Loading

刀剣ブログ

今荒波・片山一文字則房の作と伝えられる太刀

今荒波

今荒波(いまあらなみ)

今荒波

今荒波

重文 太刀 銘 一(号 今荒波)出典:特別展井伊家伝来 刀剣と刀装の美図録

※2018年に薬師寺で展示された今荒波一文字とは別物です。

号の由来は荒波のように華やかな刃文から

本太刀は、片山一文字則房作と伝えられ、「今荒波」の号は荒波のように華やかな刃文によるものといいます。作者とされる則房は助房の子で福岡から近在の片山へ移住して作刀したと伝えられることから片山一文字と呼称されています。また享保名物帳に「今荒波則房 銘有 長弐尺 無代 荒波一文字に似たる道具故異名附申候」と記され「今荒波則房」「今荒波一文字」と称される名物があり「荒波一文字」に似るところからその名がつけられています。井伊家伝来の本太刀は、伝えでは「今荒波一文字」と呼ばれていますが、享保名物帳に所載しているものとは寸法や銘も異なり、井伊直憲から明治天皇に献上され、現在は重要文化財に指定され、東京国立博物館に所蔵されています。

片山一文字派の則房作と伝えられる

この太刀は、姿は鎬造り、庵棟、腰反り高く踏張りのある力強い太刀姿で、表裏には棒樋を掻いて角止めにする。鍛えは板目肌がつんで、乱れ映りが立つ。刃文は華やかな重花丁子乱れで、匂い深く小沸つき、足・ 葉がしきりに入る。帽子は乱れ込んで、小丸に返る。少し磨上げられているが、「一」の文字を切った 有銘の太刀である。片山一文字派は、福岡一文字の則房が福岡から近在の片山へ移住して作刀したと伝えられることから片山一文字と呼称されています。代表工は則房で、同派の現存する有銘の作は太刀に限られていますが、古来より薙刀の名手と伝えられることから、薙刀及び薙刀直しの無銘作に片山一文字極めのものが多く見られます。

一文字派についてはこちらをお読みください。

今荒波の刀剣展示

今荒波は2018年東京国立博物館で水龍剣、厚藤四郎、切刃貞宗などと展示されました。また一文字派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

全国の刀剣展示会(期間限定・特別展)

関連記事

  1. 童子切安綱・鬼切りの太刀

    2017.06.14
  2. 山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

    2017.09.28
  3. 会津新藤五・短刀の横綱

    2018.02.15
  4. 江雪左文字・徳川頼宣の愛刀

    2017.12.14
  5. 大兼光・長大な太刀故の名

    2019.10.02
  6. 鳴狐・希少な遺例を今に伝える唯一無二の打刀

    2017.08.02
PAGE TOP