Loading

刀剣ブログ

一期一振藤四郎・豊臣秀吉の愛刀

一期一振

太刀 一期一振藤四郎(いちごひとふりとうしろう)

  • 指定:御物
  • 額銘:吉光(名物 一期一振藤四郎)
  • 所蔵:宮内庁
  • 種別:太刀
  • 流派:粟田口派

一期一振

一期一振

御物 太刀 額銘 吉光(号 一期一振)出典:駿府御分物刀剣と戦国武将画像図録

一期一振額銘

大磨上のため銘は額銘となっております。

一期一振

一期一振押形 出典:京物の古名作

一期一振藤四郎押形

出典:銘刀押形 御物東博

一期一振押形

毛利本光徳刀絵図、寿斎本光徳刀絵図

藤四郎吉光について

藤四郎吉光の会心の作

本太刀は、享保名物帳所載の名物一期一振藤四郎です。号の由来は、藤四郎吉光が生涯この一振しか太刀を製作しなかったことから或いは生涯会心の作であったからともいわれています。実際、藤四郎吉光作の太刀は本太刀の他にも複数の刀剣書に記載されておりますし、成瀬家伝来の打刀(現特別重要刀剣)も現存しているので本太刀のみしか製作していないという事実はありませんので、やはり最も出来が良い作であったので一期一振と名付けたのだと思われます。本太刀の伝来は、豊臣秀吉が手に入れる前については諸説ありますが、有力な説としては毛利家から秀吉が献上されたというものです。秀吉は、本太刀を殊の外大切にし、後藤祐乗の金具を使用した拵を製作させ、一之箱に納めました。この一之箱に納められていたものは鯰尾藤四郎や獅子貞宗などいずれも名刀揃いでしたが、皮肉なことに大切に保管されていたが為にほとんどの刀が大坂城落城と共に焼身となってしまいました。徳川家康は、落城後焼身となった本太刀を惜しみ、初代越前康継に命じて再刃をさせました。家康薨去後は尾張徳川家の所蔵となり、文久三年に尾張徳川家十五代当主徳川茂徳から孝明天皇へと献上され、現在は御物です。

元々の長さは二尺八寸三分

本太刀は、元々秀吉が手に入れた地点では二尺八寸三分ありましたが、文禄四年から元和元年の二十年間に二尺二寸八分へと摺り上げられ、銘も額銘となっております。おそらくは、大坂城落城で焼身となった際に摺り上げたと思われますが、この間の記録がないため詳細は不明です。一説には秀吉が摺り上げさせたとも言われていますが、もしそうであればこれほどの名刀であれば、当然のことながら本阿弥家や埋忠家、もしくは家臣の日記などに何かしらの記録が残るはずですので、逆に言えば本阿弥家や埋忠家などに記録がない事実が、焼身となるまでは摺り上げていなかった一つの証明になりうると思います。

再刃となる前は乱刃

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、磨上ながら反りやや高く、鋒は猪首鋒となり、佩表に棒樋を掻き流し、佩裏は棒樋を掻き通している。鍛えは、小板目よく詰み、地沸つく。刃文は、中直刃基調に互の目や小乱交じり、小沸付き、小足入り、砂流しかかる。茎は、大磨上、鑢目切、先栗尻となり、茎の中ほどに額銘で「吉光」の銘を大振りに切っている。「光徳絵図」を見る限り、本太刀が焼身となる以前は藤四郎にしては刃文が乱れているので、二尺八寸余りの長さと相まって藤四郎独特の格調高い雰囲気に加えて独特の雄々しさを漂わせていたことでしょう。現存する多くの藤四郎の作は直刃ですので(前述の打刀も直刃)「乱れた藤四郎の太刀を一度拝見したかった」と思うのは筆者のみならず全ての愛刀家に共通する想いだと思われます。

一期一振の展示情報

一期一振は御物のため展示の機会は、なかなか無いかも知れませんが、藤四郎吉光の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

日本刀の押形について

獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

関連記事

  1. 獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

    2017.11.08
  2. 宗三左文字・天下取りの刀

    2017.12.16
  3. 鶴丸国永・謎に彩られた五条国永の代表作

    2017.10.06
  4. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  5. 青木兼元・孫六兼元の最高傑作

    2018.03.09
  6. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
PAGE TOP