free web hit counter
Loading

甲冑ブログ

甲冑の各種名称

総角(あげまさ)

揚券とも書く。丸打紐・角打紐を十字形に結んだ飾り紐である。甲骨の兜の後勝鐶と背面の逆板、または後中に取り付ける。胴の背につける総角は最も大きく、太い赤組紐を結びこれに袖の懸緒・水呑緒を結んでいる。

家地(いえじ)

甲冑に用いられる布裂地をいう。錦・金襴・銀襴・緞子・繻珍、麻などを用い、これに小札または鎖・板金などを縫つけ籠手・佩盾・臑当を形づくっている。

威垣(いがき)

兜鉢の下縁廻りの腰巻の上部に張りつけている鍍金の飾り板金で、筋兜に多く、筋の上にかむせる鍍金の覆輪とともに仕立てられていることが多い。各間花先形、あるいは猪目造をほどこしたものもある。端籬の意味から囲垣・威垣に転じたもので、鎌倉時代末期よりあらわれ、室町時代の筋兜にもっとも盛行する。

畦目(うなめ)

菱縫板の菱縫の上に横に綴じて畦のように表わしている飾り縫い。古くは菱縫糸と同じ猿鞣、または紅組糸を用いた。後には啄木組糸がもっとも多く用いられた。または韋・糸を省略して朱漆で描いたものもある。

金具廻(かなぐまわり)

甲冑はおもに小札で出来ているが、その要所は鉄板金をもって防禦している。いわゆる胸板・押付板・大袖・栴檀板の小札の上についている各冠板、および全部鉄板である鳩尾板・壺板・兜の眉庇・肩の障子板等をいう。通常絵韋で包み、五星韋か菖蒲韋の小縁を廻し、色糸の伏縫をほどこし、鍍金の覆輪をめぐらしているが、小縁・伏縫をはぶき、薫韋・鮫韋で包んだり、漆塗をほどこしたものもある。

衝胴(かぶきどう)

展開すると長くなるので長側ともいう。小札を横綴じ、胴の廻りを包み防禦する部分である。四段仕立が最も多く、上に立挙・下には草摺をつける。鎧では前に弦走りを張り、右脇には別に脇盾をつける。胴丸は脇盾がなく、右前で合わ せ、腹巻は背面で合わせる。

韋所(かわどころ)

金具廻りと小札を包む韋。胸板・脇板・押板・こうもりづけ、絃走り、吹返しなどに用いている韋をいう。古くは獅子襷文の染韋が用いられ、鎌倉以降、近世まで獅子牡丹文がもっとも多い。この種で天平韋・正平韋などがあり、不動尊韋・菖蒲韋などがある。そのほか無地では黒韋・鮫韋・漆塗韋などもある。染韋は鹿鞣をもっとも多く用いる。

鳩尾板(きゅうびのいた)

大鎧のみに具備するもので、右の栴檀板と対になり、左胸の高紐・胸部を防禦する。その形が鳩の尾に似たとこからこの名が生じたという。鉄板で染韋で包み、覆輪をまわしている。

草摺(くさずり)

胴の周囲腰下に垂れて下半身を防禦する部分。裾が草を摺るのでこの名が起こったという。鎧は四間で、左は射向、または弓手草摺といい、後は引敷の草摺という。胴丸・腹巻となると走駆するのに便なるよう数多くなり八間・七間となる。

鍬形(くわがた)

前立の一種であるが、もっとも古くから多く用いられた。長野県清水寺のものがもっとも古く、鉄板製で獅噛を象嵌している。源平時代以後は銅製鍍金製で、長大であったが、南北朝時代には丈低く先端が幅広くなり、室町時代になると一段と小形になり、中央に秡立を立てたり、神号を透彫したものがあらわれた。

下散(げさん)

中世甲冑の草摺を具足では下散という。草摺は胴に威毛で取付けているが、下散には別仕立で鞐で取はずし可能なものもあり、間数も胴丸の八間、腹巻の七間に限らず、六間ないし十三間と多いものもある。

化粧板(けしょうのいた)

境粧板ともいう。金具廻りを小札に取付けた境の所にほどこす飾りの包韋の部分。金具廻りの下端を低く棚造りとし、その上に化粧板を重ね八双金物をうつ。通常檜杙に菖蒲韋で包んだものが多い。大袖・胸・脇・背の冠板の下端にほどこしている。

笄金物(こうがいかなもの)

袖の三・四段目にとりつける水呑緒鐶の座金で、その形が細長く(髪掻き)の柄の形に似ているのでこのように呼ばれている。古くは水呑鐶だけで、この笄座金はつけなかったが、鎌倉末期よりあらわれ無文・毛彫り・透彫・高肉彫がある。先を花先形・猪目透しをほどこしたものがあり、室町以降は菊枝彫がもっとも多く用いられた。

小札(こざね)

甲冑の胴と草摺、および兜のしころに用いられる。威毛とともに甲冑のもっとも主要な部分である。別名さねとも呼び、もっとも一般的なものが革または鉄板を材とした縦長の小形のもので小札の名がある。初期式正鎧には幅広い平札が多く、時代が下るにしたがいその幅が狭くなり、漆を塗り重ね、漆錆を盛ったりして漆があつくなる。

籠手(こて)

甲冑の小具足の一つで、手を籠めつつむもの。通常家地に鉄の板札・鎖・手甲を縫いつけ、手を包み防禦する。

小縁(こべり)

縁韋とも称する。染韋の周囲にめぐらし、通常紅地に白丸文を五点染抜いた五星韋がもっとも多く、菖蒲韋がこれにつぐ。絵韋との間は伏縫を設ける。
しころ
兜鉢の後頭部から頭にかけて防禦する小札の綴板。上より鉢付の板・二の板・三の板と名づけ、最下段を菱縫板と称する。前の左右の両端は折返して吹返しと称し、染韋で包み、据文金物を打つ。全体の形姿より、杉立形・饅頭形・笠形などがある。

臑当(すねあて)

脚のすねを防禦するもの。通常鉄または革で作る筒臑当がある。また家地に鉄の篠形金を打った篠臑当・鎖を用いた鎖臑当がある。

栴檀板(せんだんのいた)

大鏡の右胸に垂れ、その鳩尾板と対をなす。仕立は袖と同じで冠板に垂れ三段を付し、屈伸自在で右手の運動に便になっている。

立拳(たてあげ)

甲冑の胴部に続いて上に立上っている部分で、胸と背にあたる。鎧・胴丸では前が二段・後が三段で、腹巻は前後とも二段が普通である。

立物(たてもの)

兜につける標識・飾りとしたものをいう。通常前に立てるものがもっとも多く、前立といい鍬形などはこれにあたる。その他に後立・脇立・頭立などがありこれは当世具足に多い。戦国時代には群雄割拠の時代を反影して立物は兜の変形ととも各種のものが現われた。鹿角・水牛角・家紋・一谷・半月・歯朶などがある。

壺板(つぼいた)

大鎧の右脇は脇盾で防禦するが、脇盾の上部にあたる壺状の湾曲した鉄板をいう。古くは大形で時代が下るにつれ小形となる。壺板には壺孔を穿けて緒を通し着用する。

佩楯(はいだて)

草摺の下方、腰当の上を防禦する鎧で、家地に小札を縫いつけて、上端の左右より出した紐で腰に廻し結ぶ。

菱縫(ひしぬい)

菱縫の板の下半にほどこされた斜十文字の飾縫い。古くは、畦目と同じく紅染の猿鞣を用いたり赤糸を用いた。また書菱と称し朱漆で描いたものもある。同じ斜十文字縫でも金具廻りと小札の綴じに用いた菱縫はこれをはながらみという。

吹返(ふきかえし)

兜の眉庇の左右が後に反り返った所で、しころの一・二または三段までをひねり返し、染韋で包み、据文金具を打っている。平安・鎌倉時代は大きく、近世には小さくなり、別途取付けたものもある。

鉢(はち)

兜の主体部。梯形縦長の鉄板をはぎ合わせて鉢を作っている。鉢には星鉢と筋鉢とがあり、その時代形態から大円山・後勝山・前勝山・阿古陀形などあり、戦国時代にはいろいろな変わり鉢があらわれた。

八幡座(はちまんざ)

兜鉢の頂きの孔を天辺の孔・頂辺の孔と称し、その周囲を八幡座という。古い時代の孔は大きく、時代が下るにつれ小さくなる。

八双金物(はっそうかなもの)

金具廻りと小札とを取りつけるときの鋲の座金として用いる。鉢付板・冠板の下・化粧板上に打つ。八双は八相・発装とも書く。先端が花先形、または魚尾状をなしている。毛彫・透彫をほどこし、鍍金したものが多い。

伏縫(ふせぬい)

金具廻り、韋所で、染韋と小縁韋が接しているところに各色糸で伏せ組にした飾縫いである。白・紅・紺など三色ないし四色の色糸で縫う。

水引(みずひき)

端喰ともいう。金具廻りと小札の間の化粧板の下にほどこす飾で、紅染韋と白綾でほどこし、進物用の水引に似ているのでこの名が呼ばれたという。後には紅綾・白綾が多く用いられた。

耳糸(みみいと)

威毛の左右両端部を威す別の韋または組糸をいう。鹿韋の薫韋・白韋・組糸の白糸・縹糸などもあるが、もっとも通常のものは亀甲組糸である。古くは鷹羽打・啄木打なども用いた例がある。両端のため威毛の中でもっともいたみ易い。

脇盾(わいだて)

大鎧にのみ付属するもので、右脇を防禦する。壺板に草摺を蝙蝠付けでとりつけている。

南北朝・室町時代の腹巻

安土・桃山時代以後の具足

関連記事

  1. 南北朝・室町時代の甲冑その2

    2018.09.05
  2. 奈良時代の甲冑

    2018.09.01
  3. 鎌倉時代の甲冑

    2018.09.01
  4. 南北朝・室町時代の腹巻

    2018.09.10
  5. 安土・桃山時代以後の具足

    2018.09.10
  6. 甲冑師について

    2018.09.10
PAGE TOP