Loading

刀剣ブログ

へし切長谷部・凄まじい切れ味を秘めた名刀

へし切長谷部

へし切長谷部(へしきりはせべ)

  • 指定:国宝
  • 金象嵌銘:長谷部國重 本阿(花押)黒田筑前守 (名物 へし切長谷部)
  • 所蔵:福岡市
  • 種別:
  • 流派:長谷部派

へし切長谷部

へし切長谷部

圧切長谷部金象嵌銘

国宝 太刀 (金象嵌銘:長谷部國重 本阿(花押)黒田筑前守 (名物 へし切長谷部)出典:黒田家の甲冑と刀剣

へし切長谷部押形

金霰鮫青漆打刀拵

金霰鮫青漆打刀拵 出典:国宝8

安宅切金霰鮫青漆打刀拵

安宅切の金霰鮫青漆打刀拵
へし切長谷部の拵は江戸時代に作られたもので、名物 安宅切の金霰鮫青漆打刀拵(重要文化財)を模したもので華麗な桃山時代の特色を示す拵です。

凄まじい切れ味を秘めた名刀

本刀は、享保名物帳所載の名物へし切長谷部です。号の由来は、織田信長が観内という茶坊主が粗相をした時に、観内が膳棚の下に逃げ込んだので、信長が観内を棚ごと圧(へ)し切ったことにより名付けられたと伝わっています。通常、刀を押し当てたくらいでは人は斬れないので、並々ならぬ切れ味を本刀は秘めていることになります。本刀の伝来については大きく分けて二つの説があり、一つは「享保名物帳」などに載っている信長から羽柴秀吉へ与えられ、秀吉から黒田筑前守長政へ下賜され以後同家に伝わったという説、もう一つは「黒田御家御重宝故実」などに掲載されている信長から黒田孝高(長政の父)に与えられ、以後同家に伝わったとする説です。一般的に、「享保名物帳」に記載されていることから刀剣界では前者の説を採用することが多く、歴史ファンに読者の多い司馬遼太郎の小説「播磨灘物語」で後者の説を採用しているため、刀剣界以外では後者の説の方が浸透しているかと思われます。昭和8年に重要美術品に認定、同11年に国宝(所謂旧国宝)指定、戦後の昭和28年に改めて国宝(新国宝)に指定されました。昭和53年に黒田茂子(黒田家第十四代当主黒田長礼侯爵の夫人)より「名物日光一文字」、天下三名槍の一つ「日本号」などと共に福岡市へ寄贈されました。これは、生前に「黒田家の什宝は美術工芸品であっても、郷土福岡との関連において役立てるべき歴史的文化財である」という言葉を残した長礼候の遺志を継いだ茂子夫人により『黒田資料』としてまとめられて寄贈されたものです。現在も福岡市博物館に所蔵されており、毎年一月上旬から二月上旬にかけて同館で公開展示されています。
因みに、本刀の所蔵先である福岡市博物館の黒田記念室では「長政公が拝領したというのは本阿弥家の誤記で、実際には孝高公が信長公から拝領したもの」というような説明がされています。

無銘極めながら長谷部国重の代表作

この刀は、鎬造、庵棟、長さに比して身幅広く、重ね薄く、反り比較的浅く、中鋒のびごころとなり、表裏に棒樋を掻き通している。鍛えは、小板目肌よく詰み、地沸細かにつく。刃文は、小乱れ、小丁子、飛焼が交じるなど、指表の鎺元大きく乱れ、小沸に処々荒沸交じり、金筋・砂流しかかり、匂口明るく冴える。帽子は、表は大きく乱れ込み、先尖りごころに返り、裏は乱れ込んで掃きかけている。茎は大磨上、鑢目は勝手下がり、先は刃上がり栗尻となり、指表に金象嵌で「黒田筑前守」の所持銘を、指裏に「長谷部國重 本阿(花押)」の極め銘を入れている。本刀は、無銘極めではありますが地刃の出来に殊の外優れており、その傑出した出来映えは同作中並ぶもののない長谷部国重の代表作です。

へし切長谷部の展示情報

国宝刀 名物「圧切長谷部」は、福岡市博物館「黒田家名宝展示―官兵衛ゆかりの資料展示―」にて2018年1月5日(金)~2月4日(日)まで展示されていました。
国宝刀 名物「圧切長谷部」は、2018年9月29日(土)~11月25日(日) 京都国立博物館「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」にて展示されます。
国宝刀 名物「圧切長谷部」は、2019年1月5日(土)~2月3日(日) 福岡市博物館にて展示されます。
次回の展示は未定ですが、長谷部國重の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

へし切長谷部押形 (出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

中国地方の刀剣展示会

日本号・呑取りの槍

関連記事

  1. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
  2. 次郎太刀・重厚な大太刀

    2018.03.03
  3. 鶯丸・室町以来の名物

    2018.01.17
  4. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  5. 小烏丸・平家の重宝

    2018.01.20
  6. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
PAGE TOP