Loading

刀剣ブログ

次郎太刀・重厚な大太刀

次郎太刀

次郎太刀(じろうたち)

  • 指定 :なし
  • 朱銘 :千代鶴国安 木屋□研之(号 次郎太刀)
  • 奉納銘:熱田大明神奉寄進御太刀 信長御内熊若夫婦之者也 元亀元年八月吉日
  • 所蔵 :熱田神宮
  • 種別 :太刀
  • 流派 :千代鶴派

次郎太刀

大太刀 朱銘 千代鶴国安(号 次郎太刀) 出典:熱田神宮の宝刀~鑑賞のしおり~

次郎太刀茎朱銘

同茎朱銘部「千代鶴国安 木屋八郎兵衛研之 同右兵衛」

次郎太刀刀身朱銘

次郎太刀刀身表裏切付銘
「熱田大明神奉寄進御太刀 信長御內熊若夫婦之者也」
「元亀元年八月吉日」

真柄十郎左衛門の弟或いは子の差料と伝わる

本太刀は、熱田神宮に奉納されている名物「次郎太刀」です。研師の木屋によって越前千代鶴派の国安の作と極められており、朱銘が施されています。刃渡りが五尺五寸を越える大太刀で、元亀元年に行われた姉川の戦いにて、真柄十郎左衛門直隆の子真柄隆基或いは直隆の弟直澄が使ったとされています。朱銘が施されていることから、「真柄太刀」の片割れである「太郎太刀」と同様に本太刀も生ぶ無銘であったと考えられます。奉納銘によって、本太刀は姉川の合戦のあとに織田信長の配下であった熊若夫婦によって熱田神宮へ奉納されたことがわかります。残念ながら、熱田神宮に記録が残っていない為、熊若が何者なのかについては不明です。

千代鶴国安は来派の出身

越前千代鶴派の祖千代鶴国安は、越前来の来国安の門人或いは同人と言われる刀工で、一派名の千代鶴とは国安の幼名千代鶴丸に因んで付けられたと伝わっています。越前千代鶴派は、中島来から分派した来派の一派で、一派の代表工である来国安が摂津国中島から越前へ移住した為に別名越前来とも呼ばれています。国安の他に守重や守弘などがいますが、在銘の作は比較的少なく、その多くは無銘極めです。

長大で重厚な造りの大太刀

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、長さに比して反り少なく、長大で重厚な造り込みを呈している。鍛えは、板目に流れごころの肌交じる。刃文は、互の目に丁子乱れ交じり、小沸出来で、総体に匂口締りごころとなる。彫は、掻き留めの棒樋に、朱塗を施している。本太刀は、茎の長さだけでも二尺五寸以上ある長大な大太刀で、姉川の合戦の激闘を今に伝える貴重な遺産です。

次郎太刀の展示情報

熱田神宮宝物館で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になってください。
全国の刀剣展示会情報はこちら

画像出典:大太刀と小道具図録

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

太郎太刀・豪傑真柄十郎左衛門の愛刀

にっかり青江・京極にすぎたるもの

関連記事

  1. 獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

    2017.11.08
  2. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
  3. 小竜景光・楠木正成が所持したと伝わる太刀

    2017.08.10
  4. へし切長谷部・凄まじい切れ味を秘めた名刀

    2017.10.18
  5. 生駒光忠・長船光忠の代表作

    2018.10.22
  6. 蛇切国吉・本多家御家名物の短刀

    2017.09.30
PAGE TOP