Loading

刀剣ブログ

膝丸・髭切の兄弟刀

膝丸

膝丸(ひざまる)

膝丸

太刀 銘☐忠 薄緑

重文 太刀 銘 □忠(名物 膝丸)大覚寺所蔵 出典:大覚寺の名宝

薄緑丸

太刀 薄緑丸 箱根神社蔵 出典:箱根の宝物

刀 折返銘 長円(伝-薄緑)

刀 折返銘 長円(伝-薄緑)

特重 刀 折返銘 長円(伝 薄緑)個人蔵 出典:草創期の日本刀

髭切の兄弟刀

本太刀は、髭切と共に源氏の重宝と伝わる名物「膝丸」です。号の由来は、罪人を試し切りした際に、膝まで切れたことに因みます。「源平盛衰記 剣巻」によれば、髭切と同じく平安中期に筑前国三笠郡の出山に住む異国の鍛冶によって作られた膝丸は、髭切同様に名を次々と変えており、源頼光はある夏に病で苦しんだ時、病が小康状態となった頼光を縛ろうと身の丈七尺ほどもある怪しい法師が傍らに近づいたので、頼光は枕元にあった膝丸で切りつけました。血痕を追いかけてみると、塚があり掘り進めてみると四尺ほどもある山蜘蛛がいたので、これが病の原因だと思った頼光は蜘蛛を鉄の串に差して河原へ晒し、膝丸の名を蜘蛛切と改めました。頼光から三男の源頼基、甥の頼義、頼義の長男義家と受け継がれた蜘蛛切は、源為義の代には夜に蛇の泣くような声で吠えたので名を吼丸へと改められました。その後、為義の娘婿である熊野別当教真(十八代別当湛快)へ引出物として贈られましたが、湛快は「源氏重代の刀を自分などが持つのはおこがましい」と考え、熊野権現へ奉納しました。後に二十一代熊野別当湛増から源義経に吼丸が贈られ、それを大層喜んだ義経は「春に熊野へきてこの太刀を得たが、春の熊野の山は夏に比べて緑が淡い(薄い)ので、春の山に因んで薄緑と名付けよう」と言い、名を薄緑へと改めました。平家との戦いで大いに活躍した義経ですが、平家を討ち滅ぼした後に兄である源頼朝と仲違いし、鎌倉へ入れてもらえなかった為に、兄との関係修復を祈願して本太刀を箱根権現に奉納しました。その後、義経は奥州で討たれ、頼朝は本太刀を箱根権現から取り寄せ、久しぶりに髭切と膝丸の二口が源氏の棟梁の下に揃いました。
以上が、「剣巻」における膝丸の概略です。因みに、義経に膝丸を渡した熊野別当湛増は、義経の忠臣武蔵坊弁慶の父と伝わっています。弁慶については岩融の頁をご覧ください。

膝丸と伝わる刀が複数存在する

所在が分からない髭切と異なり、膝丸と伝えられる太刀は複数存在しています。それらの幾振かは名物薄緑として伝わっており、斯界で有名なものとしては大覚寺所蔵の「太刀 銘 □忠(名物 膝丸)(※画像参照)」や源義経が奉納したと伝わる箱根神社所蔵の「太刀 名物 薄緑丸(※画像参照)」、重要刀剣指定で個人蔵の「刀 折返銘 長円(伝 薄緑)(※画像参照)」などが挙げられます。ただ、これらの刀は体配などから見て何れも鎌倉期の作と考えられており、平安中期の作とされる膝丸とは製作年代が合いません。ですので、髭切と同じく膝丸も源氏の権威付けの為に作られた想像上の産物と考えた方がいいと思われます。

膝丸の展示情報

大覚寺の名物膝丸は「秋季特別名宝展 旧嵯峨御所 大覚寺の名宝」2017年9月29日(金)~12月4日(月)旧嵯峨御所 大本山 大覚寺で展示されていました。
特重 刀 折返銘 長円(伝 薄緑)は第25回特別重要刀剣等新指定展 2018年5月26日(土)~7月16日(月)刀剣博物館で展示されています。
膝丸の次回の展示は未定ですが全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

髭切・源氏の重宝

刀剣乱舞実装刀剣の展示情報

関連記事

  1. にっかり青江・京極にすぎたるもの

    2018.03.06
  2. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  3. 小竜景光・楠木正成が所持したと伝わる太刀

    2017.08.10
  4. 大般若長光・異例の代付で知られる太刀

    2017.08.04
  5. 太閤左文字・太閤の愛した短刀

    2017.11.21
  6. 山伏国広・古屋打ちの代表作

    2017.09.28
PAGE TOP