free web hit counter
Loading

兜・鎧・甲冑の画像査定

撮影した甲冑の画像をメールに添付して送るだけで簡単査定

デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンのカメラで撮影した兜や鎧などの画像を添付してお送り下さい。
最終的には実物査定にてご提示いたしますが、おおよその買取価格をお伝えできます。
ご売却をお考えの大鎧・星兜、胴丸、腹巻、腹当・筋兜、当世具足、復古鎧兜、鎧兜一式、小具足(面具、喉輪、脇当、籠手、佩楯、臑当)などの時代甲冑がございましたら、ぜひ一度ご利用下さい。

※実物査定に近い形で査定を行うには鮮明な複数の写真があることでより正確な査定ができます。
甲冑全体、兜、前立、鉢、胴、具足、鎧櫃、証書などの画像があればベストですが、最低限撮影していただきたいのは全体と兜、胴、鎧櫃です。

甲冑全体

甲冑の全体の画像を撮影して下さい。
甲冑が全体イメージがわかる画像をお送り下さい。

兜

兜の画像を撮影
兜(かぶと):兜は鉢(はち)と(しころ)呼ばれる二つの部分から構成されています。これに装飾のための立物などが付きます

前立:兜の前部につける立物で鍬形・半月・天衝・高角など
鉢:主に頭部を覆う部分
しころ:後頭部から首廻りを保護する部分

胴

胴の画像を撮影して下さい。
胴(どう):上半身から腰までを守る部分。立挙(たてあげ)と長側(衝胴)(かぶきどう)とに分かれています。

鎧櫃

鎧櫃の画像を撮影
鎧櫃(よろいびつ):鎧を入れておくふた付きの箱。具足櫃です。

メール画像査定(24時間受付中)
メール画像査定

 

LINE画像査定(24時間受付中)
LINE画像査定

PAGE TOP