将軍徳川家宣)を経て徳川将軍家へと戻り、以後徳川将軍家に伝わりました。その後、徳川家を出た本刀は、個人蔵を経て現在は国の所蔵です。
鎌倉 相州 文化庁
刀  無銘 正宗(名物 観世正宗)
相州正宗の作で、本作が比較的完成された作風であるところから正宗の晩年作とみられています。号の観世とは観世左近(代については諸説有)が所持したことに由来します。観世左近から徳川家康が召し上げ、幾度かの出入りを経た後に徳川将軍家へと伝わり、明治期に徳川宗家十五代当主徳川慶喜から有栖川宮熾仁親王へ献上され、後継の高松宮家に引き継がれた後に国へ売却されました。
鎌倉 相州 東京国立博物館
刀  無銘 正宗(名物 太郎作正宗)
相州正宗の作、正宗の作の中では比較的古調な作風です。号の由来は水野太郎作清定が所持したことに因みます。清定は、二代将軍徳川秀忠に献上し、三代将軍徳川家光の息女が前田光高に嫁した際に婚礼道具として持参し、以後同家に伝わりました。現在も前田家の文化財を管理保存する前田育徳会が所蔵しています。
鎌倉 相州 前田育徳会
短刀 無銘 正宗(名物 日向正宗)
相州正宗の作、無銘ながら、正宗の短刀の中でも白眉とも称される代表作です。享保名物帳所載で、号の由来は所持者の一人である初代備後福山藩主水野日向守勝成が、関ケ原の戦いの時に大垣城主福原右馬介長堯から分捕り所持したことに因みます。本短刀は、元々石田三成が所持しており、三成から妹婿の福原長堯へ譲られ、前述通り長堯から水野勝成が分捕りました。名物帳の記載によると、勝成の借金の方として紀州徳川家初代藩主徳川頼宣の所有となり、以後紀州徳川家に伝来、昭和初期の紀州徳川家の売立の際に三井家が購入、現在は三井家の所蔵品を管理する三井文庫の所有で三井記念美術館に保管されています。
記事を見る
鎌倉 相州 三井記念美術館
短刀 無銘 正宗(名物 九鬼正宗)
相州正宗の作、前述の日向正宗とほぼ同じ寸法ですが、日向正宗と比べると穏やかな作風です。号の由来は九鬼長門守守隆が所持していたことに因みます。守隆から徳川家康に献上され、家康から紀州徳川家初代藩主徳川頼宣が拝領し、頼宣から次男で伊予西条藩松平家初代藩主となった松平頼純に譲られ、以後同家に伝来しました。現在は林原美術館が所蔵しています。
鎌倉 相州 林原美術館
短刀 無銘 正宗(名物 庖丁正宗)
相州正宗の作、庖丁正宗は三口国宝に指定されていますが、本作は他の二口に比して少し寸が長く、刃文も最も穏やかな作です。彫物は、新藤五国光門下随一の彫の名手大進房の手によるものと推測されています。駿河御分物の一つで、尾張徳川家に伝わり、現在も徳川黎明会の所蔵です。
鎌倉 相州 徳川美術館
短刀 無銘 正宗(名物 庖丁正宗)
相州正宗の作、庖丁正宗三口の中の一口で、古くは安国寺恵瓊の所持でしたが、その後武蔵国忍藩主松平家に伝わり、明治期に同家を出た後に伊東巳代治伯爵が手に入れ、後に細川護立侯爵の愛蔵となりました。現在は永青文庫が所蔵しています。
鎌倉 相州 永青文庫
短刀 無銘 正宗(名物 庖丁正宗)
相州正宗の作、三口の庖丁正宗の中では最も健全でかつ最も激しい作風を見せています。江戸期に日向国延岡藩主内藤家に伝わったもので、幾人かの愛刀家の手を経て、現在は大阪の法人蔵です。
鎌倉 相州 法人
刀  無銘 貞宗(名物 亀甲貞宗)
相州貞宗の作で、正宗の養子と伝えられる貞宗の代表作の一口です。亀甲の号は、茎先の亀甲文の毛彫に由来します。本刀は、出雲松江藩初代藩主松平直政が所持しており、松江藩松平家から窪田藩土方家、本阿弥光甫、盛岡藩南部家、尾張徳川家を経て、尾張徳川家三代藩主綱誠より五代将軍徳川綱吉へと献上されました。以後、徳川将軍家に伝わった本刀は、明治以降も徳川宗家が所蔵していましたが、戦後に同家を出た後、中島喜代一、渡邊三郎の手を経た後に、東京国立博物館へ寄贈されました。
記事を見る
鎌倉 相州 東京国立博物館
短刀 無銘 貞宗(名物 寺沢貞宗)
相州貞宗の作、号は寺沢志摩守広高の所持であったことに因みます。広高から豊臣秀吉へ献上され、秀吉から織田有楽斎へ下賜、その後二代将軍徳川秀忠の手に入りました。秀忠薨去後は、秀忠の遺物として紀州徳川家初代藩主徳川頼宣が賜り、以後同家に伝わりました。個人蔵を経て現在は国の所蔵です。
鎌倉 相州 文化庁
短刀 無銘 貞宗(名物 徳善院貞宗)
相州貞宗の作で、正宗と比べて穏やかな作風が多い貞宗の作中にあって、皆焼風の激しい作風が印象的です。号は所持者であった丹波亀山藩主前田玄以の号(徳善院)に由来します。本作は、元々織田信長の長男信忠が所持していましたが、本能寺の変の際に、信忠から前田玄以へ信忠の嫡男三法師と共に託されました。玄以から豊臣秀吉に献上され、秀吉薨去後に形見分けとして再び玄以へ与えられ、玄以はこれを徳川家康に献上、家康から紀州徳川家初代当主徳川頼宣へ下賜されたあと、頼宣から伊予西条藩松平家初代藩主となった松平頼純へと譲られ、以後同家に伝来しました。同家を出た後、個人蔵を経て、現在は公益財団法人三井文庫の所蔵です。
鎌倉 相州 三井記念美術館
短刀 朱銘 貞宗 本阿花押(名物 伏見貞宗)
相州貞宗の作、同作中では最も穏やかな作風を示しています。本作は、名物帳に「由緒、寸尺、代付不詳」と記載されているように、号の由来やその出自についても不明です。中心の朱銘は本阿弥十代当主光室が入れたもので、近江国水口藩主加藤家に伝来し、明治から昭和初期の間に実業家の黒川家の当主が手に入れ、現在も黒川古文化研究所の所蔵です。
鎌倉 相州 黒川古文化研究所

備前国

種別 時代 流派 所在地
太刀 備前国友成造
平安後期、古備前友成の作です。友成は、正恒と共に古備前を代表する刀工で、銘振りや作風などからみて同名の刀工が複数存在したと考えられています。本作は、御物の名物鶯丸と共に友成の代表作として知られています。これほどの名刀ですが、伝来については不詳です。昭和初期には愛刀家として知られる政治家の山本達雄男爵が所蔵、その孫である山本達郎氏が東京国立博物館へ寄贈し、現在も同博物館の所蔵です。
平安 古備前 東京国立博物館
太刀 友成作
古備前友成の作で、上記の太刀と長さはほとんど同じですが身幅は少し広く、銘を大振りに切るなどの点からみて同作中でもやや時代が下がった作と考えられています。厳島神社の所蔵で、社伝によれば本太刀は平家随一の猛将であった平能登守教経の佩刀で、教経が奉納したものと伝わっています。
平安 古備前 厳島神社
太刀 正恒
平安後期、古備前正恒の作です。正恒は、友成と共に古備前を代表する刀工で、友成と同様に銘振りや作風などからみて同名の刀工が複数存在したと考えられています。本太刀は、同作中でも最も古調な作風を呈した作で、古雅な雰囲気を漂わせる名品です。徳川将軍家八代将軍徳川吉宗が隠居する際に、祝いとして尾張徳川家九代藩主徳川宗睦へ下賜したもので、以後同家に伝わりました。現在も尾張徳川家の資料や美術品を管理する徳川黎明会の所蔵です。
平安 古備前 徳川美術館
太刀 正恒
古備前正恒の作、同作中では上記に次いで古いものとされています。殊に、太刀姿の優美さに於ては本作の右に出るものはないとされるなど、正恒の代表作の一つです。江戸期に阿波徳島藩主蜂須賀家が所蔵していたもので、個人蔵を経て現在は法人蔵となり、ふくやま美術館へ寄託されています。
平安 古備前 ふくやま美術館
太刀 正恒
古備前正恒の作、上記二口と比べるとやや時代が下る作とされていますが、それでも平安末期の作と考えられています。光山押形所載の一口で、江戸期に加賀藩主前田家が所蔵し、現在は個人蔵です。
平安 古備前 個人
太刀 正恒
古備前正恒の作、本太刀は同作の典型的な作風を示した作で、しかも頗る健全です。国宝指定時は三井家が所蔵していましたが、現在は国の所蔵です。
平安 古備前 文化庁
太刀 正恒
古備前正恒の作、上記の作と同様に頗る健全な正恒の典型作です。江戸期に、美濃大垣藩主戸田家が所蔵していたもので、現在は国が所蔵しています。
平安 古備前 文化庁
太刀 真恒
古備前真恒の作、真恒は古備前正恒系の刀工と伝えられていますが、現存する太刀は僅少であり、本作が同工の名声を高めています。健全無比な大作で、古備前の作としては後述の名物大包平と双璧と讃えられる大名刀です。徳川将軍家二代将軍徳川秀忠が久能山東照宮へ奉納したもので、現在も同東照宮が所蔵しています。
平安 古備前 久能山東照宮
太刀 備前国包平作(名物 大包平)
古備前包平の作、上記の真恒と共に古備前を代表する太刀であり、名刀中の第一等のものという世評にふさわしい長大かつ健全無類の傑作です。名刀を多く所蔵していた備前岡山藩主池田家の蔵刀中でも本作の右に出るものはなく、自慢の一口でした。戦後、池田家から国が買い上げ、現在は東京国立博物館に所蔵されています。
記事を見る
平安 古備前 東京国立博物館
太刀 則宗
福岡一文字則宗の作、品格の高い優美な太刀姿で、則宗の作では本太刀と御物が双璧といわれています。徳川将軍家三代将軍徳川家光の第四子の徳松(後の五代将軍徳川綱吉)が日枝神社へ宮参りした際に奉納したもので、現在も同神社の所蔵です。
鎌倉 一文字 日枝神社
太刀 信房作
備前国信房は、古備前と一文字に同銘の刀工がおりますが、本作はかつては「古備前信房」として、現在では「一文字信房」として扱われています。同工の代表作であり、元々徳川家康の家臣酒井左衛門尉忠次が戦功により家康から拝領し、以後子孫である出羽荘内藩主酒井家に伝わったもので、現在でも酒井家の重宝を管理する致道博物館の所蔵です。
鎌倉 一文字 致道博物館
太刀 吉房
福岡一文字吉房の作、吉房は銘振りや作風などから同銘の刀工が複数存在すると考えられていますが、本作はその中でも古調なものです。寛文七年に、徳川将軍家四代将軍徳川家綱から薩摩藩三代藩主島津綱貴へ元服の祝いとして下賜されたもので、以後同家に伝来しました。戦後に同家を出て、現在は個人蔵です。
鎌倉 一文字 個人
太刀 吉房
福岡一文字吉房の作、吉房の作の中でも本作は上記に次いで古いといわれています。本太刀は、江戸期に伊予西条藩主松平家に伝わったもので、個人蔵を経て現在は林原美術館が所蔵しています。
鎌倉 一文字 林原美術館
太刀 吉房(号 岡田切)
福岡一文字吉房の作、本作は同作中最も華やかな重花丁字の刃文を焼いており、同工の代表作の一口です。本太刀は、元々織田信長が所蔵しており、後に次男の織田信雄に伝わり、小牧長久手の戦いの際に家老の岡田助三郎が秀吉に内通したと疑った信雄が同家老を斬ったことから岡田切と号されています。明治期に、茶人として鈍翁の号で知られる実業家の益田孝(後に男爵)が東宮(後の大正天皇)へ献上し、帝室博物館を経て現在は東京国立博物館の所蔵です。
記事を見る
鎌倉 一文字 東京国立博物館
太刀 吉房
福岡一文字吉房の作、元々二尺八寸くらいの長さがあったものを磨り上げ、現在は二尺三寸余りの長さになっています。作風は、上記の岡田切と比べるとややおとなしいですが、同時期の作と考えられています。尾張徳川家の附家老を務めた竹腰家に伝わり、明治期に御物となり、岡田切と同じく帝室博物館を経て現在は東京国立博物館の所蔵です。
鎌倉 一文字 東京国立博物館
太刀 吉房
福岡一文字吉房の作、上記二口と同年代の作とされていますが、銘振りがやや異なる事から同時期の別家の吉房の作とされています。徳川将軍家に伝わった作で、個人蔵を経て、現在は法人蔵です。
鎌倉 一文字 ふくやま美術館
太刀 助真
福岡一文字助真の作で、本太刀は同作中でも最も沸強く、覇気に富んだ作です。江戸期に紀州徳川家に伝来したもので、個人蔵を経て現在は国の所有です。
鎌倉 一文字 東京国立博物館
太刀 助真(号 日光助真)
福岡一文字助真の作、一文字助真は一文字派の刀工の中でも最も覇気に富み、沸が力強く出ることから別名「鎌倉一文字」とも呼ばれています。本太刀は、加藤清正から徳川家康へ献上され、家康薨去後に日光東照宮の御神宝として納められたことから、日光助真と称されています。現在も同東照宮の所蔵です。また、付属する打刀拵は、家康の人柄があらわれた簡素ながら品の良いもので、天正拵の代表的な作品としても知られています。
記事を見る
鎌倉 一文字 日光東照宮
太刀 則房
一文字則房の作、則房は吉房、助真と共に鎌倉中期の一文字派を代表する名工の一人で、備前国片山の地で作刀したと伝わることから片山一文字の別名があります。本太刀は、地刃共に出色の出来映えを示した則房の代表作として広く知られています。徳川将軍家五代将軍徳川綱吉が、弟である徳川家宣の子家千代の誕生を祝って贈ったもので、家千代の死後は徳川将軍家の所蔵となりました。現在は、広島県の法人蔵でふくやま美術館へ寄託されています。
鎌倉 一文字 ふくやま美術館
刀  無銘 則房
大磨上無銘ながら一文字則房の作と極められています。地刃共に健全で、出来映えは上記の則房と双璧です。これほどの作でありながら、本作の伝来については不詳で、現在は個人蔵です。
鎌倉 一文字 個人
太刀 (菊紋)吉平
福岡一文字吉平の作、地刃共に健全で、刃中の働きに富んだ同工の代表作で、加えて茎に毛彫された十六葉の菊紋も資料的に貴重です。紀州徳川家初代藩主徳川頼宣の差料の一つで、以後同家に伝わり、現在は個人蔵です。
鎌倉 一文字 個人
太刀 助包
備前国助包には、古備前と福岡一文字に同名の刀工が存在しますが、本作は福岡一文字助包の作で、生ぶの体配が美しく堂々としており、地刃共に極めて健全です。附属する糸巻太刀拵の鞘は金梨子地に胡蝶文を蒔絵にしたものであしらわれています。江戸期には、因幡鳥取藩主池田家に伝わり、現在は個人蔵です。
鎌倉 一文字 個人
太刀
福岡一文字派の作、同派の代表且つ典型的な作の一つで、華やかな大丁子乱れを焼き、刃幅に大きく高低の変化があるところが特色です。本太刀は、長篠の戦いで武田勝頼の大軍から僅かの手勢で長篠城を支え、織田・徳川連合軍に勝利をもたらした奥平貞昌(後に信昌)の功を賞して「信」の字と共に織田信長が与えたもので、別名長篠一文字とも呼ばれています。江戸期に、信昌の子孫である奥平松平家へと伝わり、明治期には西郷隆盛、山縣有朋などが所有し、現在は静岡県の法人蔵です。
鎌倉 一文字 法人
太刀 無銘 一文字(名物 日光一文字)
生ぶ無銘の太刀で、古来より福岡一文字派の作と極められていて、元々日光権現社(現在の日光二荒山神社)に納められていたことから日光一文字と号されています。無銘ながら、健全さや出来映えに殊の外優れており、福岡一文字派を代表する名刀の一口として斯界でも名高いです。前述の日光権現社から北条早雲が申し請け、同家に伝わりましたが、豊臣秀吉の小田原攻めの折に、和睦を仲介した黒田孝高の労をねぎらって、後北条家五代当主北条氏直が孝高へ贈ったもので、以後筑前福岡藩主黒田家に伝わりました。現在は、黒田家から寄贈を受けた福岡市の所蔵です。
鎌倉 一文字 福岡市博物館
太刀 無銘 一文字(号 山鳥毛)
無銘ながら福岡一文字派の作と極められています。上杉家の御家名物で、上杉景勝御手選三十五腰の一つであり、号の「山鳥毛」の由来については諸説が有りますが、本太刀の刃文が山鳥の尾羽に似ていることから「山鳥毛」と名付けられたとも、或いは刃文が遠くに見える野山が焼けているように見えることから「山鳥毛」或いは「山焼毛」と形容したともいわれています。本太刀は、元々関東管領であった上杉家の重宝で、どのような経緯かは不明ですが、やがて越後守護代である長尾家へと受け継がれました。室町末期には、長尾家中興の祖長尾景忠の子孫である白井長尾氏の当主長尾憲景が所持していましたが、弘治二年に同族である越後長尾氏の当主長尾景虎(後の上杉謙信)が援軍として上野国に出陣した際に、憲景から景虎へと贈られました。以後、同家に伝わった本太刀は、戦後に同家を出るまで上杉家が所蔵し、現在は個人蔵です。
記事を見る
鎌倉 一文字 岡山県立博物館寄託
太刀 一 南無八幡大菩薩 南無妙見大菩薩 元亨二年三月日 備前国吉岡住左近将監紀助光
吉岡一文字助光の作、同工のみならず同派の作刀中第一の名刀とされています。本太刀は、老中阿部豊後守忠秋が徳川将軍家三代将軍徳川家光から講談にもなった「隅田川乗り切り」の功で下賜され、以後同家に伝わりました。現在は個人蔵です。
鎌倉 一文字 個人
薙刀 一 備州吉岡住左近将監紀助光 元応二年庚申十一月日
備前国吉岡一文字派、一文字助光の作で、身幅は広いが、先は張らず、そして反りの浅い菖蒲状の姿は鎌倉末期の薙刀の典型で、加えて同時期の薙刀で年紀作は珍しく、資料的に見ても貴重です。江戸期に加賀藩主前田家が所蔵しており、現在は個人蔵です。
鎌倉 一文字 個人
太刀 光忠
長船光忠の作、光忠は鎌倉中期に備前長船の地に在住した刀工で、事実上の長船派の祖として、刀剣界最大の流派である長船派の礎を築きました。本太刀は、互の目に蛙子丁子、片落互の目などを交じえ、足・葉の働きに富むなど、殊に刃中の働きが見事です。元禄十一年に尾張徳川家三代藩主徳川綱誠が徳川将軍家五代将軍徳川綱吉から拝領し、以後同家に伝わりました。現在も徳川黎明会の所蔵です。
鎌倉 長船 徳川美術館
刀  金象嵌銘 光忠 光徳花押 生駒讃岐守所持(号 生駒光忠)
長船光忠の作、本作は大磨上無銘ですが本阿弥光徳が光忠と極め金象嵌を施させたものです。号は、所持銘にある生駒讃岐守に由来しています。同作中最も華やかな刃文を焼いており、大磨上ながら光忠の代表作と評されています。但し、これほどの名刀ですが、生駒家から出た後、明治期に細川護立侯爵が手に入れるまでの伝来については不明です。細川護立侯が、本刀をお小遣いで購入した話は斯界では有名で、それ以後多くの名刀を所持した護立候は財団法人(現公益財団法人)日本美術刀剣保存協会の初代会長に就任しています。現在は、細川家が所蔵していた資料や美術品を管理する永青文庫が所蔵しています。
記事を見る
鎌倉 長船 永青文庫
刀  金象嵌銘 光忠 光徳(花押)
長船光忠の作、上記の生駒光忠と同じく本阿弥光徳が光忠と極めて金象嵌を施入したものです。金象嵌銘ながら地刃の出来、健全さ共に同作中でも傑出しています。元々、本太刀は光忠をこよなく愛した織田信長の愛刀で、信長から徳川家康へ贈られ、さらに家康から水戸徳川家の初代藩主徳川頼房に与えられました。その後、頼房の七男松平頼雄が水戸徳川家の分家である常陸宍戸藩を立藩した際に頼雄へと与えられ以後同家に伝わりました。現在は個人蔵です。
鎌倉 長船 個人
太刀 長光(名物 大般若長光)
長船長光の作、室町以来の大名物として名高く、長光の代表作として広く知られています。本太刀の号は、その代付が当時としては破格の六百貫であったことから、大般若経六百巻に因んで名付けられました。本太刀は、元々足利将軍家に伝わっていましたが、後に三好政康が分捕り、経緯は不明ですが織田信長の手に入り、信長から徳川家康へ姉川の合戦における褒美として贈られました。その後、長篠の戦いの功により家康から本太刀と家康の長女亀姫が奥平信昌へと与えられ(この時に信長からは前述の通り「信」の字と長篠一文字を拝領)、以後信昌の子孫である奥平松平家に伝わり、大正年間に同家を出た後は伊東巳代治伯爵などの愛刀家の手を経た後に帝室博物館に買い取られ、現在は東京国立博物館の所蔵です。
記事を見る
鎌倉 長船 東京国立博物館
太刀 長光(名物 津田遠江長光)
長船長光の作、号の由来は明智光秀の家老津田遠江守重久が所持したことに因みます。 元々、織田信長が所持していましたが、本能寺の変後に安土城を攻略した明智光秀から津田重久へと与えられました。その後、加賀藩初代藩主前田利長に仕えた重久から利長へと献上され、以後同家に伝わった後に加賀藩五代藩主前田綱紀から徳川将軍家五代将軍徳川綱吉へと献上され、その後六代将軍徳川家宣から尾張徳川家四代藩主徳川吉通に下賜され、以後同家に伝わりました。現在も同家の資産を管理する徳川黎明会の所蔵です。
鎌倉 長船 徳川美術館
太刀 長光
長船長光の作、少し摺り上げていますが、その華やかな刃文や健全さで同作中屈指の名刀として知られています。江戸期に、因幡鳥取藩主池田家に伝来し、近世では愛刀家としても著名な軍人で政治家の谷干城子爵が本太刀をこよなく愛したことで知られています。現在は、東京国立博物館の所蔵です。
鎌倉 長船 東京国立博物館
太刀 熊野三所権現長光
長船長光の作、「態野三所権現」と切られた銘については諸説ありますが、長光が奉納するために切ったのではないかといわれています。熊野三所権現とは、熊野権現の神々の中でも中心的な存在である伊弉諾、伊邪那美、素戔嗚の三神のことを指しています。現在は、大阪の法人蔵です。
鎌倉 長船 法人
薙刀 備前国長船住人長光造
長船長光の作、薙刀の国宝指定品は前述の吉岡一文字助光の作と本作の二口のみです。本薙刀は、江戸期に作州津山藩主松平家に伝わったもので、戦後同家を出た後に本薙刀を手に入れた愛刀家の佐藤寛治氏が佐野美術館へ寄贈し、現在も同美術館の所蔵です。
鎌倉 長船 佐野美術館
太刀 備前国長船住左近将監長光造
長船長光の作、左近将監銘の長光は小模様な刃文のものが多く見られますが、本太刀は珍しく大模様な刃文を焼いています。その為、以前は左近将監長光を二代長光としてきましたが、現在の研究では本作の作風がそれまで初代とされてきた長光の作風と直結することから左近将監長光は二代ではなく初代の晩年作とされるようになりました。本太刀の伝来については不明で、旧国宝指定時にはわかもと製薬の社長であった長尾欽弥が所持しており、現在は林原美術館の所蔵です。
鎌倉 長船 林原美術館
太刀 真光
長船真光の作、真光は通説では長光の門下と伝えられていますが、現存する作刀は稀です。本作は、他の真光の在銘作と比べると作風が古調で、門下と言うよりも長光と同時代の作とみられることから、本作を初代真光とみて門下というよりも兄弟ではないかとみる説もあります。本太刀は、織田信長が徳川家康の家臣酒井忠次へ与えたもので、当時の糸巻太刀拵が保存されており、現在も酒井家が所蔵していた資料や文化財などを収蔵している致道博物館の所蔵です。
鎌倉 長船 致道博物館
太刀 備前国長船住景光 元亨二年五月日(号 小竜景光)
備前国長船派、景光の代表作として知られています。腰元にある倶利迦羅龍の彫物から「小龍景光」とも、或いは磨上げられ僅かに竜がのぞいているために「覗龍景光」とも称されています。本作をこよなく愛した明治天皇は、サーベル型の軍刀拵を誂えさせ、軍装時には携えていたと言われています。帝室博物館を経て、現在は東京国立博物館の所蔵です。
記事を見る
鎌倉 長船 東京国立博物館
太刀 廣峯山御剱願主武蔵国秩父郡住大河原左衛門尉丹治朝臣時基於播磨国宍粟郡三方西造進之 備前国長船住左兵衛尉景光 作者進士三郎景政 嘉暦二二年己巳七月日
長船景光とその弟と伝わる景政との合作刀で、銘文によれば依頼者は秩父の丹治時基、奉納先は姫路の広峯山です。奥平忠昌が寛文三年に徳川将軍家四代将軍徳川家綱から拝領し、以後同家に伝来しました。現在は、埼玉県立歴史と民俗の博物館が所蔵しています。
鎌倉 長船 埼玉県立歴史と民俗の博物館
短刀 備州長船住景光 元亨三年三月日(号 謙信景光)
長船景光の作、景光は備前に於ける短刀の第一人者と称されますが、本作はその代表作です。藩祖上杉謙信の差料として、米沢藩主上杉家に伝えられたもので、同家を出た後に「謙信景光」という号が付けられました。現在は、上記の景政との合作刀と同じく埼玉県立歴史と民俗の博物館に所蔵されています。
記事を見る
鎌倉 長船 埼玉県立歴史と民俗の博物館
太刀 備前国長船住近景 嘉暦二二年□月日
長船近景の作、近景は長光の弟子、或いは子ともされる刀工で、銘の切り方が逆鏨になることから左利きであったと考えられています。本太刀は、出来映えと健全さに優れた近景の代表作で、嘉暦の年号も貴重です。江戸期に、三河吉田藩主大河内松平家に伝来し、旧国宝指定時の所持者は理研コンツェルンの創業者大河内正敏子爵、現在は個人蔵です。
鎌倉 長船 個人
短刀 備州長船住長重 甲戌
備前国長船派、長船長義の兄弟と伝わる長重の作で、同工の代表作です。本作は、特に地刃の沸が強く、地景・金筋が目立ち、備前刀の中で最も相州伝を強くあらわしている作であり、江戸初期を代表する鑑定家本阿弥光徳の指料として有名なものです。現在でも本阿弥家の重宝として伝わっていて、現所有者は研磨の人間国宝本阿弥光洲師です。
南北朝 長船 個人
大太刀 備州長船倫光 貞治五年二月日
長船倫光の作、倫光は兼光門下の刀工で、本作は同工の代表作です。本太刀は、四尺を越える国宝指定品の太刀としては最も長い大太刀で、保存状態も極めてよく、まだ同時代の野太刀拵が附属していることも貴重です。日光二荒山神社に古くから伝わるもので、現在も同神社の所蔵です。
南北朝 長船 二荒山神社
太刀 国宗
備前三郎国宗の作、国宗は直宗の子国真の三男であったことから、備前三郎国宗と呼ばれています。本太刀は、同作中でも最も華やかな刃を焼いた作で、国宗の代表作の一口です。個人蔵を経て、現在は広島県の法人蔵です。
鎌倉 直宗 ふくやま美術館
太刀 国宗
備前三郎国宗の作、上記の作と共に国宗の代表作として知られています。本太刀は、昭和二年に島津忠重公爵が照国神社へ奉納したものですが、終戦後に進駐軍に没収されて行方不明となりました。その後、米国で発見された本太刀を国外屈指の愛刀家として知られたウォルター・コンプトン博士が入手し、同神社へ返還したエピソードで斯界では名高いです。
鎌倉 直宗 照国神社
太刀 国宗
備前三郎国宗の作、上記二口と共に国宗を代表する名刀です。上記二口は比較的大模様ですが、本作は比較的小模様な刃を焼いています。徳川家康所用の太刀として日光東照宮に伝わっていて、現在も同東照宮の所蔵です。
鎌倉 直宗 日光東照宮
太刀 国宗
備前三郎国宗の作、上記三口と共に国宗を代表する作の一つです。尾張徳川家八代藩主徳川宗勝が、元文四年に尾張徳川家の分家美濃高須藩から尾張本家の家督を相続するために養子して迎えられた際に持参した太刀で、以後同家に伝わり、現在も徳川黎明会の所蔵です。
鎌倉 直宗 徳川美術館

越中

種別 時代 流派 所在地
短刀 則重(号 日本一)
越中則重の作、短刀の名手として知られる則重の代表作であり、「この出来映えと健全さではおそらく日本一の則重であろう」ということから「日本一」の号が付けられました。 則重は、新藤五国光の弟子で、兄弟弟子といわれるものに行光と正宗などがいます。本短刀は、愛刀家として知られる細川護立侯爵がこよなく愛した一口で、現在も細川家所縁の資料や美術品などを管理する永青文庫が所蔵しています。
鎌倉 相州 永青文庫
刀  金象嵌銘 天正十三十二月日 江 本阿弥磨上之(花押) 所持稲葉勘右衛門尉(名物 稲葉江)
無銘ですが天下三作の一人郷義弘の作と極められています。郷(或いは江)義弘は、則重の弟子と伝わり、ほぼ同時代の相州貞宗と同じく正真確実な在銘作は現存せず、その全ては無銘極めです。本作は、後述の富田江と共に郷義弘の代表作として知られており、号の由来は所持者の稲葉勘右衛門尉重通に因みます。本作は、稲葉重通から徳川家康へと渡り、家康から結城秀康へと与えられ、以後秀康の子孫である津山藩主松平家に伝わりました。現在は個人蔵です。
南北朝 相州 個人
刀  無銘 義弘(名物 富田江)
無銘ながら郷義弘の作と極められていて、前述の稲葉江と共に同工の代表作です。号の由来は、富田左近将監信広(一白)が所持したことに因みます。富田家から堀秀政へと譲られ、秀政から豊臣秀吉へと献上されました。秀吉から秀次に贈られましたが、再び秀吉の下へ戻り、秀吉薨去後に遺物として前田利長へと贈られました。利長は本作を徳川秀忠へ献上し、秀忠薨去後に遺物として前田利常へと贈られ、以後同家に伝わり、現在も前田家の資料や美術品を管理する前田育徳会所蔵です。
南北朝 相州 前田育徳会

備中

種別 時代 流派 所在地
太刀 正恒
備中国妹尾派、古青江正恒の作、古青江は青江派と妹尾派に大別されますが、本作の作者である正恒は妹尾派の刀工とみられています。妹尾派は、備中国都宇郡妹尾郷(現岡山県岡山市妹尾)で鍛刀したと伝えられ、則高を始祖とし、代表工としては正恒が上げられます。妹尾派は、同じ古青江に属する青江鍛冶よりも鍛刀地が備前よりである為か、青江鍛冶の作風が山城伝であるのに対して、妹尾鍛冶は備前風であるなどの相違がみられ、また、この時期の青江派の刀工は刀銘に切るのが特色ですが、妹尾派の刀工は古備前の刀工と同様に太刀銘に入れるという違いもみられます。本作は、古青江正恒の代表作で、徳川幕府八代将軍徳川吉宗が鶴岡八幡宮へ奉納したと伝わり、現在も同八幡宮の所蔵です。
平安 青江 鶴岡八幡宮
太刀 貞次
備中国青江派、古青江貞次の作で、青江派を代表する名跡である貞次には同名の刀工が複数存在するが、その中でも本作は最も古いものとみなされています。江戸期に対馬藩主宗家が所蔵していたもので、明治期には愛刀家として知られる伊東巳代治伯爵が所持し、現在は個人蔵です。
平安 青江 個人
太刀 為次(号 狐ヶ崎)
備中国青江派、為次の作で、吉川氏の祖である吉川経義の子友兼が、駿河国狐ケ崎で梶原景時の子景茂を討伐した時に佩用していた事から狐ヶ崎と号されています。 以後吉川家の重宝として同家に伝わり、現在でも吉川家が所蔵してきた刀剣や資料、美術品を管理する公益財団法人吉川報效会が所有しています。また、この時に友兼が佩用した黒漆太刀拵が現存しており、歴史的な資料としても貴重なものです。
平安 青江 吉川報效会
太刀 康次
備中国青江派、古青江康次の作で、比較的在銘作が現存している同作のみならず古青江全体でも白眉と称される名作です。室町幕府十五代将軍足利義昭が島津家十六代当主島津義久へ贈ったもので、以後島津家第一の重宝として同家に伝わり、現在は岐阜の宗教法人が所蔵しています。
鎌倉 青江 宗教法人
太刀 守利
備中国青江派、古青江守利の作で、江戸期には三河豊橋藩主大河内家に伝来し、現在は個人蔵です。守利は、鎌倉初期の古青江派の刀工ですが、現存する在銘作は少ないです。本作は、古青江派の作としては比較的反りが浅く、刃中の働きに富んだ華やかな作です。
鎌倉 青江 個人

伯耆国

種別 時代 流派 所在地
太刀 安綱(名物 童子切安綱)
伯耆国安綱の作で、天下五剣の一つです。享保名物帳によれば、二代将軍徳川秀忠の息女勝姫が越前藩主松平忠直へ輿入れした際に、秀忠より忠直へ下賜され、以後後裔の作州津山藩主松平家に伝来しました。
記事を見る
平安 古伯耆 東京国立博物館
太刀 安家
安綱の子或いは門人と伝わる伯耆国安家の作で、江戸期に筑前福岡藩主黒田家に伝わりました。本作の作風及び銘振りが安綱に近似することから、安家が安綱と関係がある事はうなづけますが、安家の在銘作は極めて少ない為、両者の関係については今後の研究を待ちたいところです。地刃共に優れ、極めて健全な同工の代表作です。
平安 古伯耆 京都国立博物館

筑前

種別 時代 流派 所在地
太刀 筑州住左(名物 江雪左文字)
筑前国左文字(大左)の作、元々は北条家の家臣、板部岡江雪斎の愛刀であった為、江雪左文字の号が付けられました。後に徳川家康の指料となり、紀州徳川家初代藩主徳川頼宣へ与えたもので、現在も家康と頼宣が作らせた打刀拵が共に伝わっています。
記事を見る
南北朝 左文字 ふくやま美術館
短刀 筑州住左
左文字(大左)の作、左文字の銘は表目釘孔の下に「左」裏僅かに棟に寄せて「筑州住」と切ったものがほとんどで、本短刀のように一行に書き下しにきった例は珍しく、他には上記の名物江雪左文字に見られる位です。 
南北朝 左文字 ふくやま美術館
短刀 左 筑州住(号 太閤左文字)
左文字(大左)の作、号の由来は豊臣秀吉の愛刀の一口であったことに因みます。「光徳刀絵図(寿斎本)」所載、地刃共に極めて健全で、地鉄の美しさと刃の明るさは殊の外見事です。
記事を見る
南北朝 左文字 ふくやま美術館
短刀 筑州住行弘 観応元年八月日
左文字(大左)の弟子行弘の作で、観応元年紀は大左の弟子の中で最も古い年紀作です。本作の作風や体配は師である大左と近似していて、行弘は左一門でも高弟的な立場であったと思われます。本作は、土浦藩二代藩主土屋政直へ義父である丹波篠山藩初代藩主松平康信から贈られたもので、以後土屋家に伝来し、現在は土浦市(管理は土浦市立博物館)が所蔵しています。
南北朝 左文字 土浦市立博物館

筑後

種別 時代 流派 所在地
太刀 光世作(名物 大典太)
筑後国三池派、典太光世の作、天下五剣の一つで、足利将軍家から豊臣秀吉、秀吉から前田利家へと渡りました。前田家第一の家宝として以後同家に伝わり、現在も前田家の文化財を管理保存する前田育徳会の所蔵です。
記事を見る
平安 三池 前田育徳会

豊後

種別 時代 流派 所有
太刀 豊後國行平作(古今伝授の太刀)
豊後国行平の作で、細川幽斎が烏丸光広に古今伝授を行った際に記念として贈ったもので、「古今伝授の太刀」として斯界では広く知られています。明治期に烏丸家を出た後、数人の手を経て、昭和初期に細川護立侯爵が買取ったことにより再び細川家の所有となりました。現在は、細川家由来の文書や美術品を管理する永青文庫の所蔵です。
記事を見る
鎌倉 行平 永青文庫
大太刀 無銘(伝豊後友行)
大山祇神社が所蔵する大太刀、生ぶ無銘で元々極めはついておりませんでしたが、昭和を代表する鑑定家本間薫山先生が地刃の作風から豊後友行の作と極めたものです。地刃共に健全で、前述の千手院長吉と共に大太刀の標本のような作です。当時の野太刀拵が附属しており、社伝によれば豪傑大森盛長(通称 彦七)が奉納したと伝わっています。
南北朝 高田 大山祗神社

画像:国宝 太刀 銘 吉房(出典:備前刀剣王国図録

PAGE TOP