Loading

刀剣ブログ

重要文化財について

重要文化財

重要文化財とは

重要文化財(じゅうようぶんかざい)とは有形文化財のうち、重要なものとして文化財保護法に基づき文化財文部科学大臣が指定したもので、重文(じゅうぶん)と略称されます。

重要文化財

美術的に歴史的に価値の高い宝物類を国宝に指定することは明治三十年に制定された古社寺保存法の施行に始まり、以来昭和三年までは社寺の所有品に限って指定の対象でした。
ところが昭和四年に国宝保存法が制定されてからは所有者を社寺に限らずに法人及び個人にまで拡大して昭和二十四年に至り、昭和八年には国宝保存法のほかに重要美術品等に関する法律が制定実施されてこれも昭和二十四年まで続きました。そして昭和二十五年に議員立法で文化財保護法が制定されてからは、かつて指定された国宝のすべてが一旦、重要文化財と呼称されることとなり、その中から「たぐいない国民の宝」すなわち世界文化の見地から価値の高いもの、最高級のものに限って新たに国宝に指定され、また重美の中から、さらに未指定未認定のものからも優品を選択して重文に指定することとなって今日に及んでいます。一言で重文といっても中には旧国宝・旧重美・新規の三通りのものがあり、古社寺保存法で指定された国宝にはその後、文化財保護法で指定されたいわゆる新国宝の刀剣が僅少で、新国宝の大部分が国宝保存法で指定された国宝すなわち一旦は重文となったものから昇格したものであることによっても同じく重文となっている刀剣であっても古社寺のものには文化財保護法による指定基準に到達しないものがままあることを認めざるを得ない。されば同じく重文の刀剣でも文化財保護法時代の国宝の中に優品が多く、 未だに重美にとどまっているものの中にも古社寺保存法時代の国宝である重文に優るとも劣らないものがあることを断言する。と本間先生は書かれています。

紆余曲折があって国宝、重文、重美があるわけですね。因みに国宝、重文は指定と言い、重美を認定と区別しています。
また都道府県・市町村指定の有形文化財については、大阪府は「大阪府指定有形文化財」、青森県は「青森県重宝」、岡山県は「岡山県指定重要文化財」、兵庫県は「兵庫県重要有形文化財」といったように呼称が違いますが、どのように呼称するかは各自治体の文化財保護条例でそれぞれ規定しています。

画像:重要文化財 刀 銘 左兵衛尉藤原国吉(号 鳴狐

抜丸・大蛇も慄く平家重代の太刀

山形の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

関連記事

  1. 主な参考文献(順不同)

    2017.07.31
  2. 日本刀の押形について

    2017.11.06
  3. 上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀

    2017.08.20
  4. 本阿弥家とは

    2017.11.11
  5. 日本刀の造り込み

    2018.02.10
  6. 日本刀の銘

    2017.06.28
PAGE TOP