Loading

刀剣ブログ

骨喰藤四郎・謎と伝説に彩られた刀

骨喰藤四郎

骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう)

    • 指定:重要文化財
    • 無銘 :伝粟田口吉光 (名物 骨喰藤四郎)
    • 所蔵:豊国神社
    • 種別:脇差(指定は薙刀直し刀
    • 流派:粟田口派

骨喰藤四郎

骨喰藤四郎

骨喰藤四郎

重文 脇指 無銘 粟田口吉光 (名物 骨喰藤四郎)出典:大関ヶ原展図録、山城物刀剣図譜

骨喰藤四郎

骨喰藤四郎

骨喰藤四郎

出典:山城物刀剣図譜

骨喰藤四郎押形

脇指 無銘 粟田口吉光 (名物骨喰藤四郎)

骨喰藤四郎押形

骨喰藤四郎 出典:光徳刀絵図集成

骨喰藤四郎押形

骨喰藤四郎押形 出典:光山押形

骨喰藤四郎押形

出典:出典:継平押形 附・本阿弥光徳同光温押形集

※今日では刃渡が二尺未満の為に脇差扱いですが、重文指定は「薙刀直シ刀 無銘 伝粟田口吉光」となっていますので、本文中の表記は全て「刀」としています。

伝来について諸説有

本刀は、享保名物帳所載の名物「骨喰藤四郎」です。号の由来は、享保名物帳の記載によれば、本刀を持って戯れで人に向けて振る真似をしたところ相手の骨が砕けたという伝説から名付けられました。尚、本刀の呼び名については、古い書物では「骨喰」と記載されていますが、やがて「骨喰吉光」を経て、現在では「骨喰藤四郎」へと変わっています。
本刀の伝来については諸説有りますが、一般的に知られるものとしては、元々豊後国の守護大友家の初代当主大友能直が源頼朝から下賜され代々同家で伝来していましたが、新田義貞との合戦に敗れて九州へ都落ちした室町幕府初代将軍足利尊氏に大友家から献上され、以後足利将軍家に伝わりました。戦国期に、足利将軍家から出て松永久秀の所持となりましたが、大友宗麟が久秀から買い戻し、再び大友家の所蔵となりました。しかし、骨喰の噂を聞きつけた豊臣秀吉から譲るように言われ、大友義統から秀吉へ献上されました。その後、秀吉から豊臣秀頼へと受け継がれました本刀ですが、大坂城落城後に一時行方不明となり、河内の農民がみつけて本阿弥光室に見せた後(光室が農民から買い取ったのか、それとも進呈されたのかは不明)光室が徳川家康に見せた後二代将軍徳川秀忠へと献上し、以後徳川家の所有となりました。大坂城で焼失を免れた本刀ですが、明暦の大火で焼失し、残念ながら焼身となりました。焼身となった本刀は、三代康継の手で再刃(尚、焼失以前の本刀を初代康継が写したもの(東京国立博物館所蔵)が現存しています)を施され、徳川将軍家から紀州徳川家へ下賜された後、幕末に紀州徳川家から徳川将軍家へ再び献上、明治に入り明治天皇の命で再興された豊国神社に徳川宗家十六代当主徳川家達公爵から寄贈され、現在も同神社の所蔵というのが、一般的に知られている骨喰藤四郎の伝来です。

確実視されているのは秀吉所持以降

しかし、上記の伝来の内、確実であろうとされているのは礼状が現存している「大友義統→豊臣秀吉」以降で、秀吉が所持したことについては光徳刀絵図に押形が残っていることからみても確実です。次に「河内の農民→本阿弥光室→徳川秀忠」については、徳川家の公式史書である徳川実紀に記載があるのですが、「薬研藤四郎吉光骨喰と名付けたる刀」と書かれているので、薬研藤四郎と骨喰吉光の二口が出てきて名前がくっついてしまったのか、それとも誤字或いは誤伝なのかは不明ですが、公式史書ですらこの有様ですので、他の伝聞についてはかなり怪しい部分もあるかと思われます。
また、上記の伝来の中でも、もし藤四郎吉光の作であるとするならば鎌倉初期に下賜されたとなると当然作者と時代が合わないですし、大友家から足利尊氏へ献上された件についても疑問に思うところはありますが、足利将軍家が本刀を所有していたことについては事実なのではないかと思います。
その理由としては、名刀好きな秀吉がわざわざ大友家に所望しているほどなので、当時でも足利将軍家に伝わった刀として、或いは大友宗麟が大金で買い求めた刀として(はたまたその両方か)この骨喰がそれなりに有名だったのではないかと推測しています。

「骨喰」は複数あった?

ここから先は著者の仮説になりますが、秀吉の手に入るまでの主ないきさつとしては下記の様に推察しています。

元々、大友家と足利将軍家は、それぞれ「骨喰」という異名の刀を所蔵していた

いつしか大友家の「骨喰」が何らかの理由で失われた

ある時、足利将軍家が所蔵していた「骨喰」という刀を松永久秀が手に入れたという知らせが大友家に届いた

「それがかつて当家に伝わっていたという骨喰に違いない、買い戻そう」と言う話になり、大友宗麟が松永久秀から大金で譲り受けた
↓(約二十年後)
その話を秀吉の耳に入れた者がおり「大友家にはそんな名刀があるのか、所望の手紙を送れ」となった

大友義統から秀吉へと献上された

この流れであれば、頼朝から大友能直へ下賜された「骨喰」と足利将軍家に伝わる「骨喰吉光」が混同された理由がつきます。加えて、合戦が行われて時代では「骨喰」という号はさほど珍しくもなかったのではないかと思います。というのも、切れ味由来の号として骨を断つという由来は「籠手切」「鉄砲切」「笹露」などと同様に、複数存在してもまったく不思議はないからです。この辺りが「骨喰藤四郎」の伝来に諸説ができてしまった原因ではないかと推測します。

藤四郎吉光について

骨喰藤四郎の展示情報

骨喰藤四郎は2016年には徳川美術館で鯰尾藤四郎と一緒に展示され、2018年の特別展示「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」で京都国立博物館で展示されました。2019年9月7日(土)~11月4日(月)に福岡市博物館で開催される特別展「侍-もののふの美の系譜-」で展示されます。是非この機会にご鑑賞ください。藤四郎吉光の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

脇差の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
脇差買取なら鋼月堂へ

粟田口派・綺羅星の様な名工集団

大和五派・大和伝を代表する諸派

関連記事

  1. ソハヤノツルキ・徳川家康最愛の刀

    2018.07.05
  2. 燭台切光忠・言語を絶する名刀

    2017.10.25
  3. 織田左文字・織田信長が所持した刀

    2019.10.05
  4. 会津新藤五・短刀の横綱

    2018.02.15
  5. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
  6. 次郎太刀・重厚な大太刀

    2018.03.03
PAGE TOP