free web hit counter
Loading

甲冑ブログ

南北朝・室町時代の胴丸

南北朝、室町時代の胴丸

胴丸の遺例は、既述の源平時代のものと目されている大山祇神社の紫韋威胴丸をのぞいて鎌倉未期をさかのぼるものは全く遺存していないといってよい。おそらく当時の胴丸は下級武士の用いるものとしてそれほど貴重されなかったためであろう。現存しているのはすべて鎌倉末期以降のものである。果していつ頃から筋兜や大袖を具足して盛行したかは判然としないが、構成の技法や意匠の面から鎌倉末期と推定される様相を示しているものがある。大山祇神社の薫韋威胴丸片袖付などはその好例である。以下、甲冑の種類の項と重複するところもあるが、当期に属する胴丸の遺例を概観するとつぎのような特徴が認められる。
小札に平小札の札頭に撓めを入れて肉を厚くしたもの、盛上小札に、錆地盛上小札と剋苧盛上小札がある。
威毛は韋と組絲があり、組絲は総じて幅の狭い薄手の八ッ組絲で、撚絲の組絲である。威毛の色目は肩異色・中異色・色々威・段々威などがあり、褄取・沢潟威などは胴丸にはほとんどみられない。菱縫に紅韋・朱描・紅絲がある。金具廻との仕付けは啄木の花鍼を普通とし、耳絲は亀甲・畦目は啄木を用いている。胴の形制は立挙前二段・後三段・衝胴四段草摺八間五段下りで、胸板・両脇板の他に綿噛の背の押付に別に金具廻をつけ、同二の板に幅の短い逆板をつけ、それに総角付鐶を打ったものがある。胴丸の胸板は鎧の如く柵造とせず、一枚板状のものを使用し、したがって境粧板をつけず小札頭と花鍼付にして綴付けている。なお胸の高紐は胸板の内側に仕付けたものと、胸板の裏から外側に引通して高紐の綰を表から出したものがある。また綿噛に障子板を立てたものもある。ハ双鋲は笠鋲だけのものを一個ないし二個ずつ打ったものと入八双座をつけたものがある。胴丸の袖は小札板七段下りを普通とし、折冠板に裾広の小札板をつけたいわゆる広袖や裾窄りの壺袖をつけたものもある。そして綿噛の手先に杏葉を下げる。金具廻・革所の包韋はほとんどすべて牡丹獅子文絵韋包で、後になるといわゆる藻獅子文絵韋を用いている。金具廻には絵韋包・薫韋包・鮫皮包・黒漆塗などがあり、また縁を折返して耳をつけたものもある。以上にのべた手法や意匠の相違はいずれが先でいずれが後かということはにわかに決し難いが、綿噛の背面の押付に金具廻を取付けたり、高紐の綰を胸板の外面から出した手法などは実用的な経験から生じた装置であるから発展の順序が認められよう。

大山祇神社の胴丸

現在、国宝・重要文化財・重要美術品に指定及び認定されている胴丸は五十領を数えるが、大山祇神社には胴丸二十四領があって約半数を占めている。
二十四領の中から代表的なものを挙げて、その特色を解読する。

重文 紫韋威胴丸 片袖付
重文 紫韋威胴丸 広袖付
重文 薫威韋胴丸 大袖付
重文 薫韋威胴丸 大袖付
重文 藍韋威胴丸 大袖付
重文 藍韋威胴丸 大袖付
重文 藍韋威肩中白胴丸 大袖付
重文 薫韋威胴丸 兜・大袖付
重文 紅綾威肩腰萠黄綾胴丸
重文 薫韋包胴丸 広袖付
重文 藍韋威胴丸 大袖付
重文 色々威胴丸 兜・頬当・大袖・籠手付
重文 紺絲威胴丸
重文 洗韋威 大袖付

紫韋包胴丸 片袖付

この胴丸は、衝胴四段は碁石頭の鉄黒漆塗の伊予札を用い、立挙と草摺三段目までは撓を入れた黒漆塗の鉄と革の小札を一枚まぜにして紫韋で威している。胸板と袖の冠板および綿噛は紫韋包とし、両脇に金具廻をつけず小札頭を韋で包んである。胸板は柵造りで内側に高紐の綰を出し、表は菱綴留めにしてある。境粧板や八双鋲をつけず、背面立挙の一の板と三の板の両側に袖の懸緒と水呑緒を結留める綰をつけているなど、袖の小札板が六段仕立であるのとともに頗る古風な仕立である。菅田天神社の小桜韋威返鎧の衝胴に平小札にまじって碁頭の伊予札がある。元来のものではなく後補のものかも知れないが威毛の小桜韋から鎌倉時代を降らぬものと認められる。この胴丸も伊予札の手法や裾広の形姿などから推して鎌倉末期のものと思われる。

紫絲威胴丸 広袖付

この広袖付胴丸は立挙前二段と後三段および草摺七間五段下りのうち、立挙から草摺三段までを古風な伊予札をもって仕立、紫韋で威し、畦目の菱縫に朱描をほどこした裾開きの素撲雄大な胴丸で、胸板は柵造りで綿噛の背面押付の一文字下とも黒韋包の境粧板をつけてあるが、八双鋲を用いず総て韋をもって綴付けている。なお綿噛には韋包の障子板をつけ、両肩に折冠板に一段は伊予札、二段と三段は撓入平小札を用いた古雅掬すべき、広袖を執加緒で結留めてある。これも鎌倉末期に比定してよかろう。

薫韋威胴丸 大袖付

この胴丸も立挙から草摺の二段目まで伊予札で、草摺裾三段と大袖七段とは撓入平小札で仕立て、一枚板造の胸板と綿噛の背の押付板は下端に一文字を圧出し、棚造の袖の冠板とも堤耳をつけ革包の表面に塗漆をほどこしている。境粧板を設けず、鍍金無文の入八双座に笠鋲二個を打ち、大袖には同入八双金物に腰の低い切子頭総角付鐶台を打っている。なお背面押付の金具廻に背溝をつくってあるのは特に注目すべきであろう。また背面二の板に入八双座に切子頭台付素鐶を打ち、木綿の総角をつけてある。大袖の受保緒懸緒にも木綿角打紐の根緒が残っている。この緒はもめんのようにみえるが、楮の繊維の組絲である。
この胴丸の大袖には、一段目の威毛に薫韋を籤に丸ぐけした袖印の旗の横上が韋で結び留めてある。旗は片方欠失している。厳島神社の小桜韋威黄返鎧の大袖にも一の板に袖印付の乳韋をつけてあるが、袖印旗を残しているのは、これが最も古い遺例である。これも建武のころを降らぬものと推定される。

薫韋威胴丸 大袖付

この胴丸も衝胴四段を伊予札とし、立挙・草摺・大袖の七段は撓入平小札を燻韋で威し、耳絲は亀甲、畦目は啄木、菱縫は紅絲は紅韋で綴じている。胸板と袖の冠板は柵造にして、まだ形式化しない文様の菖蒲韋の境粧板と端喰をつけ、鍍金無文入八双座付菊笠鋲二個ずつの八双鋲を打ち、総角付鐶と袖の笄金物の鐶には切子頭の台を打っている。そして綿噛に大山祇神社の胴丸特有の形状をした障子板を立てている。引合せの脇板と射向の脇板をつけており、胸板の高紐は胸板の内側から出している。前者と同形同様の胴丸で、ほとんど同時期の製作になるものであろう。

藍韋威胴丸 大袖付

この胴丸は衝胴四段を伊予札で仕立ててあり、胸板・両脇板・背面の押付・袖の冠板の金具廻は、皺韋包とし、鍍金の覆輪を懸けている。そして柵造りの胸板、袖の冠板に境粧板をつけてあるが、特に背面の押付板に境粧板をつけた他に例のない仕立てであって注目に値する。入八双座付菊笠鋲の八双金物や水呑緒鐶の金物、総角付鐶の切子頭台菊座金物など古雅掬すべきものがある。

藍韋威胴丸 大袖付

錆地盛上本小札を藍韋で威し裾広がりの雄偉な形姿に仕立てた胴丸である。境粧板や、八双金物など元来付けなかったもののようである。押付に金具廻をつけず、押付の一の板に幅の短い小札板を威下げて逆板としてあるのが注目される。なお、この胴丸の胸板にみられるような両片山形の形状は、大山祇神社特有の形態であって、他にはみられない形式である。南北朝の正平ごろの胴丸とみられ簡素な仕立ながらこの期の特色をよく示している胴丸である。

藍韋威肩腰白胴丸 大袖付

藍韋威肩腰白胴丸 大袖付

これは立挙と草摺二段目までを白綾で、他は藍韋で威した胴丸で、金具廻は牡丹獅子文絵韋で包み、鍍金覆輪をかけ、綿噛には障子板を立ててある。裾板の畦目と菱縫に紅韋をほどこしてあるのも古風であるが、小札は錆地盛上本小札で前掲胴丸と同様正平頃のものである。

薫韋威胴丸 兜・大袖付

薫韋威胴丸 しころ・大袖付

錆地盛上本小札を薫韋で威し、畦目、菱縫は朱描をほどこす。衝胴は普通四段のところ三段としてある。胸板・押付板・袖の冠板は黒漆塗とし縁は折返耳につくる。綿噛は漆塗革包で、八双金物は鍍金無地入八双座菊笠鋲を一個ずつを打つ。大袖は七段、しころは四段で、三段を急角度に吹返している。鉄錆地二十四間星兜鉢は元来のものではなく、別物を明治の修理の際取付けたのである。鉢裏後中板に「大作(花押)」の鐫銘がある。この兜鉢はおそらく室町時代の地方作であろう。衝胴三段ながら頗る雄大な胴丸で、簡潔な仕立と相まって戦陣に起き伏しあかした武士の枯淡な姿が偲ばれる。南北朝を降らぬものと思われる。

薫韋包胴丸 広袖付

立挙前に二段後三段を伊予札、衝胴三段と草摺八間四段は本小札をもって仕立、表面を薫韋で総包とし、各段ごとに洗韋(白韋)をもって菱縫に綴付けた韋包胴丸である。胸板・両脇板・袖の冠板は一枚板造りで牡丹獅子文絵韋で包み鍍金の覆輪をかけてある。広袖は五段下りで、異形な冠板をつけている。韋包胴丸の遺例は極めて少なく、おそらくこの一例に過ぎないのではあるまいか。

紅綾威肩腰浅葱綾胴丸

紅綾威肩腰浅葱綾胴丸

黒漆塗錆地盛上本小札の鉄小札と革札を一枚まぜとし、立挙は浅葱綾衝胴三段は紅綾・衝胴一段と草摺八間五段は紅綾をもって威し、耳絲は亀甲・畦目は啄木、菱縫は紅絲をほどこす。金具廻は薫韋包とし鍍金の覆輪をかけ、八双金物は鍍金魚子地菊唐草線彫入八双座に小笠鋲二個ずつを打つ。綿噛は黒漆塗研出鮫皮包である。現存胴丸中で南北朝時代の綾威胴丸の例は他に見聞しない。これも唯一の遺例であろう。

薫韋威胴丸 大袖付

室町初期の典型的な胴丸の一例である。すなわち黒漆盛上本札や入八双唐草透彫座に牡丹笠鋲を二個ずつ打った八双金物、あるいは金具廻や革所のいわゆる藻獅子韋に紅白抜の五星韋の小縁をつけ、色絲で、伏組をほどこし鍍金の覆輪をかけた手法など、茱莢鞐の魚子地唐草鋤彫の細部に至るまで、総じて精巧を尽しているが、その手法や意匠には前代のものに比し、いちじるしく固定化したところが窺われる。ただし胴丸として完成の域に達した作域を示す格好の遺例である。裾板の菱縫に紅絲をほどこすのは室町時代に入ってからで、前代のものは紅韋もしくは朱描菱である。

紺絲威胴丸

きわめて幅の狭い黒漆盛上本小札を紺絲で威し、胴は縄目毛引威しとし、草摺は素懸に威してある。構造は立挙前二段・左右脇、二段とし、衝胴は五段、草摺は十一間五段下りに仕立て、金具廻、革所は黒漆塗皺韋で包み、山金の覆輪をかけ、引合せの脇板は前後とも山形と比礼形の二間ずつをつけ、射向の脇板は中央の山形の前後に比礼形をつけて三間とし、白絲の花鍼付に八重菊笠鋲二個ずつの八双鋲を打つ。高紐・脇紐は白丸打紐をつける。胴尻がいちじるしく引締って、草摺は十一間に分かれ、脇板が二間ずつと三間に分けるなど、普通の胴丸にはみられない構造である。ただし室町末期の当世具足の先駆ともみるべき胴丸である。

色々威胴丸 兜・頬当・大袖・籠手付

色々威胴丸 兜・頬当・大袖・籠手付

紅・紺・黄・萠葱・茶・啄木などの色絲で、各段各間ごとに色を違えて威した胴丸で、阿古陀形黒漆塗二十八間鍍金総覆輪筋兜、朱漆塗頬当・大袖・三本篠間鎖繋籠手を具足した胴丸で、室町末期の当世具足の一種に数えてしかるべき末期的特徴のいちじるしい胴丸である。

洗韋威大袖

洗韋威大袖

この大袖は境粧板の下に当たる一段目の小札板に「嘉吉三暦仲呂吉日 桑原越智通則」の墨書がある紙片が貼ってある。甲冑の紀年銘として最古のものである。またこれには執加緒と掛緒を結付けたままの綿噛を切放した断片がついており、袖付けの故実が知られる。大山祇神社の胴丸について概略、その様式変遷のあとを追って解説を試みたが、南北朝時代と室町時代との接する期間のものには判然と区別すべき様相の変化が認められない。むしろこの頃の胴丸は、兜・大袖を具備した胴丸として、意匠技法ともに発展の頂点に達したものと考察される。それ以後の胴丸筋兜は次第に末期的様相を呈しているが、それは戦国時代の近代的当世具足への転換期の様相ともみられるのである。

その他の胴丸

つぎに大山祇神社以外の胴丸の代表的なものについてみると、

国宝 黒韋威矢筈札胴丸 二十四間筋兜、大袖付 春日大社
国宝 黒韋威胴丸 三十二間筋兜、大袖付 厳島神社
重文 縹絲威胴丸 四十八間総覆輪筋兜、大袖 岡山美術館
重文 黒韋威胴丸 広袖付 壺井八幡宮
重文 樫鳥絲威肩赤胴丸 三十二間総覆輪筋兜、大袖付 秋田一季氏
重文 白絲威肩赤胴丸 四十四間総覆輪筋兜、大袖付 櫛引八幡宮
重文 色々威胴丸 阿古陀形三十間総覆輪筋兜、大袖付 島津貴久奉納 鹿児島神宮
重文 紺絲威胴丸具足 四十間筋兜、大袖、喉輪、籠手、臑当、佩楯付 織田信長所用 建勲神社

黒韋威矢筈札胴丸(春日大社)

立挙から草摺二段目までを鉄黒漆塗矢筈札で仕立てている。矢筈札というのは、一枚の小札頭に二枚分の小札頭に切組んだものである。この胴丸の小札頭は正確には矢筈形ではなく、本小札の札頭二枚分を切組んだものである。この切付札を一般に伊予札と称しているが、大山祇神社にはこの種の小札は見当たらない。しかもこの胴丸は兜の受張りの心に、奈良の甲冑師がよく用いる藺蓆を入れてあるところから推すと伊予出来の胴丸でないことは明らかである。したがって、この種の小札を伊予札と呼ぶのは至当でないように思われる。
仕立は通行の胴丸の形制になるが、延板造りの大形の胸板と両脇板をつけ、裾開きに仕立て、七段下りの大袖を具足し、黒漆塗二十四間筋兜鉢にしころ五段を饅頭形に垂れ、四段を大きく吹返した形姿はいかにも堂々とした雄偉な趣を呈している。菊文の文金物を打ってある大形の杏葉は仕付紐の操作で肩に引上げられる仕組みとなっており、着用の古実が窺われる。なお背面二の板に総角付鐶台座を打った逆板を綴付けているのも胴丸の古様を示すものである。楠木正成奉納と伝えているが、まさにその時代が首肯される胴丸である。

黒韋威胴丸(厳島神社)

胸板と背板は比較的狭小で、長めの小札をもって衝胴を上下同幅に仕立ててあるので長大にしてしかも端整な形姿を呈している。金具廻、革所の仕立や八双金物などの手法はきわめて精緻で、とくに透菊二重座切子頭台の総角付鐶金物の意匠技法は見事である。
兜は鉄地黒漆塗二方白三十二間筋兜で筋は黒漆で塗込め、天辺孔を楕円形にあけて菊座玉縁をつけて八幡座としてあるのが注目される。しころは四段で三段を吹返している。草摺の菱縫は紅韋で、しころの菱縫は朱描をほどこしている。威毛の黒韋とは黒染ではなく、藍で濃く染めた深藍色をいう。南北朝時代の胴丸である。

縹絲威胴丸(岡山美術館)

立挙から草摺の三段目まで鉄札と革札を一枚まぜにした裾開きの雄大な胴丸で、黒漆塗二方白四十八間総覆輪筋兜が具足している。しころは四段で三段を大きく吹返している。眉庇に鍍金魚子地の秡立のついた大鍬形台を打ってあるが、実際この大鍬形台に鍬形を挿したものかどうか疑わしい。元来の鍬形台ではない。大振の杏葉がある。この胴丸は遠野南部家に伝来したもので、南部政長が後村上天皇から拝領したものと伝えている。

黒韋威胴丸(壺井八幡宮)

小札は錆地盛上黒漆塗、草摺三段まで鉄革一枚まぜ、小札と金具廻の地鉄は厚く重量がある。威毛黒韋、耳絲亀甲、花鍼畦目啄木、菱縫浅葱絲、金具廻牡丹獅子文絵韋包、小縁紅白拔五星韋、八双鋲鍍金魚子地桐枝文彫入八双座桐文笠鋲二個ずつ、総裏馬革留塗包、綿噛牛革五枚重表裏漆塗、広袖、冠板折返、垂七段、境粧板菖蒲韋包。折冠七段下りの広袖をつけた室町前期の胴丸である。樫鳥絲威胴丸・白絲威肩赤胴丸(櫛引八幡宮)は、威しの色目と八双金物、据文金物の意匠を異にするほか、全く同形同様の精巧な技法になる胴丸であって、胴が裾窄りになっている点などから、室町時代前期に属するものとみられる完好な遺品である。

色々威胴丸(鹿児島神宮)

これは裾窄りの胴の形状、八双金物における透彫の手法、金具廻、革所の藻獅子韋の意匠、小縁に五星韋に代わって菖蒲韋を用いていること、また阿古陀形三十間総覆輪筋兜のしころ三段の二段を吹返し笠しころとなっていることなど、総じて意匠技法は細密ではあるが形式化したところがうかがわれる。室町中期の典型的胴丸である。

紺絲威胴丸具足(建勲神社)

草摺十二間五段下りの胴丸で、兜は黒漆塗片白四十間筋兜で、しころは三段を下げ、二段を吹返し、笠しころとなっている。大袖、杏葉のほかに、喉輪・篠籠手・篠臑当・亀甲札繋・佩楯・保呂串・采配・鞭などを具足している。要するに当世具足の盛行時代に伝統的な胴丸の形制を墨守して作出された甲冑である。据文金物と前立の帽額紋は織田信長の家紋である。

南北朝・室町時代の甲冑その2

甲冑師について

関連記事

  1. 鎌倉時代の甲冑

    2018.09.01
  2. 南北朝・室町時代の腹巻

    2018.09.10
  3. 奈良時代の甲冑

    2018.09.01
  4. 南北朝・室町時代の甲冑その1

    2018.09.05
  5. 安土・桃山時代以後の具足

    2018.09.10
  6. 小具足の種類

    2018.08.31
PAGE TOP