Loading

刀剣ブログ

本歌(本科)と写しと再現作

本歌と写しと再現作

本歌と写し

古来より優れた作品には写しが多くみられます。優れた作品の作風を模して作られた刀剣を「写し」と呼び、元の刀剣を「本歌(本科)」と呼びます。長義作の山姥切と国広作の山姥切国広がありますが、写しと本歌が両方とも著名かつ両者にとって代表作である例は少なく、しかも両作共に国に指定されている例はおそらくこの一例のみです。

因みに和歌の「本歌取り」という技巧からきた言葉で、すぐれた古歌の句や発想を取り入れて作歌することをいい、元になった古歌を本歌といいます。

親子藤四郎

短刀 銘 吉光(名物 親子藤四郎)

親子藤四郎写し

短刀 銘 吉光 おやこ藤四郎 なんばんかね 越前国康継 本多飛騨守所持内(親子藤四郎写し)

康継の親子藤四郎の写しです。親子藤四郎は大坂御物で大坂落城の折に焼けたもので、親子の意味はこの短刀とほかに小刀が添えてあったことからと言われています。本歌は現存せず、光徳押形にその姿を止めていますが、そういう点でも忠実な写しは資料的にも価値が高いといえます。

短刀 無銘 正宗(名物 若江十河正宗)

短刀 無銘 正宗(名物 若江十河正宗)

若江十河正宗写し

短刀 銘 なんばんかね わかえまさむね/本多飛騨守所持内 越前国康継

大坂御物の(若江十河正宗写し)初代康継が若江十河正宗を写したもの

安宅貞宗

刀 磨上 象嵌 安たち貞宗末代剣也 羽柴岡山中納言秀詮所持(名物 安宅貞宗)

安宅貞宗写し

刀 銘(葵紋)以南蛮鉄越前康継(金象嵌)あたき写 大袈裟落

(安宅貞宗写し)二代康継が安宅貞宗を写したもの

短刀 銘 宗近(号 海老名

短刀 銘 宗近(名物 海老名小鍛冶)

海老名小鍛冶写し

短刀 銘 なんはんかね 三条こかち迫/越前国康継本多飛騨守所持内 (海老名小鍛冶写し)

切刃貞宗

重美 刀 無銘 貞宗(名物 切刃貞宗)

切刃貞宗写し

刀 銘(葵紋)以南蠻鐵於武州江戸越前康継/本多飛騨守所持内 かさね胴及度々末代剣是也(立葵紋)

(切刃貞宗写し)初代康継が切刃貞宗を写したもの

骨喰藤四郎

脇差 無銘 伝 吉光(名物 骨喰藤四郎

骨喰藤四郎写し

脇指 銘(葵紋)以南蛮鉄於弐州江戸越前康継/骨喰吉光獏

(骨喰藤四郎写し)初代康継が名物骨喰藤四郎を写したもので焼ける前の写であると思われる。

太鼓鐘貞宗

短刀 無銘 貞宗(名物 太鼓鐘貞宗

太鼓鐘貞宗写し

短刀 銘 義助(太鼓鐘貞宗写し)駿河国の刀工、島田義助が写したもの

庖丁正宗(本歌)

国宝 無銘 正宗(名物 庖丁正宗)

庖丁正宗写し

短刀 銘 国広(庖丁正宗写し)堀川国広が日向国延岡藩主内藤家に伝来した庖丁正宗を写したもの

包丁正宗写し

短刀 銘 太阿源貞一彫同作(花押)(棟銘)昭和二二十八年十二月十八日 父長野純二依所望造之 安祥護刀授之

(庖丁正宗写し)月山貞一刀匠が作った写し、昭和48年の作

小竜景光

太刀 銘 備前国長船住景光/元享二年五月日(号 小龍景光

小竜景光写し

刀 銘 備前国長船住景光 元亨二年五月日 文久二年五月応山田吉年好備前介宗次写之

(小龍景光写し)七代山田浅右衛門吉利の注文により固山宗次(こやまむねつぐ)が写したもの。

ソハヤノツルキ

太刀 切付銘 妙純傳持 ソハヤノツルキ ウツスナリ

ソハヤノツルキ写し

太刀 妙純傳持 ソハヤノツルキ ウツスナリ奉納久能山東照宮御宝前宮入昭平作内一之

(ソハヤノツルキ写し)昭和35年(1960年)に人間国宝の刀匠、宮入昭平作の写しで久能山東照宮に奉納されたもの。

小鳥丸(本歌)

太刀 無銘 天国(名物小烏丸

小鳥丸写し

太刀 銘 小沢正寿作/毎日新聞社賞受賞之作 昭和二十五年二月日(小鳥丸写し)小沢正寿刀匠が作った写し

山伏国広

太刀 銘 天正十二年二月彼岸 日州古屋之住国広山伏之時作之/太刀主日向国住飯田新七良藤原祐安(号 山伏国広

山伏国広写し

太刀 銘 天正十二年彼岸 日州古屋之住国広山伏之時作之/太刀主日向国住飯田新七良藤原祐安
(棟銘)和州三輪之住太阿月山源貞一同作(花押)昭和庚戌年春彼岸

(山伏国広の写し)月山貞一刀匠が作った写し

徳善院貞宗

国宝 短刀 無銘 貞宗(名物 徳善院貞宗)

徳善院貞宗写し

脇指 銘 和州之住月山貞利彫同作 (棟銘) 長野純二所持
獎励賞受賞行年二十三歲 昭和庚戌年三月吉日

(徳善院貞宗写し)月山貞利刀匠が作った写し

刀 無銘 伝貞宗

重文 刀 無銘 伝貞宗

上杉家御手選三十五腰の一振で大磨上ながら刃長は二尺五寸二分(76.4cm)で生の姿は大太刀であったことが知られます。

貞宗写し

刀 銘 大和国住月山貞利謹彫同作(花押)(棟銘)昭和五寿乙卯年二月吉祥日 (金象嵌銘)模 上杉貞宗 董山誌(花押)

(上杉家御手選三十五腰の一振、貞宗の写し)月山貞利刀匠が作った写し

水神切兼光

重美 刀 銘 備州長船住兼光康永二年十一月日(号 水神切兼光)

水神切兼光写し

刀 銘 依山崎勝氏所望武蔵国吉原義人彫同作/高松宮賞受賞 昭和甲寅歳初春

(水神切兼光の写し)吉原義人刀匠が作った写し

道誉一文字

御物 太刀 銘 一(名物 道誉一文字)

道誉一文字写し

太刀 銘道誉一文字作意 傘笠亭正峯作之/昭和甲辰年八月日 新作名刀展第二回正宗賞名誉会長賞授賞ノ作

(道誉一文字の写し)昭和三十九年度の作刀で、隅谷正峯刀匠の代表作のひとつ

日本号

槍 日本号

月山貞一日本号写し

槍(日本号写し)月山貞一刀匠が作った写し

日本号写し

日本号写し

槍(日本号写し)人間国宝の隅谷正峯刀匠が作った写し

写しと再現作

写しと再現作は、基本的には同じですが、写しの方には写した人間の主観が入る余地があります。再現作は、あくまでもオリジナル(本歌)に忠実でないといけないので、写した人の主観が入る余地はないです。再現作では武庫刀纂に残された刃文、映りもそのままに再現した宮入法廣刀匠作の燭台切光忠の再現作がありますね。

再刃

刀身の刃が火災などの為、無くなった時、他の刀工が再び焼を入れて作った刃のことで、当初より刀工が再刃することもあります。焼戻しともいい、帽子のみを再刃することを焼継帽子といいます。再刃したために焼落し、水影、焼直しうつり等が生じることが多いです。

写し物の意義と康継の写し物

越前康継は古来写し物の名手と称されています。康継の写し物は亡びてゆくものを再現し、後世に伝えたということだけでも立派な芸術であり、加えるに同じ写し物でも、形骸を模したのみのものではなく、康継独特の「もてるもの」を打込んだ立派な作刀であり、その一つの良心的証拠として「志ゝ貞宗のうつし」「あきたさたむねのうつし」などと添銘しており、中には名物海老名宗近の写しには「三条こかち追」とあって、「追」は「せまる」と訓み「我が作った海老名小鍛冶の写しは、殆ど三条宗近の作にせまるものが出来た」という心懐を述べたものです。康継の作刀生活において、彼が徳川将軍家の抱え工となり元和七年(一六二一)に没するまでの十数年間が、最も活躍した時代であり、大坂夏冬の陣を間にして、種々の写し物を造っており、若江正宗、獅子貞宗、梅竹貞宗、切刃貞宗、あきた貞宗、海老名小鍛冶、一期一振、骨喰藤四郎、親子藤四郎、鯰尾藤四郎で梅竹貞宗を除く九口は享保名物帳に所載されています。

画像:燭台切光忠 再現作

岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

生駒光忠・長船光忠の代表作

関連記事

  1. 主な参考文献(順不同)

    2017.07.31
  2. 刀身彫刻・日本刀の彫物

    2018.06.02
  3. 日本刀名称・刀剣各部名称

    2017.06.27
  4. 日本刀の号とは

    2017.09.30
  5. 日本刀の銘

    2017.06.28
  6. 小脇差と寸延短刀

    2019.07.08
PAGE TOP