Loading

刀剣ブログ

髭切・源氏の重宝

髭切

髭切(ひげきり)

髭切

重文 太刀 銘安綱(号 鬼切丸)(別名髭切) 出典:北野天満宮神宝展図録

髭切

源氏の重宝

本太刀は、兄弟刀である「膝丸」と共に源氏の重宝と伝えられる名物「髭切」です。『源平盛衰記』の「剣巻」には、下記のように「髭切」の太刀の継承についての記載があります。
平安中期、源氏の棟梁源満仲は、漢の高祖にあやかり天下守護のための刀を筑前国三笠郡の出山に住む異国の鍛冶に二口作らせました。この刀鍛冶が、八幡大菩薩の加護を得て二口を揃いで作り、満仲が有罪の者を切らせたところ、髭まで切ったことから本太刀を髭切と名付け、もう一口は膝まで切ったことから膝丸と名付けられました。髭切は、その後満仲の嫡子である源頼光の代に頼光四天王の一人渡辺綱へと貸し出され、綱が一条戻橋で鬼(茨木童子或いは宇治の橋姫)の腕を斬ったことから、名を鬼丸へと改めました。頼光の甥伊予守頼義、頼義の子八幡太郎義家へと相伝された鬼丸は、義家の孫陸奥四郎為義の代に、夜に獅子の鳴くような声で吠えたことから獅子ノ子へと名を改められました。為義は、膝丸(この時には吠丸と呼ばれていました)を娘婿である熊野別当教真(おそらく十八代別当湛快)に婿引出として譲った為、播磨国から鍛冶を呼び寄せ吠丸の代わりの刀として獅子ノ子を写して刀を作らせ、目貫を烏の図柄にしてつけたことから小烏と名付けました。小烏獅子ノ子より二分程長かったのですが、ある時二口を抜いて障子に立て掛けていると、人も触れていないのに刀が倒れて、二口が同じ長さになっていました。不審に思った為義が調べてみると、目貫が折れ、小烏の茎が二分ほど切られていたので、それを獅子ノ子の仕業と考えた為義は、獅子ノ子の名を友切へと改めて、長男の義朝へ譲りました。その後、義朝は友切を末代の大将とみた三男右兵衛佐頼朝(後の鎌倉幕府初代将軍源頼朝)に与えました。義朝は平家相手に連戦連敗、源氏重代の刀である友切があるにも関わらず敗戦が続くため「世の末になって剣の力も失せたのか」と嘆いていると、「それは友切という名のせいである。名を髭切に戻せば剣の力も戻るぞ」と言う八幡大菩薩の示現があったことから、義朝は早速名を髭切へと戻しました。やがて、戦の最中義朝と頼朝は逸れてしまい、義朝は討死しましたが、力の戻った髭切を手にしていた頼朝は無事伊豆へと落ちのび、挙兵した後に源氏を勝利に導きました。やがて離れていた兄弟刀である膝丸も紆余曲折を経て頼朝の下へと戻ってきました。

存在は疑問視されている

上記が「剣巻」に載っている髭切の由来の概略ですが、妙なところが多々あります。まず、いくら婿に引き出物と言っても伝家の宝刀の片割れを渡すのはやりすぎな気がします。まして、熊野別当は当時白河天皇の庇護を受けていたとはいえ、摂関家の様な家柄(作中では実方中将(歌人として有名な左近衛中将藤原実方のこと)の末孫と名乗っていますが)ではありません。但し、同家が源平時代に天皇家から、鎌倉時代に幕府から手厚い庇護をうけていたのは事実です。また、当時既に小烏丸もあったわけですから、同じ名前を付けるのは不自然です。仮に、髭切と小烏丸が同じ鋒両刃造だとすれば別ですが(二口の製作年代から考えるとありえなくもないです)ただ、烏は熊野大社の象徴なので、むしろそちらからの発想なのかもしれません。

また、髭切ではないかと言われているものに北野天満宮が所蔵している「名物 鬼切丸(別名髭切)(※画像参照)」がありますが、髭切が在銘であるという記載が「剣巻」にないので、在銘である鬼切丸が髭切である可能性はかなり低く、むしろ「太平記」に出てくる「鬼切」である可能性の方がまだ考えられると思います。

髭切は、源氏の重宝と呼ばれてはいますが、同じ様に平家の重宝と呼ばれる小烏丸とは異なり、同時代後世含めて有名な割に一次資料がなく、記載されているのがほとんど戦記物で、押形なども見当たらない為、実在の可能性はほとんどないと思われます。「剣巻」が、頼朝が「髭切」と「膝丸」の源氏重代の刀を手に入れたところで終わっていること、途中で天叢雲剣の伝来を記述していることなどから考えられるのは、神代の時代より引き継がれた天叢雲剣が草薙剣と名前を変え天皇家に引き継がれたように、髭切とは実在の刀ではなく満仲から綿々と受け継がれてきた源氏の棟梁を頼朝が引き継いだという一つの象徴なのではないかと思われます。
源氏の重宝「髭切」が存在してくれた方が、歴史好きからすれば浪漫があるのですが、現実的に本太刀は夢の中にしか存在しない名刀といえると思います。

髭切の展示情報

鬼切丸(別名髭切)は北野天満宮にて宝物殿特別公開「宝刀展Ⅻと明治維新150年展」2018年7月7日(土)~8月31日(金)まで展示されました。
鬼切丸(別名髭切)は北野天満宮にて宝物殿特別公開「宝刀展Ⅺと明治維新150年」2018年4月10日(火)~6月30日(土)まで展示されました。
北野天満宮の名物 鬼切丸(別名髭切)が「宝刀展Ⅹと続『刀剣乱舞-花丸-』特別展」2018年2月1日(木)~3月31日(土)まで北野天満宮で展示されました。
次回の展示は未定ですが、北野天満宮にて定期的に展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

小烏丸・平家の重宝

膝丸・髭切の兄弟刀

関連記事

  1. 数珠丸恒次・ 日蓮上人の破邪顕正の太刀

    2017.06.01
  2. 南泉一文字・公案由来の刀

    2018.05.02
  3. 会津新藤五・短刀の横綱

    2018.02.15
  4. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  5. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
  6. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
PAGE TOP