Loading

刀剣ブログ

本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

本庄正宗

本庄正宗(ほんじょうまさむね)

  • 指定:旧国宝
  • 無銘 相州正宗(名物 本庄正宗)
  • 所蔵:行方不明(GHQにより接収、その後所在不明)
  • 種別:
  • 流派:相州

将軍家と共に譲られる伝家の宝刀

名匠相州正宗の刀、本庄正宗(ほんじょうまさむね)は徳川将軍家(徳川宗家)で最も価値のある刀であり、四代将軍徳川家綱以降、将軍職と共に譲り渡された所謂伝家の宝刀です。「享保名物帳」でも一番初めに掲載され、「諸家名物帳」内の「本阿弥家私記」に「本庄正宗は御当家随一の御重宝にして御尊敬厚き名刀なり」と述べているように、名刀を多く所持していた徳川将軍家を代表する名刀であり、それは本刀が徳川将軍家の蔵番1であることからもわかります(因みに、蔵番5が名物朝倉藤四郎、蔵番6が名物鍋島藤四郎です)
本庄正宗の号は、上杉家の家臣であった本庄越前守繁長の姓に由来し、名物帳の記述によると、十五里ヶ原の戦いで東禅寺右馬頭勝正から繁長が分捕り(この時に東禅寺勝正は本刀で本庄繁長の兜を切った為に鎺元に大きな刃こぼれが生じ、昭和初期の段階でもそのまま残っています)上杉景勝へ献上、景勝はそのまま繁長に下賜、後に本庄繁長から羽柴秀次に譲渡され、秀次から豊臣秀吉へ献上、五大老から朝鮮での戦功により島津兵庫頭義弘へ下賜(寛政重脩諸家譜に記述有)義弘から徳川家康へ献上、家康の形見(駿府御分物)として紀州大納言徳川頼宣に渡され、寛文七年(1667年)に頼宣が隠居する際に四代将軍徳川家綱へ献上、以後家綱から綱吉へ、この後養子が続いたので譲渡しの儀は一時途絶えますが、八代吉宗から家重へ、九代家重から家治へ、十代家治の薨去にともない家斉へ、十一代家斉から家慶へ、十二代家慶の薨去にともない家定へ、十三代家定の薨去にともない家茂へ、十四代家茂の薨去にともない慶喜へ、十五代慶喜から家達へ、十六代宗家家達から家正へという様に三百年近くにわたり将軍家(大政奉還後は徳川宗家)の第一の宝として伝来しました。

進駐軍の押収により行方不明

終戦直後、十七代宗家徳川家正公の時に進駐軍に押収され以後行方不明、今なおアメリカの愛刀家が秘蔵しているという噂は耳にしますが真偽のほどは不明です。この刀に関しては無事であってさえくれればどこにあってもいいというのが著者の考えです。もちろん、出来れば一度拝見したいのが本音ですが。本刀は、戦前に国宝(所謂旧国宝)に指定され、認定前に行方不明になっている為、国宝はおろかおそらく重要文化財にも認定されていないと思います。
もし見つかれば伝来から考えて国宝に指定される可能性はかなり高いです(もちろん発見時の保存状態にもよりますが)
実はこの刀の伝来については諸説あります。というのも「駿府御分物刀剣元帳」には本刀の記述がなく、「寛政重脩諸家譜」にはただ「正宗」としか書かれていない(大大名である島津家は複数の正宗を所蔵していたので特定が困難)など、これほどの名刀でありながらその出自に明らかでないところがある為です。したがって、確実なのは徳川家の公式記録である徳川実紀に記載されている四代家綱以降のものになります。

天下第一の正宗

この刀は、元々三尺近くあった(二尺七寸説が有力ですが諸説あります)ものを摺り上げて、現在は二尺一寸五分になっている。姿は、鎬造、庵棟、反り浅く、身幅広く、重ね薄く、鋒のびごころとなる。鍛えは、小板目肌詰み、地沸、地景細かに入り、飛焼交じる。刃文は、小沸出来の乱刃に大乱れ小乱れ交じり、足入り、金筋かかる。帽子は、浅く乱れ込んで返る。その伝来に加えて本阿弥家が「天下第一の正宗」と称したほどの名刀です。この刀を観た存命の方は数少ないとは思いますので、是非一度この手にとって拝見したというのが全ての愛刀家の悲願だと思います。

本庄正宗の展示情報

本庄正宗の展示は行方不明のため未定ですが、相州正宗の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

本庄正宗

本庄正宗押形(出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

関連記事

  1. へし切長谷部・凄まじい切れ味を秘めた名刀

    2017.10.18
  2. 祢々切丸・日本屈指の長大な太刀

    2018.09.18
  3. 山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

    2017.09.28
  4. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
  5. 大包平・日本刀の横綱

    2018.01.12
  6. 髭切・源氏の重宝

    2018.02.06
PAGE TOP