Loading

刀剣ブログ

観世正宗・観世左近所持に因む

観世正宗

観世正宗(かんぜまさむね)

  • 指定:国宝
  • 銘:無銘 相州正宗(名物観世正宗)
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 種別:
  • 流派:相州伝

観世正宗

観世正宗

国宝 刀 無銘 相州正宗(名物観世正宗)出典:昭和大名刀図譜

観世正宗

観世正宗

観世正宗

号の由来は、能楽の観世左近の所持に因む

本刀は、享保名物帳所載の名物「観世正宗」です。号の由来は、能楽の観世左近の所持に因みます。享保名物帳によれば、観世家から徳川家康に渡り、その後、徳川二代将軍の徳川秀忠へ、元和二年(1616年)秀忠から息女千姫が興入れの時に本多忠刻が拝領し、のち松平光長に(大猷院殿御実紀(徳川実紀)によると寛永六年十二月七日に家光より中川江を、秀忠より観世正宗を下賜されたとあります)、さらに元禄十年(1697年)徳川五代将軍の徳川綱吉より甲府中納言(のちの徳川六代将軍の徳川家宣)が拝領しています。以後、将軍家の蔵刀となり、明治維新の折に将軍慶喜から有栖川宮熾仁親王に献上し、同家を継いだ高松宮家から国が購入し現在は東京国立博物館所蔵です。鞘書には「元禄十巳年十一月十日桜田御殿江初而御成時 常憲院様方 文昭院様江被進 觀世正宗御刀 代七千貫 長貮尺寸三分」とあり、元禄十年の拝領のことが記されています。

正宗ならではの沸出来の典型作

姿は鎬造、庵棟、磨上げながらやや反り高く、中鋒延び、やや細身である。 鍛えは板目肌よくつまり、地沸厚くつき、地景頻りに入り地斑交じる。 刃文はのたれ調にやや荒目の沸が厚くついて匂深く乱れ刃となり、互の目交じり、足よく入り、砂流しかかり、金筋・稲妻頻りに入る。帽子は乱れ込み、先掃かけ、尖りごころに返り、表裏に飛焼かかり金筋見事に入る。 彫物は表裏に棒樋を掻流し、表茎中に梵字、素剣の浮彫、裏同じく梵字下に倶利迦羅の浮彫がある。茎は大磨上げ、先剣形、僅かに反り、新疆目筋違、目釘孔二、無銘である。元来は細身で寸法が長い太刀だったことが想像され、この作は正宗としては完成された作風であるところから晩年作とみられています。地鉄のよさ、とくに沸の煌めきは無類で地景が見事で、刃文の働きも正宗ならではの沸出来の典型作です。

相州正宗についてはこちらをお読みください。

観世正宗の刀剣展示

観世正宗は2019は2月19日(火) ~ 2019年5月12日(日)まで東京国立博物館で展示され、2020年は2020年3月10日(火)~6月14日(日)まで東京国立博物館本館13室で国宝 太刀 綾小路定利、国宝 太刀 長船長光ともに展示予定です。相州正宗の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

観世正宗押形 出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

狐ヶ崎為次・梶原景茂を討ち取った太刀

三ツ鱗紋兼若・初代兼若の傑作

関連記事

  1. 信濃藤四郎・庄内藩酒井家伝来の短刀

    2019.12.01
  2. 姫鶴一文字・上杉景勝の愛刀三十五腰の一口

    2019.09.07
  3. 江雪左文字・徳川頼宣の愛刀

    2017.12.14
  4. 鳴狐・希少な遺例を今に伝える唯一無二の打刀

    2017.08.02
  5. 城和泉正宗(津軽正宗)・最も正宗らしい代表作

    2019.10.07
  6. 太郎太刀・豪傑真柄十郎左衛門の愛刀

    2018.03.03
PAGE TOP