free web hit counter
Loading

甲冑買取品目

甲冑

甲冑は小札、金具廻り、金物、革所、威毛と呼ばれる五つの部分から構成され、鍛鉄、皮革、漆芸、染色、組絲芸術、彫金を総合した造形上の美からくる作品であり、往古の武士が着用した戦場の道具です。甲冑とは胴部を守る鎧(よろい)と頭部を守る兜(かぶと)からなる武具です。この鎧と兜を合わせて甲冑といいますが、後世は袖や臑当、籠手など揃ったものを称して甲冑、鎧兜などといいます。武士の隆盛とともに、武士の晴れ着として意義付けられ、着用者の人格を表徴するようになり、作域はしだいに刀装具同様に美術工芸的にも留意されるようになりました。甲冑を作る職人を甲冑師、鎧師と呼びます。現代の甲冑師と違い、昔の甲冑師の手に成った甲冑の部分は、だいたい一人の作者の手ですべてが作られたのではなく、江戸時代中期以降の一部の明珍系のものや、一部の岩井系のものは鍛鉄、鍛革から漆塗り、絲韋の製作と威し、家地の縫上げから一切の構成まで行った例も多くみられますが、特殊な例であって、甲冑師とは古くより仕立ての家であり、それぞれの部品が別のところで作られたものを集めて構成するのが本来の仕事です。刀剣買取の鋼月堂では、刀剣だけでなく刀装具や甲冑・武具・馬具もお買取りしておりますが、下記にこれらの概要を書かせていただきます。

鎧(よろい)

よろいは「鎧」「甲」とも書き、備わる、着るという意味の具う(よろう)から出た言葉といわれ、これを中国風にいうと具足になります。鎧(甲、よろい)は戦闘時に敵からの矢や刀剣などの武器から防御する武具で、胴や胸の部分を守るのが主な目的です。

兜(かぶと)

かぶとは「兜」「冑」とも書き、鉢とシコロと呼ばれる部分から構成され、頭に被るもので、戦闘時に敵からの頭部、および首廻りへの攻撃を守る防具のことを指します。当世具足の兜の上に、獣毛を植えた布を着せることがあり、雨露を防ぐためであるとされ、これを兜蓑といいます。また兜の鉢につける飾り金物を立物といい、取り付ける位置により、前立・脇立・頭立・後立と呼ばれます。

国宝 紺絲威鎧・兜・大袖付

国宝 紺絲威鎧・兜・大袖付

大鎧・胴丸・腹巻・当世具足

平安時代以降の日本の甲冑は、時代変遷に伴い大きく分けて4つの形式に分類されます。騎馬武者時代の大鎧、徒歩戦に適した胴丸・腹巻、戦国時代末期の槍戦や鉄砲戦に対応し実用性に富んだ当世具足です。

小具足・三具

小具足とは鎧・兜・袖以外のものを指し、頭部を保護する面具(半首(はつぶり)・面頬(めんぽお))や喉輪(のどわ)、胴部を保護する満智羅(まんちら)・脇楯(わいだて)・脇当(わきあて)、腕部を保護する籠手(こて)、脚部を保護する草摺(くさずり)・佩楯(はいだて)・脛当(すねあて)・甲掛(こうがけ)などがあります。また籠手・脛当・佩楯を三具といいます。

目の下頬(めのしたぼお)

目の下頬

兜・鎧など甲冑を高価買取いたします

兜・鎧など甲冑は武具にだけに留まらず伝統美術品としての面も持ち合わせています。それぞれの時代の甲冑師・鎧師の名工が作り意匠と伝統的な工芸技術の面から見事な工芸品となっており多くの甲冑愛好家がいます。甲冑買取なら鋼月堂にお任せ下さい。

鐙・鞍などの馬具も買取いたします

江戸時代、室町時代、安土桃山時代などの鐙(あぶみ)、鞍(くら)、鞍・鐙の揃え、馬具も査定・買取いたします。

日本刀・刀装具のご売却なら鋼月堂へ

美術品商 古物商 大阪府公安委員会許可
第621170172210号
特定国際種事業者番号
S-0-27-00580

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

甲冑買取が初めての方へ

PAGE TOP