Loading

刀剣ブログ

歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

歌仙兼定

歌仙兼定(かせんかねさだ)

  • 指定:なし
  • 銘:濃州関住兼定(号 歌仙兼定)
  • 所蔵:永青文庫
  • 種別:
  • 流派:美濃

刀 銘 濃州関住兼定作 (号:歌仙兼定)

歌仙兼定

歌仙兼定

出典:細川家伝来戦国武将展細川家の至宝図録

歌仙兼定押形

歌仙兼定押形

歌仙拵

腰刻黒漆研出鮫打刀拵(歌仙拵)

優雅な号と残虐な逸話を持つ

本刀は、細川家の御家名物「歌仙兼定」です。号の由来は、肥後熊本藩初代藩主細川忠興(三斎)が二代藩主細川忠利の家臣の補佐が悪かったので、家臣三十六人(或いは六人)をこの刀で切ったことから三十六歌仙(もしくは六歌仙)に因んで付けられたと伝わっています。その後、五代藩主細川綱利の時に家臣の柏原定常が拝領、明治期に同家を出た後に、細川護立侯爵が買取、現在は永青文庫が所蔵しています。因みに、三斎が家臣を多数切ったという話は公式文書に記載はなく、細川家ではこの逸話を否定しています。ただ、歌人や文化人としても知られる三斎が如何にも付けそうな号と極めて気が短かったという三斎の性格から、今日でも「そのような逸話、三斎公ならさもありなん」と斯界でも思う人が多いのか、本刀と共にこの逸話は広く知られています。

末関を代表する名工の一人

兼定は、兼元と共に末関を代表する名跡で、殊に「之定」という通称がある二代和泉守兼定が有名です。しかし、和泉守兼定は有名な割にその出自や師伝ははっきりとせず、三阿弥派の兼長の子説、志津三郎兼氏の末裔説、奈良派の七郎久阿の子または兼常一門説など、資料や系図によりその出自に相違があり、定まっていないのが現状です。古説によれば、和泉守兼定と孫六兼元は共に初代兼定の弟子で、義兄弟の契りを結んだと言われていますが定かではありません。しかしながら、末関の数ある刀工の中にあっても人気を二分する程の二人ですので、同じ美濃国内で同時期に作刀している以上、大坂新刀の井上真改・津田助廣のように何らかの交流があったとしても不思議はないです。

二代和泉守兼定(之定)、会津十一代和泉守兼定について

拵は肥後拵の代表格

この刀は、姿は鎬造、庵棟、中鋒となり、やや先反りのついた、小振りの体配を呈している。地鉄は、板目に杢目、やや流れごころの肌交じり、淡く白気映り立つ。刃文は、湾れ調の直刃に、鎺元に大きな腰刃を焼き、小沸つき、匂口締りごころとなる。帽子は、直ぐに小丸、やや深く返る。茎は生ぶ、先栗尻、鑢目鷹羽となり、指表棟寄りにやや太めの鏨で「濃州関住兼定作」の長銘を切っている。本刀に付帯する拵は、「歌仙拵」と称される肥後拵を代表する意匠である。鞘は、黒の研ぎ出し鮫鞘に中央近くまで印籠刻みを施し、栗形と返りは黒塗りの角、下緒は金茶色の平組みを付けている。金具は、鐔は正阿弥作の鉄鐔に影蝶透し、柄は黒塗り鮫を着せて、熏韋でつまみ巻にし、目貫は金無垢の鉈豆を用いている。如何にも三斎が好みそうな拵で、人気が高く、今日でも写しを作る人がまま見られます。

歌仙兼定の展示情報

「永青文庫展示室開設10周年記念特別展 細川ガラシャ」2018年8月4日(土)~9月24日(月)熊本県立美術館 で展示されます。機会があれば是非ご覧になってください。
全国の刀剣展示会情報はこちら

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

関連記事

  1. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
  2. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
  3. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  4. 篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

    2017.08.22
  5. 鶴丸国永・謎に彩られた五条国永の代表作

    2017.10.06
  6. 大般若長光・異例の代付で知られる太刀

    2017.08.04
PAGE TOP