Loading

刀剣ブログ

日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

日向正宗

日向正宗(ひゅうがまさむね)

  • 指定:国宝
  • 無銘:相州正宗(名物 日向正宗)
  • 所蔵:三井文庫(保管先 三井記念美術館)
  • 種別:短刀
  • 流派:相州伝

日向正宗姿

短刀 無銘(名物:日向正宗)

日向正宗刀身

日向正宗刀身

黒漆塗葵唐草文刻鞘小サ刀拵

黒漆塗葵唐草文刻鞘小サ刀拵 出典:正宗日本刀の天才とその系譜

 

日向正宗押形

日向正宗押形

相州正宗について

関ケ原の戦いの戦利品

本短刀は、享保名物帳所載の名物「日向正宗」です。号の由来は、所持者の一人である初代備後福山藩主水野日向守勝成が、関ケ原の戦いの時に大垣城主福原右馬介長堯から分捕り所持したことに因んでいます。また、水野勝成が福原長堯が大垣城を開場した時に分捕ったことから「大垣正宗」とも呼ばれています。本短刀は、元々石田三成が所持しており、三成から妹婿の福原長堯へ譲られ、前述通り長堯から水野勝成が分捕りました。名物帳の記載によると、勝成の借金の方として紀州徳川家初代藩主徳川頼宣の所有となり、以後紀州徳川家に伝来、昭和二年の紀州徳川家の売立の際に三井家が購入、昭和十年に三井高公男爵の所有で重要美術品認定、昭和十六年に同男爵の所有で旧国宝に指定、昭和二十七年に国宝指定、現在は三井家の所蔵品を管理する三井文庫の所有で三井記念美術館に保管されています。

水野勝成は「鬼日向」の通称で知られる豪将

号の由来となった水野日向守勝成は、徳川家康の従兄弟(家康の母伝通院は忠重の姉)で、二代将軍徳川秀忠の乳兄弟にあたります。刈谷城主水野忠重の長男として生まれた勝成は、若い時はかなりの乱暴者で父に勘当されたほどでしたが、慶長五年に父忠重の暗殺により跡を継いで三河刈谷藩主となり、前述の大垣城攻めで武勲を立て「日向守」の任官をされると、大坂の役では茶臼山を落とし、真田隊を壊滅させ、大坂城へ一番旗を立てるなどの武勲を立て、寛永十五年の島原の乱では七十五歳の老齢にもかかわらず九州以外の大名では唯一の参陣を請われるなどその勇猛ぶりは「鬼日向」と綽名されるほどでした。また、元和元年に大坂の役での功績から三河刈谷藩主から大和郡山藩主となり、元和五年に福島正則の改易後備後福山藩主として転封されると善政を敷き、名君と慕われました。
因みに、徳川頼宣の正室瑶林院(父は加藤清正、母が水野忠重の娘清浄院)は水野勝成の養女で実の姪にあたりますので、その関係もあって勝成から頼宣へ日向正宗が譲られたのではないかと思われます。

正宗の短刀中随一と評される

この短刀は、平造、三つ棟、ややふくらが枯れ、内反りとなる。鍛えは、板目肌細かに詰み、地沸厚くつき、地景入る。刃文は、互の目乱れに小湾れ交じり、沸よくつき、飛焼かかり、金筋・砂流し・湯走りかかる。帽子は、乱れ込んで小丸に先掃きかけ、長く焼き下げる。裏に施された護摩箸は、本阿弥光徳が彫らせたものと伝わっている。茎は生ぶ、鑢目勝手下がり、先剣形となる。本短刀は、強い鍛え、沸の強い刃、覇気に満ちた作風など相州正宗の作域を存分に示した無銘極めながら彼の典型作であり、同作中の短刀では随一という評価を受けるほどの正宗を代表する作品の一つです。

日向正宗の展示情報

日向正宗の次回の展示は未定ですが、相州正宗の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

宗三左文字・天下取りの刀

銃砲刀剣類登録証について

関連記事

  1. 青木兼元・孫六兼元の最高傑作

    2018.03.09
  2. 宗三左文字・天下取りの刀

    2017.12.16
  3. 膝丸・髭切の兄弟刀

    2018.02.06
  4. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  5. 大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

    2017.12.27
  6. 獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

    2017.11.08
PAGE TOP