Loading

刀剣ブログ

一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

太刀 銘 一(号 畠山一文字)(出典:備前一文字)

一文字派(いちもんじは)

「一」の字は「天下一」の「一」といわれている

一文字派は、鎌倉初期から南北朝期にかけて備前国で栄えた一大流派で、刀工の居住地や作風によって福岡一文字、吉岡一文字、片山一文字などと呼び分けています。一派名が、「一文字」と呼ばれる由縁は、茎に「一」の字を刻む事に因みますが、銘は「一」の字のみの他に、「一」の字の下に個銘を加えるものや個銘のみのものなどがあります。一文字の「一」は、天下一であるという事をあらわしているといわれており、鎌倉期最高の栄誉ともいわれる後鳥羽上皇御番鍛冶十二工にも粟田口派の二工、青江派の三工を遙かにしのぐ七工が名を連ねるなど、一文字派は当時最も勢いのある流派でした。

一文字の主な流派

福岡一文字

福岡一文字派は、一文字派の中で最も古くからある流派で、鎌倉時代初頭の則宗を事実上の始祖とし、鎌倉中期に至ると最も絢爛な大丁子乱れの作風を展開しました。同派は、鎌倉初期に助宗や助包、信正、信包など、鎌倉中期には吉房、助真、吉平、吉用など多くの名工を輩出しています。その中にあっても、徳川家康の愛刀名物日光助真の作者として知られる助真や名物岡田切の作者として著名な吉房などは、殊に大模様の乱れを焼き、作風も華やかです。
また、鎌倉初期の同派の作を特に古一文字と呼び、鎌倉中期の作を福岡一文字と呼び分けています。
因みに、現在の福岡県や福岡市の県名市名は福岡一文字派の鍛刀地である備前国福岡庄に由来します。備前国福岡庄(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)は、かつて福岡千軒と称されるほど賑わった山陽道を代表する宿場町で、筑前福岡藩主の黒田家の遠祖黒田高政が近江国から流れてきてこの地で財をなしたことから、福岡藩初代藩主黒田長政は黒田家所縁の「福岡」の地からとって、城の名前を「福岡城」としました。黒田家が一文字を代表する名刀である名物日光一文字を所持していたのもその事と無関係ではないかもしれません。

御物 太刀 銘 則宗

御物 太刀 銘 則宗(出典:昭和大名刀図譜

太刀 銘 則宗

国宝 太刀 銘 則宗

重文 太刀 銘 助宗(号 謙信助宗)松岬神社所蔵

重文 太刀 銘 助宗(号 謙信助宗)松岬神社所蔵 出典:備前一文字華やかな日本刀

日光助真

国宝 太刀 銘 助真(号:日光助真

岡田切

国宝 太刀 銘 吉房(号:岡田切)(出典:昭和大名刀図譜)

国宝 太刀 銘(菊紋)吉平

国宝 太刀 銘(菊紋)吉平(出典:昭和大名刀図譜)

日光一文字

国宝 太刀 無銘 一文字(名物日光一文字)(出典:黒田家の甲冑と刀剣

御物 太刀 銘 一(名物 道誉一文字)

御物 太刀 銘 一(名物 道誉一文字)

長篠一文字

国宝 太刀 銘 一(長篠一文字)

重文 刀 無銘:一文字(名物:南泉一文字)

重文 刀 無銘 一文字(名物 南泉一文字

姫鶴一文字

重文 太刀 銘 一(号 姫鶴一文字)

畠山一文字

太刀 銘 一 (号 畠山一文字)

吉岡一文字

吉岡一文字派は、鎌倉期の正応頃から南北朝期にかけて、備前国の吉井川左岸にあたる赤磐郡吉岡の地において繁栄しました。同派は、福岡一文字助宗の孫にあたる左兵衛尉助吉が同地に移住して祖となり、一派の刀工の名に「助」の字を用いているのが特徴です。代表工としては、助吉の他に助光、助義などがいます。作風としては、福岡一文字派と比べると刃文がやや小模様となり、小丁子や逆がかった刃、また純然たる直刃などもみられます。

国宝 薙刀 備州吉岡住左近将監紀助光-元応二年庚申十一月日

国宝 薙刀 銘一 備州吉岡住左近将監紀助光/元応二年庚申十一月日(出典:昭和大名刀図譜)

重文 刀 金象嵌銘 助光磨上光徳(花押)

重文 刀 金象嵌銘 助光磨上光徳(花押)出典:古刀新刀名作集

重美 短刀 銘 一 備州吉岡住助義 元徳三年三月日

重美 短刀 銘 一 備州吉岡住助義 元徳三年三月日

袖の雪

重要刀剣 太刀 銘 一 備前国□□住人左兵衛尉助次 延慶三年三月日(金象嵌銘)袖ノ雪

片山一文字

片山一文字派は、福岡一文字の則房が福岡から近在の片山へ移住して作刀したと伝えられることから片山一文字と呼称されています。代表工は則房で、同派の現存する有銘の作は太刀に限られていますが、古来より薙刀の名手と伝えられることから、薙刀及び薙刀直しの無銘作に片山一文字極めのものが多く見られます。

太刀 銘 一(号 今荒波)

太刀 銘 一(号 今荒波)

国宝 太刀 銘則房

国宝 太刀 銘 則房(出典:昭和大名刀図譜)

重文 長巻 無銘 片山一文字 黒漆長巻柄

重文 薙刀 無銘 片山一文字 黒漆長巻柄(出典:上杉家の名刀と三十五腰

岩戸一文字

岩戸一文字派は、鎌倉末期に備前国和気郡岩戸庄で鍛刀した一文字の一派で、主な刀工に吉氏・宗氏・吉信などがいます。同派の作刀時期が鎌倉末期の正中頃である事から、かつては正中一文字と呼ばれていましたが、現在では岩戸一文字の呼称が一般的です。作風は吉岡一文字と共通しますが、同派の現存する作は比較的少ないです。

重文 銘 一備前国岩戸庄地頭左衛尉源吉家-元徳二年十二月日

重文 銘 一備前国岩戸庄地頭左兵衛尉源吉家/元徳二年十二月日(出典:大山祇神社図録

押形 太刀 銘 一(号 畠山一文字)(出典:備前一文字)

日本刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
日本刀買取なら鋼月堂へ

にっかり青江・京極にすぎたるもの

青木兼元・孫六兼元の最高傑作

関連記事

  1. 長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

    2018.04.04
  2. 延寿派・南朝方についた刀工集団

    2018.03.17
  3. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  4. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
  5. 来派・山城伝を代表する工房の一つ

    2018.02.15
  6. 同田貫派・為政者に翻弄された刀工集団

    2018.02.24
PAGE TOP