Loading

刀剣ブログ

全国の刀剣展示会

歌仙兼定

目次

日本全国の刀剣展示情報・刀剣展示会

東京国立博物館・京都国立博物館をはじめとする日本全国の刀剣・日本刀・刀の展示会・展示情報を掲載。
刀剣愛好家の方、刀剣女子の方、審神者の方もぜひご覧ください。

鋼月堂では日本刀や刀剣・刀装具・武具甲冑に関する古書・刀剣書籍を販売しています。日本刀の歴史を紐解く楽しい時間となれば幸いです。非売品、限定品、絶版など希少な刀剣古書をはじめ今後は刀剣展示の図録なども販売していきます。

刀剣書籍販売

エリア別の刀剣展示

更新情報

12/18 太刀 銘 来国光の展示「新春刀剣展」

12/13 備前刀 ー用と美の系譜ー

12/11 初代 土肥真了の刀の展示 第44回特別企画展「平戸藩の名刀展」

刀剣関係資料の常設展示

期間:常設展示
岐阜県博物館 〒501-3941 岐阜県関市小屋名1989
展示情報:特別企画展等で展示しない場合もあります。展示内容が変わることもあります
公式サイトで確認する

桐野利秋(人斬り半次郎)の脇指の展示 「桐野利秋(人斬り半次郎)の佩刀」

期間:常設展示
西郷隆盛宿陣跡資料館 〒889-0102 宮崎県延岡市北川町長井6727
展示情報:寄贈された脇差が通常、常設展示されています
公式サイトで確認する

脇差 銘 大和守安定 万治三年二月十六日弐ッ胴切落 山野加右衛門尉永久の展示

期間:通常展示
奥州文庫刀剣美術館 〒023-0401 岩手県奥州市胆沢区南都田小十文字123
展示情報:「脇差 銘 大和守安定 万治三年二月十六日弐ッ胴切落 山野加右衛門尉永久」「刀 銘 直江志津」などの通常展示
館連絡用電話:080‐1694‐1234 (念のため、ご来場の際はご連絡ください。)
公式サイトで確認する

太郎太刀の展示「常設展示」

期間:常設展示
熱田神宮宝物館 〒456-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
展示情報:特別企画展等で展示しない場合もあります
公式サイトで確認する

浦島虎徹(写し)の展示「常設展示」

期間:常設展示
渡辺美術館 〒680-0003 鳥取県鳥取市覚寺堤下1-55-1
展示情報:金崎秀壽刀匠による写しが常設展示されています
公式サイトで確認する

日本号の展示 「常設展示」

期間:常設展示
福岡市博物館 〒814-0001 福岡市早良区百道浜3‐1-1
展示情報:通常、常設展示されています
公式サイトで確認する

太刀 鶴丸(写し)の展示

期間:2018年1月20日(土)~ 約一年間
藤森神社 宝物殿 〒612-0863 京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
展示情報:藤安将平刀匠による写しが約一年間展示されます
公式サイトで確認する

燭台切光忠、太刀 銘 児手柏の展示 企画展「刀 KATANA」

期間:2018年4月13日(金)~2019年3月31日 (日)
徳川ミュージアム 〒310-0921 茨城県水戸市見川1丁目1215−1
展示情報:「燭台切光忠」「太刀 児手柏」(共に再現作)「短刀 新藤五国光」「短刀 正宗」「刀 貞宗」などの刀剣や武庫刀纂(8代斉脩が文政6年(1823)に水戸徳川家伝来の刀剣を刀匠ごとに編纂した書)を同時展示。
公式サイトで確認する

薙刀 無銘 伝大和系の展示「薙刀」展


期間:2018年5月19日(土)~12月31日(月)
日光二荒山神社中宮祠 宝物館 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2484
展示情報:新たに重要文化財に指定されました、
祭礼武器類の「薙刀と拵」5 口・10 点を、宝物館にて初展示
公式サイトで確認する

「所蔵品の順次展示」

期間:2018年8月1日(水)~未定
久能山東照宮博物館 〒422-8011 静岡県静岡市駿河区根古屋390
展示情報:「太刀 銘 雲次」を含む刀剣の展示
公式サイトで確認する

国宝 太刀 銘 一の展示 第三期テーマ/日本刀 浮世絵とともに

期間:2018年9月8日(土)~12月24日(月)
佐野美術館 〒411-0838 静岡県三島市中田町1−43
展示情報:浮世絵に描かれた人気の武将と、それにまつわる刀剣を展示。展覧会の展示替え期間[10月15日(月)~10月19日(金)]
公式サイトで確認する

隕星剣、流星刀の展示 「いん石と星の刀」


期間:2018年9月15日(土)~12月12日(水)
京都市青少年科学センター 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13番地
展示情報:実際に地球に落下したいん石だけでなく,いん石からつくられた刀を展示
公式サイトで確認する

太刀 銘 来国光の展示 「本能寺刀剣展2018秋」


期間:2018年9月29日(土)〜12月23日(日)
法華宗大本山 本能寺 〒604-8091 京都府京都市中京区下本能寺前町 寺町通御池下る下本能寺前町522
展示情報:信長所持・森蘭丸所持と伝わる大太刀、刀の展示に加え、今まで公開されなかった寺宝刀剣の保存整復を新たに行い、本能寺と不思議な線でつながった刃剣を中心に展示
公式サイトで確認する

第11回企画展 大太刀


期間:2018年9月30日(日)~2019年1月20日(日)
大隅俊平美術館 〒373-0036 群馬県太田市由良町3051
展示情報:大隅俊平刀匠の作品を展示
公式サイトで確認する

幕末維新の刀剣と書


期間:2018年10月1日(月)~12月10日(月)【後期展示】
島田美術館 〒860-0073熊本県熊本市西区島崎4-5-28
展示情報:さまざまな運命を辿った志士、思想家、学者などの書と、幕末を中心とした新々刀の展示
公式サイトで確認する

井上真改・長曾祢虎徹の展示「最盛期の新刀鍛冶」

期間:2018年10月2日(火)~12月21日(金)
塚本美術館 〒285-0024 千葉県佐倉市裏新町1-4
展示情報:桃山期の作品が、新刀と区分できるものの古刀の作風の影響を色濃く残していたのに対し、ようやく新刀独自の作風を示して多くの名工を生んだ江戸初期から中期の作品を展示
公式サイトで確認する

「備前の歴史展」


期間:2018年10月4日(木)〜12月末
ホテル多度温泉レジデンス 〒511-0122 三重県桑名市多度町古野2692
展示情報:備前伝において平安時代から室町時代の作品の展示
公式サイトで確認する

明石国行の展示(後期) 企画展 諸国漫遊 -多彩なるお国拵と日本刀五ヶ伝を巡る旅-


期間:2018年10月13日(土)~12月24日(月)
刀剣博物館 〒130-0015 東京都墨田区横網1-12-9
展示情報:五ヶ伝の1つ、相州伝の作品としては名物武蔵正宗と名物太鼓鐘貞宗などを展示
公式サイトで確認する

木下勝俊の薙刀の展示 秋の特別展「豊臣の肖像」

期間:2018年11月1日(木)〜12月16日(日)
高台寺掌美術館 〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町530
展示情報:長嘯子(戦国武将、木下勝俊)の長刀や消息の公開を通じて豊臣の人々の精神面を紹介
公式サイトで確認する

企画展「徳川慶勝の幕末維新」

期間:2018年11月3日 (土)~12月16日 (日)
徳川美術館 〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1017
展示情報:『太刀 銘 直綱』『刀 銘 兼元』『刀 銘 備前国住長船祐定作』など 徳川康勝ゆかりの史料100余点を展示
公式サイトで確認する

国宝 太刀 銘 景光・景政の展示「国宝公開」

期間:2018年11月3日(土)~2019年2月3日(日)
埼玉県立歴史と民俗の博物館  〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
展示情報:嘉暦4(1329)年、武蔵武士の大河原氏が備前長船の名工景光らに作らせた、国宝の太刀を公開
公式サイトで確認する

魂の造形-日本刀 名刀と名作から学ぶ日本の心

期間:2018年11月6日(火)~2019年1月14日(月)
ミュージアム都留  〒402-0053 山梨県都留市上谷1丁目5−1
展示情報:「日本三刀」と呼ばれる江戸時代(新刀)の傑作短刀3本から、長曽祢虎徹「号 蓬莱山虎徹」、野田繁慶「彫抜繁慶」の2振、堀川国広や井上真改、津田助直らの傑作、そして幕末の四賢候の一人伊達宗城の愛刀など公開
公式サイトで確認する

石川県立歴史博物館リニューアル後、初の刀剣展示

期間:2018年11月14日(土)~2019年1月30日(水)
石川県立歴史博物館 〒920-0963 石川県金沢市出羽町3-1
展示情報:当館が所蔵する刀剣の中から17世紀初頭に加賀の刀工・兼若によって製作された刀を定期的に常設展示
公式サイトで確認する

企画展 「観て知ろう! 武具にまつわるエトセトラ」


期間:2018年11月17日(土)~2019年1月27日(日)
富山市郷土博物館 〒930-0081 富山県富山市本丸1−62
展示情報:富山藩主着用の甲冑をはじめとして、富山藩士家伝来の装いや、富山ゆかりの刀や鐔など、館蔵の武具を紹介
公式サイトで確認する

太刀 銘 光忠の展示「第13回 お守り刀展覧会」


期間:2018年11月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)
林原美術館 〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
展示情報:全国の現代刀匠による新作お守り刀、「重要文化財 太刀 銘 光忠」を中心に、鐔などの刀装具、刀箱などもあわせて展示。
公式サイトで確認する

重文 脇指 無銘 貞宗(名物 物吉貞宗)の展示 「平成30年度 名刀スタンプラリー」

期間:2018年11月21日(水) ~12月16日(日)
徳川美術館 名品コレクション展示室 〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1017
展示情報:第1展示室にて名刀をシリーズで期間限定展示。「国宝 太刀 銘 光忠」なども展示
公式サイトで確認する

重美 短刀 銘 吉光(号 五虎退)の展示 企画展「上杉家伝来 皇室ゆかりの資料」


期間:2018年11月23日(金・祝)~2019年1月14日(月・祝)
米沢市上杉博物館 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目2−1
展示情報:国宝上杉家文書中の朝廷関連文書をはじめ文献資料、上杉謙信が正親町天皇から拝領した五虎退の短刀、明治天皇のお気に召した姫鶴一文字の太刀、近代の天皇や皇族ゆかりの資料の展示。【五虎退は12月5日(水)から展示】
公式サイトで確認する

現代刀職展 ~今に伝わるいにしえの技~


期間:2018年11月23日(金)~12月16日(日)
森記念秋水美術館 〒930-0066 富山県富山市千石町1-3-6
展示情報:公益財団法人日本美術刀剣保存協会が現代刀職者の育成と技の公開を目的とする事業として開催している「現代刀職展」を、今回北陸初の巡回展として開催
公式サイトで確認する

童子切安綱の展示

期間:2018年11月27日(火)~2019年2月17日(日)
東京国立博物館 本館13室 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
展示情報:童子切安綱の展示
公式サイトで確認する

テーマ展「甦った赤羽刀パートⅡと長船分会展」


期間:2018年11月30日(金)~2019年2月11日(月)
備前長船刀剣博物館 〒701-4271 瀬戸内市長船町長船966
展示情報:GHQによって一時接収され、廃棄される寸前だったところを有識者の交渉努力によって返還された刀剣類「赤羽刀」を、当館は備前刀を中心に107口の展示
長船分会展の展示:2018年11月30日(金)~12月12日(水)
公式サイトで確認する

備州長船 景光・兼光 親子刀の共演


期間:2018年12月1日(土)~2019年5月31日(金)
京都浮世絵美術館 〒600-8004 京都市下京区四条通寺町西入奈良物町365番 キリハタビル2F
展示情報:備州長船景光・兼光親子の刀剣が共に展示
公式サイトで確認する

CFで修復された刀剣の展示

期間:2018年12月1日(土)~1月末
久能山東照宮博物館 〒422-8011 静岡県静岡市駿河区根古屋390
展示情報:クラウドファンディングにて修復された刀剣4振りを一般公開
公式サイトで確認する

太刀 銘 今村兼光(大兼光)の展示 企画展「福を呼ぶ 城博のお正月」


期間:2018年12月7日(金)~2019年2月3日(日)
高知城歴史博物館 〒780-0842 高知県高知市追手筋2-7-5
展示情報:当館所蔵の国宝「古今和歌集巻第廿(高野切本)」、重要文化財「太刀 号 一国兼光」「太刀 号 今村兼光」、掛川神社の重要文化財「太刀 銘 国時」「太刀 銘康光」を展示
公式サイトで確認する

肥前忠吉の展示 「名刀展(Ⅱ)」

期間:2018年12月12日(水)~2019年2月13日(水)
祐徳博物館 〒849-1321 佐賀県鹿島市古枝下古枝1855
展示情報:名刀展(Ⅰ)から3~4振りを入れ替えての展示
公式サイトで確認する

初代 土肥真了の刀の展示 第44回特別企画展「平戸藩の名刀展」

平戸藩の名刀展
期間:2018年12月14日(金)~2019年2月11日(月)
壱岐市立一支国博物館 〒811-5322 長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515番地1
展示情報:平戸藩刀工、初代 土肥真了(どいしんりょう)の刀を中心に、平戸藩にまつわる刀剣と刀装具(平戸国重 作)などを 展示します
公式サイトで確認する

特別展「清明の美・春日大社の名刀」 同時開催「鐵の煌めき宮入小左衛門行平一門展」

期間:2018年12月22日(土)~2019年3月24日(日)
春日大社 国宝殿 〒630-8212 奈良市春日野町160
展示情報:春日大社の刀剣の中でも特に注目される金地螺鈿毛抜形太刀をはじめ、明治時代の奈良を代表する文化人である中村雅真によって奉納され、初公開となる伝当麻友清の太刀(南北朝時代)など貴重な名刀たちを一堂に展示。これに併せ、現代刀の発展に大きな足跡を遺した人間国宝の故宮入行平氏の絶作など貴重な作品。そのご子息で相州伝を大成され刀剣界をリードする、宮入小左衛門行平氏と一門の作品をご紹介
公式サイトで確認する

備前刀 ー用と美の系譜ー

備前刀 ー用と美の系譜ー
期間:前期 2018年12月21日(金)→2019年2月24日(日)、後期 2019年3月1日(金)→5月26日(日)
森記念秋水美術館 〒930-0066 富山県富山市千石町1-3-6
展示情報:本展では、所蔵する備前刀を年代や流派に分けて展示し、刀工や作品の変遷を辿り、備前刀の美と見どころをわかりやすくご紹介いたします。特別重要刀剣 太刀 銘 備前国包平作、特別重要刀剣 刀 銘 備前長舩住盛景 永和元年十月日や拵を展示
公式サイトで確認する

企画展「関の刀職者たちの技~平成27~30年度 赤羽刀修復を通じて~」


期間:2018年12月23日(土)~2019年3月4日(月)
関鍛冶伝承館 〒501-3857 岐阜県関市南春日町9-1
展示情報:関市では国より赤羽刀480点の譲渡を受け、順次修復を進めています。今回新しく修復した赤羽刀を展示
公式サイトで確認する

太刀 銘 来国光の展示「新春刀剣展」

期間:2019年1月1日(火)~1月20日(日)
鹽竈神社博物館 〒985-8510 宮城県塩竈市一森山1-1
展示情報:今年度の刀剣展は協力出品作・館蔵品あわせ30点あまりの作品を展示。太刀 銘 来国光 (重要文化財/金梨地菊竹に雀紋蒔絵糸巻太刀拵共)
公式サイトで確認する

短刀 相州行光の展示

期間:2019年1月2日(水)~3月10日(日)
東京国立博物館 本館5・6室 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
展示情報:詳細後日発表
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

短刀 銘 宗近(名物 海老名小鍛冶)の展示 「平成30年度 名刀スタンプラリー」

期間:2019年1月4日(金)~1月29日(火)
徳川美術館 名品コレクション展示室 〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1017
展示情報:第1展示室にて名刀をシリーズで期間限定展示。「脇指 銘 江州高木住貞宗」なども展示
公式サイトで確認する

森記念秋水美術館 所蔵品展(仮題)

期間:2019年1月5日(土)~2月24日(日)
森記念秋水美術館 〒930-0066 富山県富山市千石町1-3-6
展示情報:詳細後日発表
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

 獅子貞宗・鯰尾藤四郎・不動行光・燭台切光忠などの展示 「REBORN 蘇る名刀」


期間:2019年1月7日(月)~2月24日(日)
佐野美術館 〒411-0838 静岡県三島市中田町1−43
展示情報:天災や戦乱によって火災にあい、一度は焼けただれ鉄の塊となった名刀が、焼き直しという手法によってふたたび命を吹き込まれ、今に伝えられてきました。「名物 獅子貞宗」「名物 鯰尾藤四郎」「名物 義元左文字」「名物 織田左文字」「名物 大坂長銘正宗」「名物 不動行光」「燭台切光忠」などそれぞれの刀とその物語を紹介。
※会期中一部展示替えがあります。
公式サイトで確認する

特別展 筑前左文字の名刀

期間:2019年1月12日(土)~2月11日(月)
刀剣博物館 〒130-0015 東京都墨田区横網1-12-9
展示情報:(詳細後日発表)
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

ソハヤノツルキ写し、薄緑丸の展示 特別展「神に捧げた刀―神と刀の二千年―」

神に捧げた刀―神と刀の二千年―
期間:2019年1月22日(火)~3月16日(土)
國學院大學博物館 〒150-8440 東京都渋谷区東4丁目10−28
展示情報:ソハヤノツルキ(写し 宮入昭平作)、源義経奉納「薄緑丸」、北条氏綱奉納太刀などの展示
公式サイトで確認する

重文 短刀 銘 正宗(名物 不動正宗)の展示 「平成30年度 名刀スタンプラリー」

期間:2019年1月30日(水)~2月26日(火)
徳川美術館 名品コレクション展示室 〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1017
展示情報:第1展示室にて名刀をシリーズで期間限定展示。「重美 刀 無銘 吉家」なども展示
公式サイトで確認する

音にきこゆるvol.3 〜島田の刀鍛冶と「五ヶ伝」〜


期間:2019年2月2日(土)~3月24日(日)
島田市博物館 〒427-0037 静岡県島田市河原1-5-50
展示情報:島田鍛冶と五ヶ伝(山城・大和・備前・相州・美濃)の展示(詳細後日発表)
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

布袋国広の展示 刀剣展「堀川国広とその高弟」

期間:2019年2月3日(日)~3月3日(日)
足利商工会議所友愛会館内ギャラリー・カッサ 〒326-8502 栃木県足利市通3-2757
展示情報:短刀「布袋国広」(国重要美術品)など計11本を展示
公式サイトで確認する

国宝 太刀 名物「日光一文字」の展示 「黒田家名宝展示 ―官兵衛ゆかりの資料展示―」

期間:2019年2月5日(火)~3月3日(日)
福岡市博物館 〒814-0001 福岡市早良区百道浜3‐1-1
展示情報:(詳細後日発表)
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

謙信景光の展示「国宝公開」

期間:2019年2月5日(火)~3月3日(日)
埼玉県立歴史と民俗の博物館  〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
展示情報:詳細後日発表
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

テーマ展「華麗なる備前刀展」(仮称)

期間:2019年2月16日(土)~4月21日(日)
備前長船刀剣博物館 〒701-4271 瀬戸内市長船町長船966
展示情報:平安時代から刀剣王国として繁栄した備前国。その長い歴史の中を生きた、時の名工の技と備前刀の魅力を、当館所蔵の備前刀41口を展示
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

相州正宗(名物 観世正宗)、太刀 古備前正恒の展示

期間:2019年2月19日(火)~5月12日(日)
東京国立博物館 本館13室 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
展示情報:詳細後日発表
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

鬼切丸(別名髭切)の展示 「北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―」


期間:2019年2月23日(土)~2019年4月14日(日)
京都文化博物館 〒604-8183 京都市中京区三条高倉
展示情報:北野天満宮が所蔵する神宝を中心に、数々の美術工芸品、歴史資料を一堂に集め、そこから浮かび上がる神社とその信仰の歴史を紹介
公式サイトで確認する

第64回重要刀剣等新指定展

期間:2019年2月26日(火)~3月31日(日)
刀剣博物館 〒130-0015 東京都墨田区横網1-12-9
展示情報:(詳細後日発表)
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

重文 太刀 (菊紋) 菊一文字の展示 「平成30年度 名刀スタンプラリー」

期間:2019年2月27日(水)~3月24日(日)
徳川美術館 名品コレクション展示室 〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1017
展示情報:第1展示室にて名刀をシリーズで期間限定展示。「短刀 無銘 志津(名物 戸川志津)」なども展示
公式サイトで確認する

日本刀の華 備前刀

期間:2019年4月13日(土)~6月2日(日)
静嘉堂文庫美術館 〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
展示情報:静嘉堂の蔵刀より、重要文化財4振、重要美術品11振を含む有銘作約30振を精選し、「古備前」と呼ばれる初期の作風から、ー文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各派による作風の展開をたどっていきます。
公式サイトで確認する(詳細後日発表)

特別展「侍 もののふの美の系譜」


期間:2019年9月7日(土)~11月4日(月)
福岡市博物館 〒814-0001 福岡市早良区百道浜3‐1-1
展示情報:へし切長谷部大典太光世 ・骨喰藤四郎 ・五虎退 ・物吉貞宗江雪左文字宗三左文字のほかに、姫鶴一文字・桑名江・日光一文字・太閤左文字など、武士団が勃興した平安時代中期(11世紀)から桃山時代(17世紀初頭)にいたる、約600年間にわたる甲冑・刀剣等の優品約150点を一堂に展示、重文・刀 名物 石田正宗、重文・後三年合戦絵詞 上巻(以上、東京国立博物館蔵)、国宝・大太刀 銘 備州長船倫光、重文・大太刀 号 瀬登太刀(以上、日光二荒山神社蔵)、出品決定!
公式サイトで確認する

歌仙兼定画像(出典:twitter 永青文庫

日本刀・刀剣売るなら鋼月堂へ

日本刀のことならどんなことでもお気軽にお問合せ下さいませ!

画像をメールに添付して送るだけでの簡単査定
刀剣・日本刀の画像査定

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

蜻蛉切・本多忠勝の愛槍

日本刀・刀剣 各都道府県教育委員会一覧

関連記事

  1. 近畿地方の刀剣展示会

    2017.11.02
  2. 中国地方の刀剣展示会

    2017.10.17
  3. 北海道・東北地方の刀剣展示会

    2017.10.09
  4. 四国地方の刀剣展示会

    2017.10.09
  5. 終了した過去の全国の刀剣展示会

    2017.11.11
  6. 東京都の刀剣展示会

    2017.08.17
PAGE TOP