Loading

刀剣ブログ

亀甲貞宗・将軍の世子へ渡した刀

亀甲貞宗(きっこうさだむね)

  • 指定:国宝
  • 無銘  相州貞宗(名物 亀甲貞宗)
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 種別:
  • 流派:相州

亀甲貞宗

亀甲貞宗

国宝 刀 無銘 貞宗(名物 亀甲貞宗)(出典:正宗-日本刀の天才とその系譜図録

亀甲貞宗

亀甲貞宗

亀甲貞宗押形

亀甲貞宗押形 出典:渡邊誠一郎氏寄贈刀剣図録

亀甲貞宗押形

亀甲貞宗押形 出典:刀剣美術名刀鑑賞編合本16

亀甲貞宗押形

将軍の世子へ渡した刀

本刀は、享保名物帳所載の亀甲貞宗です。号は、茎に施された毛彫の亀甲菊花文に由来します。本刀は、出雲松江藩初代藩主松平直政が所持しており、松江藩松平家から窪田藩土方家、本阿弥光甫、盛岡藩南部家、尾張徳川家を経て、尾張徳川家三代藩主綱誠より五代将軍徳川綱吉へ宗瑞正宗の短刀とともに献上されました(「昭和大名刀図譜」には最上家と明智家も所蔵していたと書かれていますが、他の資料がないため真偽は不明)以後、徳川将軍家に伝わった本刀は、将軍の世子(跡継ぎ)に渡す刀として江戸期を通じて特別な扱いを受け(鞘書には「宝暦十二年午年十一月朔日 御七夜御祝儀之時 浚明院様ヨリ孝恭院様江被進 龟甲貞宗御刀 代金三百枚 貳尺参寸四分半」とある。)、明治以降も徳川宗家が所蔵し、重要美術品認定時と国宝指定時の所有者は徳川宗家十六代当主徳川家達公爵です。戦後、同家を出た本刀、亀甲貞宗は、中島喜代一、渡邊三郎を経て、平成3年に東京国立博物館に寄贈され、現在も同博物館の所蔵です。
中島喜代一氏は中島飛行機(後の富士重工業株式会社、今年改称して現在は株式会社SUBARU)の二代目社長、渡邊三郎氏は日本特殊鋼株式会社の創業者で、両氏とも戦前では著名な愛刀家です。渡邊三郎氏は、三日月宗近鳴狐などの名刀を所持していたことでも知られ、同氏の死後から四十年後の平成3年に息子の渡邊誠一郎氏から東京国立博物館へ寄贈(この年が誠一郎氏の母の五十回忌にあたる為)されています。

相州貞宗についてはこちらをお読みください

相州貞宗の代表作の一つ

この刀は、大磨上無銘で、鎬造、庵棟、他の同作に比して身幅やや狭く、重ねやや薄く、鋒は尋常となり、彫は表に二筋樋を搔き流し、裏は二筋樋を掻き通している。鍛えは、板目肌詰み、地沸厚くつき、地景細かくよく入る。刃文は、沸出来の浅い湾れ調に小互の目交じり、小足入り、金筋頻りに入り、砂流しかかる。帽子は、乱れ込んで小丸ごころとなり、掃きかけかかる。茎は、大磨上、鑢目勝手下がり、先栗尻となり、指表の先に号の由来となった亀甲菊花文が毛彫で施されている。貞宗の作としては、比較的細身の作であるが、地鉄の精緻さ刃の働き、明るさなどから同作中屈指の評価を受けている貞宗の代表作の一口であり、天下の名刀の一つです。

亀甲貞宗の展示情報

東京国立博物館にて 2018/1/30〜2/25まで「亀甲貞宗」が展示されていました。
亀甲貞宗の次回の展示は未定ですが、相州貞宗の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

太鼓鐘貞宗・伊達家伝来の短刀

謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

関連記事

  1. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
  2. 平野藤四郎・前田家から皇室へとわたった名短刀

    2019.06.01
  3. 青木兼元・孫六兼元の最高傑作

    2018.03.09
  4. 抜丸・大蛇も慄く平家重代の太刀

    2019.09.14
  5. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  6. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
PAGE TOP