Loading

刀剣ブログ

太刀と刀の違い

太刀と刀

太刀と刀の違い・区別

刀剣類でもっとも多く出てくる種別だと思います。
よく「太刀と刀は何が違うの?」と聞かれますが、基本的には同じものです。両者の相違点を挙げますと「時代の違い」「用途の違い」「銘を切る場所の違い」です。基本的に太刀は南北朝期以前、刀は室町期以降に作られたものです。もっとも後世に太刀を模して造られたものも沢山あるので一概に断定はできないのですが、基本的にはそういう違いがあります。用途の違いですが、太刀は馬上で用いるもの、刀は陸上で用いるものです。南北朝期以前の合戦は騎馬戦(一騎打ち)が主流でしたので、太刀は馬上で振ることを想定している為、長め(常寸が二尺五寸 約75cm)に造られています。一方、刀は室町期以降に合戦が歩兵戦(集団戦)中心となったので、陸上で振る事を想定しており太刀と比べると本来は短め(常寸が二尺三寸)です。

太刀と刀の展示方法

美術館や博物館で刀剣の展示を見る方はご存じかと思いますが太刀と刀では展示方法が違います。

太刀展示
太刀を展示する場合、刃を下にして展示します。
刀展示
刀を展示する場合、刃を上にして展示します

 

太刀は腰に佩く・打刀は帯に差す

また展示と携帯(差し方)で太刀であることが分かります。
元々、太刀は刃を下にして佩き、刀は刃を上にして差しています。その場合、本人から見て左側にあたる部分を表というのですが、太刀から見た表と刀から見た表では帯びている状態が異なるので、逆となります。即ち、太刀表は差裏で、差表は太刀裏になります。展示の場合は刃が下になっているのが太刀です。あと、例外はあるのですが、無銘の太刀はありません。無銘で二尺以上の長さがある場合全て刀となります。また室町時代には刀と呼ばず打刀と呼んでおり、短刀は室町時代まではこれが刀または腰刀と呼ばれていました。

大坂夏の陣図屏風
大坂夏の陣図屏風

太刀と刀の銘

太刀銘
太刀の銘:刃を下に向け茎を左に置いたときに銘が見える。これを佩表といいい、佩表に銘があれば太刀といえます。例外もございますので目安とお考え下さい。

刀銘
刀の銘:刃を上に向け茎の左側に刀工銘が見える。これを差表といいます。例外もありますのであくまでも目安とお考え下さい。

太刀買取

刀買取

画像:国宝 太刀 長船長光

延寿派・南朝方についた刀工集団

長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

関連記事

  1. 刀剣古典書物

    2018.02.27
  2. 日本刀の銘

    2017.06.28
  3. 日本刀の造り込み

    2018.02.10
  4. 日本刀の号とは

    2017.09.30
  5. 重要美術品について

    2017.11.25
  6. 日本刀に関する用語・ことわざ

    2017.09.10
PAGE TOP