Loading

刀剣ブログ

石田貞宗・石田三成の指料

石田貞宗

石田貞宗(いしださだむね)

  • 指定:重要文化財
  • 無銘 相州正宗(号 石田貞宗)
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 種別:脇差(指定名称は短刀)
  • 流派:相州伝

石田貞宗

石田貞宗

重文 脇指 無銘 相州貞宗(号 石田貞宗)出典:短刀の美―鉄の煌き図録

石田貞宗押形

石田貞宗押形

号は石田三成の所持に因む

本脇差は、榊原家伝来の「石田貞宗」です。号の由来は、豊臣家家臣で五奉行の一人で知られる石田三成の所持に因みます。関ヶ原の戦いで大敗して生捕りとなった三成は、一般には四条河原で斬られ、三条河原にさらし首となったと伝えられていますが(捕縛された三成は親しい間柄で自分を丁重に扱ってくれた田中吉政に太閤秀吉から給わった貞宗の脇差を贈ったといわれています。)、実は家康は三成を哀れんで、ひそかにその家臣である榊原康政に三成をあずけ、榊原家の奥深い別室にかくし、三成は天寿を全うして死んだというにわかには信じ難い言い伝えがあり、その時まで差していた脇指がこの貞宗で、康政に生前の好意に感謝し、この脇差を贈り、以後榊原家に伝わり、その後、愛刀家の佐藤寛次氏の愛刀となりました。重要文化財に指定され、現在は東京国立博物館所蔵となっています。石田貞宗の長さは31.4cmで現在の登録証の基準では長さが1尺(約30.3cm)を越えている為に脇差となりますが、指定名称は短刀 無銘貞宗(名物石田貞宗) 附 脇差拵で寸延び短刀という扱いです。東京国立博物館の展示では脇指と表記されているので、本ページでも同じく脇差として扱っております。また石田三成所持の刀剣では他には刀 名物石田切込正宗、短刀 名物日向正宗、小太刀 名物鳥養国俊などが知られています。

幅広で反りがついた大振りの寸延び短刀

本脇差は、姿は平造、三つ棟、身巾広く、重ね薄く、反りつく。鍛えは板目に杢目交り、地沸つき、地景交り、地斑入る。刃文は小のたれに小互の目交り、小足入り、砂流しかかり、小沸つく。帽子はわずかに乱れ込み、先小丸ごころにやや長く返る。彫表梵字、蓮台、鍬形、素剣の重彫、裏梵字に護摩箸。茎はやや反りつき、刃方張り、先細く剣形、憂勝手下り、目釘孔二ヶ。『光徳刀絵図』には「相模国住人貞宗 元弘二年十月日」の全形押形が出ていますが、貞宗の作は、郷義弘と共に現存する正真の在銘作が皆無で、その作刀の全てが無銘極めです。無銘でありながら、名物など優れたもので貞宗と鑑せられるものはかなり伝来し、短刀では30cm前後の長さのものが多く、茎先から切先まで、バランスのとれた素直な反りをして、先剣形となって引締る。この茎は特に先細く、刃方がわずかに張った舟形をしていますが、他はこれ程先細くならないまでも同様の形態をしており、造形の洗練されたものがあり、鉄の鍛、ゆるやかなのたれ、沸の円やかさ、正宗より一段とおだやかな風貌をもち、彫物にも貞宗の特色がよく現れています。

相州貞宗についてはこちらをお読みください。

石田貞宗の刀剣展示

石田貞宗は2019年は2019年9月3日(火)~2019年11月17日(日)まで東京国立博物館「武士の装い―平安~江戸」で拵とともに展示されています。また相州正宗の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

脇差の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
脇差買取なら鋼月堂へ

日本一則重・細川護立侯爵愛蔵の一口

天皇家ゆかりの刀剣

関連記事

  1. 分部志津・南竜公の愛刀

    2019.11.06
  2. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  3. 狐ヶ崎為次・梶原景茂を討ち取った太刀

    2019.09.25
  4. 日本一則重・細川護立侯爵愛蔵の一口

    2019.10.26
  5. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
  6. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
PAGE TOP