Loading

刀剣ブログ

日本刀の価値を知りたいなら

日本刀の価値

日本刀の価値・評価・価格づけについて

日本刀・刀剣類は古美術品のすべてがそうであるように、刀もまたまったく同じものが二本とありません。したがって日本刀の価値も厳密みは1本づつ吟味した上でないとつけれないということになります。しかし、商品として世上に流通する以上、おおよその「相場」というものがあります。古い時代から多くの先人によって格付けされた「位列」と現在、刀剣商として日々の売買に従事している私ども専門家、さらに刀剣研究家などの見解や意見を参考につけられたものです。同じ刀工の作品でも出来の良し悪し、定寸の刀を基準にすると脇差や短刀の場合、また疵の有無でも変わります。例えば虎徹や助広でも長い作刀歴のうちでは優秀作もあれば平凡作もあります。所持されている日本刀の価値が知りたい方は一度、私どもにお問合せ下さいませ。長年の目利きにて現在の正当な評価をさせていただきます。

日本刀の価値

日本刀の価値をどう評価するかによって買取価格が変わります

日本刀の売却される際には、御刀の価値をどう評価するかによって査定価格・買取価格は変わります。鋼月堂では刀剣商としての長年の経験・目利きで正当な評価査定をさせていただきます。
磨上げのもの(ことに新刀)、錆も地刃ともに錆でおおわれたもの、疵も埋金、地割れ、ひどい朽ちこみなど状態によって価値評価は変わり、研ぎ減りや地刃の疲れは古刀と新刀・新々刀ではかなり評価も変わります。もちろん歴史歴な伝世品や資料価値の高い刀や古い時代の折紙がついたもの、刀身に彫物があるもの(入念精密な彫りだと更に)、鑑定書があるものはプラス評価になります。買取相場については別ページにて詳細に記載しておりますのでぜひご覧下さいませ。

日本刀の買取相場

鑑定書について

日本刀の査定買取方法

無銘の日本刀の価値について

在銘・無銘問わずまずは画像査定をご利用下さい

無銘だとしても作刀された時代で評価や価値が異なります。実際、南北朝以前に作られた日本刀には、無銘でも国宝があります。室町以降に作られた日本刀でしたら無銘は減点対象で、在銘が基本の江戸期以降に作られた日本刀だとかなり減点対象となります。もちろん時代だけではなく、作者及び流派、前述の刀の出来や保存状態などいくつかの要素を複合して評価査定しますので価値が現在の査定価格が気になる方はお気軽に画像査定をご利用下さい。実際の査定価格は実物査定が基本ですが、おおよその価値はお伝えすることができます。他の骨董美術品と比べても日本刀は資産価値も高く、昔は不動産などと同じように担保物件として通用していました。日本刀は手入れをせずにおくといずれ錆びて何百年の命が絶えてしまいます。私ども鋼月堂は日本刀をできる限り健全な状態で後世に引き継ぐことこそ先人に対するまた刀剣商としての義務だと考えております。

拵(刀装)や刀装具も正当に評価いたします

拵査定評価

刀剣に附随する拵や鐔などの刀装具の価値も査定の上評価いたしますので一緒にお見せ下さいませ。

日本刀の画像査定はこちら

所持されている御刀を評価・査定いたします

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

生駒光忠・長船光忠の代表作

登録証がない刀が出てきたら

関連記事

  1. 家に日本刀がある・倉庫から古い刀が出てきたら

    2017.08.09
  2. 刀剣オークションで高く売る

    2017.09.14
  3. 日本刀・刀剣を売却したい方へ

    2017.09.23
  4. 日本刀の買取相場について

    2017.07.12
  5. 刀の生前整理や生前贈与で日本刀を譲り受けたら

    2018.09.23
  6. 登録証がない刀が出てきたら

    2018.11.24
PAGE TOP