Loading

刀剣ブログ

平野藤四郎・前田家から皇室へとわたった名短刀

平野藤四郎

平野藤四郎(ひらのとうしろう)

  • 認定:御物
  • 銘:吉光(名物 平野藤四郎)
  • 所蔵:宮内庁
  • 種別:短刀
  • 流派:粟田口派

平野藤四郎

平野藤四郎

御物 短刀 銘 吉光(名物 平野藤四郎)出典:昭和大名刀図譜

平野藤四郎押形

平野藤四郎

平野藤四郎 押形

平野藤四郎押形 出典:銘刀押形 御物東博刀剣美術名刀鑑賞編合本16

号の由来は平野道雪の所持に因む

本短刀は、享保名物帳所載の名物平野藤四郎で、本阿弥家の調査記録の写しで、後に加賀藩から明治天皇に献上された副本(記載の内容は正本は簡略、副本は詳細が記載されており、正本は御物(将軍家所蔵品)である厚藤四郎が一番目に上げられています)の開巻の第一番目に平野藤四郎が上げられており、その記載内容は下記の通りです。

松平加賀守殿 平野藤四郎 銘有長さ九寸九分 不知代
表裏刀樋井架下に影樋の残有之 摂津国平野之町人道雪と申者所持 木村常陸介金参拾貳枚に求む 其節は長さ壱尺有 詰り候て如何とて壱分磨上る 秀吉公へ上る 利長卿拝領又秀忠公へ上る 元和三年利家卿館へ渡御之刻利 光卿拝領也 其節加州よりは新身藤四郎上る

号の由来は元々、摂津の商人、平野道雪が所持していたことに因みます。平野道雪から豊臣秀吉ついで秀次の家臣。木村重茲(木村常陸介)が金三十二枚で買い求め、刃長は一尺あったものを区送りして一分磨上げ、その後、秀吉に献上し、秀吉から前田利長が拝領し、利長から徳川秀忠(徳川幕府二代将軍)へ献上、元和三年(一六一七)に秀忠が前田邸へ渡御した際に前田利光(利長の養嗣子で正室の珠姫は秀忠の娘なので秀忠にとって娘婿になります)が拝領し、以来前田家に伝来、明治十五年に前田家から明治天皇に籠手切正宗とともに献上され現在も皇室御物です。名物帳での代付は不知代で、無代や不知代というのは、代金がつけられないほど貴重という意味となっています。

同作中最も大振りの短刀

この短刀は、姿は、平造、三つ棟、内反りで、身幅広く大振りである。鍛えは、小板目よくつみ、棟寄り僅かに柾がかかり、地沸よくつく。刃文は、広直刃、浅く湾れて小足・葉入り、焼出しに互の目を揃え、総体に小沸よくつき、匂口冴える。帽子は、浅く湾れごころに先小丸。彫物は表裏に刀樋を掻流し、表茎に添樋の跡残る。茎は生ぶ、先栗尻、鑢目浅い勝手下り、目釘孔一、目釘孔下中央に大振りの「吉光」の二字銘がある。刀樋に添樋のあったことは茎に残る添樋のあとでわかるが、いささかの疲れごころも見えないのは、地がねのよさを物語るものであり、添樋が浅かったことがわかる。
短刀の名手と知られる藤四郎吉光の作で、同作の短刀には厚藤四郎(七寸二分)(約21.8cm)や乱藤四郎(八寸四分)(約22.6cm)などの小振りのものから信濃藤四郎(八寸二分五厘)(約25.0cm)など尋常なもの、さらに後藤藤四郎(九寸一分)(約27.7cm)までありますが、この平野藤四郎は九寸九分(約30cm)と吉光作中の短刀の中では最も大振りのものです。

藤四郎吉光について

平野藤四郎の展示情報

平野藤四郎は鶴丸国永鶯丸同様、皇室御物のため、滅多に展示されませんが、1997年の特別展「日本のかたな・鉄のわざと武のこころ」で特別展示されたので今後展示の機会はあるかもしれませんね。平野藤四郎の次回の展示は未定ですが、藤四郎吉光の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

平野藤四郎押形(出典:図説刀剣名物帳

 

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

大和五派・大和伝を代表する諸派

小脇差と寸延短刀

関連記事

  1. 姫鶴一文字・上杉景勝の愛刀三十五腰の一口

    2019.09.07
  2. 大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

    2017.12.27
  3. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  4. 山伏国広・古屋打ちの代表作

    2017.09.28
  5. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
  6. 太郎太刀・豪傑真柄十郎左衛門の愛刀

    2018.03.03
PAGE TOP