Loading

刀剣ブログ

生駒光忠・長船光忠の代表作

生駒光忠

生駒光忠(いこまみつただ)

  • 指定:国宝
  • 金象嵌銘:光忠 光徳(花押)生駒讃岐守所持(号 生駒光忠)
  • 所蔵:永青文庫
  • 種別:
  • 流派:長船派

国宝 刀 金象嵌銘 光忠 光徳(花押) 生駒讃岐守所持(号 生駒光忠)

生駒光忠

生駒光忠

生駒光忠

国宝 刀 金象嵌銘 光忠 光徳(花押) 生駒讃岐守所持(号 生駒光忠)出典:備前刀剣王国昭和大名刀図譜

生駒光忠押形

生駒光忠押形

生駒光忠押形 出典:刀剣美術名刀鑑賞編合本16

若き日の細川護立侯爵が小遣いで購入

本刀は、御家名物の「生駒光忠」です。号の由来は、本刀の所持銘「生駒讃岐守所持」に因みます。所持者の生駒讃岐守一正は、初代高松藩主生駒雅樂頭親正の子で、初めは父と共に織田信長の家臣として仕えましたが、信長薨去後は羽柴秀吉の家臣として活躍しました。秀吉薨去後は、徳川家康に近づき、関ケ原の戦いでは東軍側に与し、戦後に加増を受けています。高松藩主の生駒家では、一正の孫で高松藩四代藩主であった生駒高俊の時に生駒騒動と呼ばれる御家騒動が起き、騒動の責任を負った生駒家は改易され、出羽国矢島へ流罪となりました。この際に堪忍料として一万石を与えられた高俊は矢島藩を興しましたが、跡を継いだ高俊の長男高清が弟の俊明に二千石を分け与えた為に、これ以後生駒家は八千石の旗本となりました(但し、江戸最末期に石高の高直しを行い大名へと復帰、明治期に十三代当主生駒親承は男爵に叙爵されました)本刀の江戸期の所在については不明です。生駒騒動の折に調停役となった高俊の後見役でもあった藤堂高虎へ贈られたか、騒動後に困窮した家臣などへ手当を払う為に売却したか、或いは密かに代々隠し持っていたかのいずれであるかは定かではありませんが、個人的には売却して手放したのではないかと推測しています。明治三十三年に、細川護立男爵(後の細川家十六代当主細川護立侯爵)が小遣いを前借りして購入し、昭和十一年に旧国宝指定、同三十年国宝に指定され、現在は細川家伝来の美術品や資料を管理する財団法人永青文庫が所蔵しています。

別名「美術の殿様」と呼ばれた愛刀家

細川護立侯爵は、「美術の殿様」と呼ばれるほど美術品の収集や芸術家のパトロンとしても著名な方です。多くの美術品を収集された護立候ですが、特に力を注がれたのが白隠禅師の書画と刀剣・刀装具の収集です。愛刀家としての護立候の実績は、戦後に公益財団法人日本美術刀剣保存協会を設立し、初代会長に就任したことが広く知られています。護立候は、肥後金工の末裔である西垣四郎作について刀剣や刀装具についての鑑識を学びましたが、その鑑識を活かし、初めに購入した一口が本刀「生駒光忠」でした。前述の通り、小遣いを前借りして後に国宝となる本刀を購入した護立候の審美眼も凄いですが、小遣いで本刀が買えてしまう細川侯爵家も凄いですね。以後、護立候は細川家由来の「古今伝授の太刀(現国宝)」や「日本一則重(国宝)」などの名刀を収集し、それらも本刀同様に永青文庫所蔵です。

光徳象嵌の代表的な一口

本刀に金象嵌銘を施した時期については、一正は天正十九年に讃岐守を受領して、慶長十五年に逝去しているので、その間であることは間違いありませんが、おそらくは本刀を長船光忠作と極めた本阿弥光徳の筆跡から見て慶長年間と考えられています。本阿弥光徳は、本阿弥家の九代目で、その鑑識眼は歴代の本阿弥家の中でも屈指と言われており、彼が極めて象嵌を施させた世に「光徳象嵌」或いは「光徳極め」と呼ばれる刀は現在でも評価が高く、その中には本刀の他にも「名物へしきり長谷部」や「名物稲葉江」など国宝に指定されたものが複数あります。

長船鍛冶の祖

長船光忠は、刀工集団で最大の流派長船派の祖で、子といわれるものに長光や真長、弟といわれるものに景秀がいます。後の長船鍛冶と比べて、光忠の現存する在銘作はその高い名声の割に少ないです。その理由としては、光忠をこよなく愛し収蔵した織田信長由来の本能寺或いは安土城と共に保管してあった光忠の刀が燃えてしまったことが考えられます。事実、生駒光忠のように金象嵌銘の名物はありますが、本能寺と共に焼失したと伝わる實休光忠など他の在銘の名物級はほとんど現存しておりません。

長船派についてはこちらをお読みください

長船光忠の代表作

この刀は、姿は鎬造、庵棟、身幅広く、大磨上ながら腰反りややつき、鋒は猪首鋒となり、表裏に棒樋を掻き流している。鍛えは、小板目肌よく詰み、地沸つき、乱れ映り鮮明に立ち冴える。刃文は、丁子に互の目、尖り刃など交じり、足・葉よく入り、小沸つき、匂口明るく冴える。帽子は、乱れ込んで焼き詰め風となり、掃きかける。茎は、大磨上で、先は切り、鑢目勝手下がり、表に「生駒讃岐守所持」裏に「光忠 光徳(花押)」と金象嵌銘を施している。本刀は、現存する光忠の在銘作と無銘極めの中でも白眉と称されるほどの名刀で、本刀を自身所有の一口目に選んだ若き日の護立候の慧眼は素晴らしいとしかいえません。

生駒光忠の展示情報

生駒光忠は2017年に熊本県立美術館で包丁正宗と展示、2016年に永青文庫で歌仙兼定古今伝授の太刀と展示されていま

生駒光忠押形出典:長船町史刀剣編

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

関連記事

  1. 亀甲貞宗・将軍の世子へ渡した刀

    2017.09.17
  2. 歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

    2018.02.11
  3. 古今伝授の太刀・行平の最高傑作

    2017.11.30
  4. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  5. 今剣・義経の愛刀

    2018.02.10
  6. 江雪左文字・徳川頼宣の愛刀

    2017.12.14
PAGE TOP