Loading

刀剣ブログ

上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀

上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀

上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀

刀剣は刀、太刀、脇差など刀種だけでなく時代によっても分類されます。また刀にもその時代によって流行り廃りがあります。

刀剣を時代で分類

上古刀(じょうことう)

通常、平安初期以前の刀は「上古刀(じょうことう)」と呼ばれ、美術品というよりも考古学の範疇となりますが、いわゆる日本刀を構成する要因となっているものは既に上古刀時代にほぼ整っています。この頃に製作されたもので、古書には記述がありますが、現在確認されている在銘作はみられず、ほぼ無銘です。

古刀(ことう)

平安後期から文禄(ぶんろく/1596年まで)までに作られた刀のことです。歴史の時代で言うと、平安、鎌倉、南北朝、室町、戦国、安土桃山時代の文禄までです。(安土桃山時代は古刀から新刀への過渡期になるため新古境とも呼びます)国宝に指定されている刀剣は、全て南北朝以前に製作されたものです。

新刀(しんとう)

慶長(けいちょう/1596年~)から宝暦(ほうれき/1764年まで)までに作られた刀です。江戸幕府初代将軍・家康の時代から10代将軍家治(いえはる/吉宗の孫)までの時代です。平和な時代が続いた為、元禄以降は極端に作刀数が減ります。また、脇差が多く、短刀が少ないのもこの時代の特徴です。重要文化財に認定された刀剣は、全て新刀以前に製作されたものです。

新々刀(しんしんとう)

江戸時代の明和(めいわ/1764年~)から廃刀令が発令された明治九年(1876年)までの激動の時代に作られた刀です。10代将軍家治の後期から明治天皇までの時代です。復古論を唱えた水心子正秀の影響で、新刀期には少なかった短刀がみられるようになります。国宝・重要文化財に指定・認定された刀剣はありませんが、重要美術品に認定された刀が数口あります。

現代刀(げんだいとう)

原則的には明治九年以降に作られた刀を指しますが、新々刀期に製作していた刀工の作は新々刀として扱うことが多いです。何が違うかというと、新々刀期の刀工の作は廃刀令以後の作でも特別保存刀剣以上になっているものもありますが、現代刀工の作はどんなに出来が良くても現状は保存刀剣留まりです。

古刀から新刀、現代刀まで日本刀高価買取ます
刀剣の買取ならお任せ下さい

五ヶ伝とは

刀・刀剣・日本刀売買には身分証明書が必要です

関連記事

  1. 日本刀の種類は?刀剣を形で分類する

    2017.05.10
  2. 日本刀名称・刀剣各部名称

    2017.06.27
  3. 刀剣古典書物

    2018.02.27
  4. 刀身彫刻・日本刀の彫物

    2018.06.02
  5. 日本刀の銘

    2017.06.28
  6. 日本刀の号とは

    2017.09.30
PAGE TOP