Loading

刀剣ブログ

姫鶴一文字・上杉景勝の愛刀三十五腰の一口

姫鶴一文字

姫鶴一文字(ひめつるいちもんじ)

姫鶴一文字

太刀 銘 一(号 姫鶴一文字)

姫鶴一文字

姫鶴一文字

姫鶴一文字 出典:名物刀剣-宝物の日本刀

姫鶴一文字刀身

姫鶴一文字茎

姫鶴一文字 出典:大関ヶ原展図録

姫鶴一文字押形

姫鶴一文字押形

姫鶴一文字押形

黒漆合口打刀拵

黒漆合口打刀拵

鶴姫一文字黒漆合口打刀拵

黒漆合口打刀拵
その様式は山鳥毛一文字の拵と酷似するもので、柄は藍韋平巻、鞘の栗形は尖り、返角は極端に棟に寄る。

号の由来については不明

本太刀は、上杉景勝御手撰三十五腰の一口で、上杉家の御家名物である「姫鶴一文字」です。号の由来については諸説ありますが、正直どの説も決定的な根拠に乏しく、詳細については不明と言っていいと思います。「上杉景勝自筆腰物目録(国宝 上杉家文書の内)」に上秘蔵と記されているように、上杉家でも珍重され、長く同家に伝わりました。戦後同家から売却され、個人蔵となりましたが、平成九年に上杉家所縁の米沢市が購入し、現在は米沢市上杉博物館に所蔵されています。昭和十二年に重要美術品認定、同二十四年に旧国宝指定、翌二十五年に文化財保護法の制定・施行に伴い重要文化財へとなりました。

愛刀家上杉景勝のお気に入りの一口

上杉景勝御手撰三十五腰とは、愛刀家としても知られている上杉景勝が、養父である上杉謙信の蔵刀の中から選抜した名刀を目録に記したものです。本太刀の他には、名物五虎退、名物山鳥毛一文字、唐柏国信などが現存しています。但し、目録の原本は失われており、近世に製作された「上杉家刀剣台帳」記載の二十六口以外の刀については、どの刀が三十五腰に含まれるのかについて様々な推論が重ねられています。

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、長さに比して身幅広く、腰反り高く、踏ん張りがあり、鋒は猪首鋒となる。地鉄は、板目に杢交じり、流れごころの肌入り、総体に肌立ちごころとなり、乱れ映り鮮明に立つ。刃文は、匂出来の丁子乱れ主調に、重花丁子、袋丁子、互の目乱れなどを交えた華やかな刃を焼き、飛焼、棟焼かかり、足・葉入り、僅かに金筋・砂流しかかる。帽子は、佩表は大丸ごころに返り、裏は一枚風となる。茎はほぼ生ぶ、茎尻は僅かに切り詰めて浅い栗尻となり、鑢目は浅い筋違、茎の上部鎺下に「一」の銘を切っている。
本太刀に付帯する打刀拵は、上杉家独特の鐔を用いない合口拵です。鞘は黒呂色塗で、柄は黒塗りの鮫に藍染の革で平巻を施し、頭は角、縁は赤銅磨地、小柄は鉄共柄で梅花紋を透かし、笄は赤銅地に馬具図を高彫りであしらっています。全体に黒を基調とした造りで、金や銀などの光って目立つ金具を使用していないのは、やはり戦場での使用を前提にして製作された為だと思われます。

一文字派についてはこちらをお読みください。

姫鶴一文字の刀剣展示

姫鶴一文字は米沢市上杉博物館 開館記念特別展「上杉家の至宝」や特別展「上杉家の名刀と三十五腰」で展示され、2019年9月7日(土)〜2019年11月4日(月)の福岡市博物館「特別展 侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」で展示予定です。また一文字派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

姫鶴一文字押形(出典:一文字の美図録

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

厚藤四郎・吉光の作では唯一の鎧通し

青森の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

関連記事

  1. 太閤左文字・太閤の愛した短刀

    2017.11.21
  2. 髭切・源氏の重宝

    2018.02.06
  3. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  4. 桑山保昌五郎・保昌派を代表する名短刀

    2019.08.08
  5. 江雪左文字・徳川頼宣の愛刀

    2017.12.14
  6. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
PAGE TOP