Loading

刀剣ブログ

無銘 刀をお買取いたしました

無銘刀買取

無銘 刀をお買取いたしました

無銘刀買取

無銘刀買取

無銘刀買取

 無銘

買取方法:出張買取

刀を売るなら刀買取専門店へ

刀剣鋼月堂でございます。今回は大阪市内でのご依頼ということで出張査定にて刀をお買取いたしました。もう一口、短刀の名手と名声い美濃鍛冶、兼常の短刀はご相談したのち、委託販売にてお受けいたしました。日本刀の造り込みで鎬造りは刀、脇指に最も多い造込みであることから「本造り」とも別称されます。切刃造りが進化して、筋が棟へ寄ったもので、最初期の鎬造りには、まだ鎬筋が中央に近いものもありますが、これは時代の古さを示すもので片面が平造りの造込みは「片鏡造り」とよばれます。ご高齢で元気なうちに所持されている刀剣の行き場を決めておきたいということでお問合せいただきました。日本刀文化を次世代に、刀剣好きな方の元に届ける橋渡しが当店の責務を思っております。この度はご売却有難うございました。日本刀のことならお任せ下さい。

刀の買取について

日本刀の出張買取

日本刀の持込買取

日本刀の買取価格が気になったらまずは査定

日本刀の買取価格というものは状態、製作された時代、作者、流派など様々の要素によって市場価値が決まります。源清麿、長曾祢虎徹、正宗十哲、貞宗三哲など有名刀工の刀剣は市場でも高値で取引されています。(詳細は日本刀の買取相場をご覧ください)査定を出してみると購入された時よりかなり安かったということもあるでしょう。もし所持されている刀剣や日本刀がどの刀工なのか作刀された時代がわからなくでも、一度査定をしてみてはいかがでしょう。査定をしたら必ず売らなければいけないということもありませんし、お手持ちの日本刀の価値を知るためにもよろしいかと思います。画像を送るだけの査定方法ですのでお気軽にお申しつけ下さいませ。

日本刀・刀剣画像査定

日本刀の委託販売承ります

鋼月堂では刀剣交換会と呼ばれる刀剣商間で行われるオークションへの出品など日本刀や刀装具の委託販売を承っております。委託販売は買取と比べると売却まで日数、お時間はかかりますが高く売却することが可能です。原則、鑑定書の付いている刀剣が対象で、日本美術刀剣保存協会(日刀保)の鑑定書には価値が高いものから「特別重要刀剣」「重要刀剣」「特別保存刀剣」「保存刀剣」と4種類のランク付けがあります。また鑑定書がないお品でも高値で売却できる可能性がある作もあり、鑑定書を取得されその後委託販売というケースもございますので、まずはお問合せ・お電話下さいませ。

日本刀の委託販売

刀を売るなら実績多数の当店へお任せ下さい

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

橫山上野大掾祐定の脇差をお買取いたしました

国俊の短刀をお買取いたしました

関連記事

  1. 無銘 脇差をお買取いたしました

    2018.08.06
  2. 太刀を一振お買取いたしました

    2018.08.01
  3. 国俊の短刀をお買取いたしました

    2018.08.01
  4. 橫山上野大掾祐定の脇差をお買取いたしました

    2018.08.01
PAGE TOP