Loading

刀剣ブログ

上古刀から室町時代の刀剣

上古刀から南北朝時代の刀剣

一口に日本刀といっても、その姿は時代により色々に変化する。刀身の長さ、茎の長さ、反り恰好、身巾の広さ、元と先の巾の違い、鋒の大小の違い。それらは、うっかり見逃してしまう程わずかな相違であるが、よく注意してみると、その差は明らかであり、各時代の要求により変遷していくことがわかる。

上古刀

上古刀とは日本刀―すなわち鎬造の湾刀―が誕生する以前の刀剣類を呼んでいる。それらは古墳からの出土品や正倉院御物などにより知られるが、その基本的な姿は平造の直刀で、時代が下るにつれて切刃造や鎬造の直刀が生れた。また奈良時代には剣大刀と呼ばれ鋒が両刃造のものも流行した。
直刀は中国大陸から伝来し、日本でどれ程鍛造されたか明かでないが、その用法は徒歩戦用で、突くことと切ることの両用を備えていた。
大刀とは「断ち切る」という意味であるといわれ、腰に下げ、横に佩いたため横刀・横剣ともいわれた。しかし、大刀とは六○センチ以上のものを呼んだようで、環頭大刀・圭頭大刀などには見事な装飾が施されており、上層階級の佩刀と思える。横刀・横剣は太刀より短いものを呼んでいる。

平造りと切刃造り

平造りと切刃造り

重要文化財 直刀 無銘(号 水龍剣)

重要文化財 直刀 無銘(号 水龍剣)

湾刀の出現

上代の直刀が反りの深い湾刀になったのは平安中期頃と推定されている。八〇一年、蝦夷討伐に赴いた坂上田村麿の佩刀は切刃造の直刀であった。その後ひんぱんに起った徒党の争いや、天慶二年(九三九)の平将門、藤原純友の乱などの実戦を過て、戦闘方法が徒歩戦から騎馬戦へ移行したと同様に、直刀が湾刀へと変っていった。かたなに反りがつけば、用法から見て、突くより薙ぐのに都合がよく、特に馬上から用いるには、より反りのある方が便利であった。小烏丸と呼ばれる湾刀は、切先が両刃造であるというところに古い型式を残し、美しい反りのある姿と茎の仕立てに、新しい日本刀の姿がみられる。製作年代は平安初期で直刀と湾刀の中間的なものと思われる。

両刃造りと鎬造り

両刃造りと鎬造り

小烏丸

御物 太刀 無銘 天国(名物 小烏丸

太刀 銘 安綱

太刀 銘 安綱

優雅な太刀姿―平安末期から鎌倉初期—

茎から腰元で深く反り、先へいってもむしろうつむく感じの曲線、元巾が広く、先へいくに従って細くなる姿には安定した美しさがある。この曲線の美しさを強く感じさせるのは鎬筋による構成で、もしこれが平造であったなら、鋭さはあっても優美さは感じられないであろう。鎬造は日本刀の最も特徴とするもので、湾刀が出現する少し前に考案されている。それは平造から切刃造、さらに鎬造と、すぐれた鋭利性を求めた進歩といえよう。鋭利性に於いて完成し、しかもその姿が優雅であるところに時代性を感じとることができる。遣唐使の廃止後、『かな』『大和絵』などの和風文化が生まれたが、この日本刀の姿にも和風文化の風韻がにじみ出ているといえる。この形態は鎌倉初期まで続いた。後鳥羽上皇はことのほか刀を好み、諸国から優秀な刀鍛冶を選び、月番を決めて院中で鍛刀させ、また自らも焼刃されたといわれている。これは鎌倉幕府に対する政治的意図が当然考えられるが、一方において、鍛刀の熱が盛んになり、名刀を賞賛する風潮が高まった事は事実である。

国宝 太刀 銘 真恒

国宝 太刀 銘 真恒

豪荘なる刀相―鎌倉中期―

承久の乱は、鎌倉幕府が天皇の権威に正面からぶつかり、勝利を収め、武家政権の優越性を決定的なものとした。幕府の権力は東国のいち領主的性格から脱皮し、畿内を始め全国的な権力へと前進し、新たな執権政治体制を打ちたてた。その根底には、御家人たちの政治的自覚により、従来の貴族的思潮から、質実剛健を旨とした東国武士のますらおぶりがうかがえる。又文永・弘安の役を迎え、幕府は国防につとめ、国民の士気は大いに昂った。太刀姿もその気風をうけて、身巾が広く、元と先は変らず、切先はつまり猪首風の豪荘なものとなった。また鎧冑もろとも斬撃する立場から蛤刃という肉置のものが流行した。短刀はこの頃より激増し、名刀の多くが現存している。姿は平造で内反りの小振なもので、気品に富んでいる。なぜこの時代に短刀が多く造られ、名品が数多く残っているか明らかでないが、武士が日常かたな(当時は短刀のことを呼んだ)を帯びる風習が生まれていたこともその一因であろう。

猪首鋒

猪首鋒

国宝 太刀 銘 吉房(名物 岡田切)

国宝 太刀 銘 吉房(名物 岡田切

豪健なる刀相—鎌倉末期—

太刀の姿は前期に比べ反りの中心が腰より中程に移行し、華表反りとなり、さらに先の方も反る傾向となった。身巾は先が幾分細くなり、切先は延びごころとなった。鎌倉期、未曾有の国難といわれた、文永・弘安の役の実戦を過て、絢爛たる刃文の豪荘な太刀は、実戦において折れ易いことが判かり、比較的焼刃の浅いものに移行した。次いで正宗を中心とする相州伝が興ったのも特記すべきことである。短刀も組打ちに必要とされたもので、前期に比べてやや長めになり、身巾も広く、反りの無いものが造られた。

重要文化財 刀 無銘 正宗

重要文化財 刀 無銘 正宗

誇張された姿—南北朝時代―

鎌倉末期から南北朝時代にかけては、全国的に相州伝の流行を見るとともに、姿も長さ一メートルもある長大で大切先の大太刀や、身巾の広い寸の延びた短刀が造られた。これらはいずれも反りが浅く、重ねが薄いものである。太刀は俗に野太刀・背負太刀と呼ばれ、腰に佩用するものではなく、野戦用のもので、背中に背負い、抜き身のまま肩にかついで戦場に出た。また大太刀の焼刃の半分程を縄で巻いて用いたとも伝えられている。このように少くとも機能的でない姿には、何か誇張が目立つ。後醍醐天皇の南朝方と、足利幕府方の北朝と、互いに権勢を張り争ったためであろうか。

大切先

太刀 銘 備州長船長義

太刀 銘 備州長船長義

重要文化財 短刀 無銘 貞宗

重要文化財 短刀 無銘 貞宗

小じんまりとした調和―室町初期―

足利幕府も三代義満の頃になると、覇を争った両朝も統一の機運をみせ、六十年にわたる動乱も幕をとじた。幕府は有力な守護を支配下に組み人れ、その政治組織を鎌倉幕府のそれにもとめ、武家政治を鎌倉時代の盛期にとりもどそうとする意図があった。刀剣もその時代性を反映し、太刀姿も鎌倉時代のものを彷彿とさせる風格を持っている。しかし幕府が京におかれただけに、質実剛健の気風は少く、幾分小振である。又反りが先反りになったことは戦闘方法の変化によるものであろう。この時代になると、太刀の他に打刀を指し添え、又腰刀、といって、寸の延びた短刀を指し添えることが流行した。

脇指 銘 奉 富士本宮源式部丞信国 一期一腰 応永卅二二年二月日 銘字の応永卅二二年

脇指 銘 奉 富士本宮源式部丞信国 一期一腰 応永卅二二年二月日 銘字の応永卅二二年

寸詰りの刀―室町末期―

室町初期に太刀の指し添えとして現われた打刀は、中期から末期にかけて、もっぱらそれのみ用いられるようになった。打刀が太刀と異なる点は、太刀が帯からつるすのに対し、打刀は帯にさす用法の差にある。したがって前者は刃を下に向けて佩き、抜くことと切るこの二段階の動作をするが、後者は刃を上に向けて指すため、二つの動作が同時に行われ、いわゆる抜打が可能となる。そして、長さが太刀(75cm前後)より短かく、60cm前後となり、先反りが強くなる。これらはいずれも抜打に便利なためである。このように日本刀の形態が変化したのは、1543年、鉄砲が伝来して以来、騎馬戦から徒歩戦へ、個人戦から集団戦へと移り、長い太刀より短い打刀の方がゲリラ的戦法に適したからである。昼夜戦乱に終始する時代の大量需要に応じ、数打ちといわれる粗悪な刀が多く造られたが、一方名だたる武将の注文に応えて、入念な作も造られた。それらには刀匠の氏名・俗名・製作年月日・さらに注文主の名などがきざまれた。また、室町初期において少なかった短刀は、戦場において需要が高まったため、多くは鎌倉時代に範をとり、平造り、無反りの姿のものが造られたが、両刃という極めて実用的な特殊な短刀も生まれた。

刀 銘 和泉守藤原兼定 石破渋谷木工頭明秀 伊勢山田是作 永正十二二年(二胴切落)

刀 銘 和泉守藤原兼定 石破渋谷木工頭明秀 伊勢山田是作 永正十二二年(二胴切落)

画像:重要文化財 太刀 銘 国行

古刀買取・売却なら鋼月堂へ
古刀買取の鋼月堂

天皇家ゆかりの刀剣

新潟の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

関連記事

  1. 日本刀の銘

    2017.06.28
  2. 刀剣古典書物

    2018.02.27
  3. 日本刀の種類は?刀剣を形で分類する

    2017.05.10
  4. 日本刀の押形について

    2017.11.06
  5. 天皇家ゆかりの刀剣

    2019.10.30
  6. 重要美術品について

    2017.11.25
PAGE TOP