Loading

刀剣ブログ

謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

謙信景光(けんしんかげみつ)

  • 指定:国宝
  • 銘 備州長船住景光 元亨三年三月日(号 謙信景光)
  • 所蔵:埼玉県立歴史と民俗の博物館
  • 種別:短刀
  • 流派:長船派

国宝 短刀 銘 備州長船住景光 元亨三年三月日(号 謙信景光)

国宝 短刀 銘 備州長船住景光 元亨三年三月日(号 謙信景光)

謙信景光押形

謙信景光押形

謙信景光 押形 出典:長船町史刀剣編 刀剣美術名刀鑑賞編合本16

謙信景光

謙信景光茎

謙信景光茎銘

黒漆塗脇差拵

(附)黒漆塗鞘小サ刀拵 出典:上杉家の名刀と三十五腰

附属する黒漆塗鞘小サ刀拵は室町末期のもので、鞘は黒漆塗り、柄は黒鮫着せ、燻革巻き(革巻は後補)金具の縁・鐔・小柄には赤銅魚子地に枝菊桔梗紋を高彫りにして、ウットリを施す。目貫は花束図容彫り、小柄は銀地に枝菊図を高彫りにする。

謙信の愛刀

本短刀は、上杉家が所蔵していた名物「謙信景光」です。号の由来は、上杉不識庵謙信が本短刀を愛用し(戦国期の製作と思われる小さ刀拵が付帯しています)常に佩用していた事からと伝わっています。しかし、上杉家が自身の先祖で事実上の藩祖である謙信公を呼ぶ場合は、普通であれば「不識庵様」もしくは「不識院様」です。したがって、もし上杉家が付けるのであれば「不識庵景光」か「不識院景光」ならばありえますが、上杉家が「謙信」と呼び捨てにすることは当時の常識的にありえないので、「謙信景光」という号は上杉家の外での呼び名か、或いは同家を出た後に付けられた比較的新しい(おそらくは昭和以降)号だと思われます。本短刀は、刀身に施された「秩父大菩薩」の文字からも明らかなように、元々は秩父出身の地頭大河内時基が景光に作らせて秩父神社(秩父大菩薩とは秩父神社の祭神妙見菩薩のこと)へ奉納したものです。いつの頃からか、同神社から出て上杉家に伝わり、上杉家では本短刀を戦後岡山の愛刀家岡野多郎松氏に譲渡されるまで謙信が逝去した天正6年から数えても約370年近く所蔵していました。昭和12年に重要美術品認定、昭和27年に重要文化財指定、昭和31年に国宝指定、平成5年に岡野家から埼玉県の所有となり、現在は埼玉県立歴史と民俗の博物館に保管されています。岡野多郎松氏は、昭和を代表する愛刀家の一人で、本短刀の外にも上杉景勝御手選三十五腰の一口でこのほど上越市に譲渡された山鳥毛一文字や包丁正宗などの名刀を所有していた事でも知られています。

備前の短刀としては最高峰の一口

この短刀は、平造、庵棟、身幅やや広く、寸延びとなり、この期の短刀としては珍しく僅かに反りが付く。地鉄は、小板目肌よく詰み、乱映り立つ。刃文は、景光の得意とした片落ち互の目を主調にして小丁子を交え、足・葉よく入り、匂口やや締りごころに冴える。彫は、表に「秩父大菩薩」の文字彫を施し、裏には「大威徳明王」を表す梵字を彫っている。茎は生ぶ、振袖風に反りがつき、鑢目は筋違、先は栗尻となり、表に長銘で「備州長船住景光」裏に「元亨三年三月日」の年紀がある。地刃の出来に優れた、小龍景光と並び景光の代表作の一口です。また、国宝に指定された備前で製作された太刀は多いですが、短刀の指定品は本短刀と長重の二口のみですので、その事実が景光の技量の高さを示しています。

謙信景光の展示情報

「上杉家の名刀と三十五腰」にて短刀 銘 吉光(号 五虎退)とともに佐野美術館で、2018年1月7日〜2月5日まで展示されていました。
次回の展示は埼玉県立歴史と民俗の博物館「国宝公開」にて2019年2月5日(火)~3月3日(日)まで展示される予定です。長船景光の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

謙信景光押形(出典:有銘古刀大鑑)

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

亀甲貞宗・将軍の世子へ渡した刀

一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

関連記事

  1. 篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

    2017.08.22
  2. 南泉一文字・公案由来の刀

    2018.05.02
  3. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  4. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  5. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  6. 今剣・義経の愛刀

    2018.02.10
PAGE TOP