Loading

刀剣ブログ

蛇切国吉・本多家御家名物の短刀

蛇切押形

蛇切国吉(へびきりくによし)

  • 指定:特別重要刀剣
  • 銘:国吉(号 蛇切)
  • 所蔵:個人蔵
  • 種別:短刀
  • 流派:粟田口派

短刀 銘 国吉(号 蛇切国吉)

蛇切国吉

短刀 銘 国吉(号 蛇切)(出典:日本刀集美

本多忠勝が家康から下賜された短刀

本短刀は、本多家の御家名物「蛇切国吉」です。付属の由緒書によると、徳川家康が天竜川の馬篭渕で休憩した時に、地元の者が「この渕には大蛇が出ます」と言ったところ、武勇で知られる徳川四天王の一人本多忠勝が「某が見て参りましょう」といい、短刀を携えて渕へ潜りました。その後、上がってきた忠勝は「水中には何も怪しいものはおらず、大魚がいたくらいです」といい、それを聞いた周りの者たちは川に網を張りました。網を引き揚げてみると、傷ついた巨大な鱸が懸かっていて、それを見た家康は忠勝の勇を讃えて本短刀を授け、本短刀に「蛇切」の号が付けられたと記されています。後に本多家から伊予西条藩主松平家に伝わり、現在は個人蔵です。

粟田口国吉の典型作

この短刀は国吉の在銘作で、姿は平造、三つ棟、長さに比して身幅やや広く、僅かに内反りとなる。鍛えは、粟田口派特有のよく詰んだ小板目肌に、地沸細かにつき、沸映り立つ。刃文は、広直刃調に小足・葉僅かに入り、匂口締りごころとなり、小沸つき、明るく冴える。帽子は、直ぐに小丸、僅かに返る。茎は磨上、鑢目勝手下がり、先浅い栗尻となり、三つ空いた目釘穴の下に「国吉」の銘が切られている。本短刀は、地刃共に健全かつ品の良い作風を示した粟田口国吉の典型作です。

蛇切国吉の展示情報

蛇切国吉は個人蔵の為、展示の機会はなかなか無いかもしれませんが、粟田口国吉の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

押形(出典:重要刀剣等図譜)

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

日本刀の号とは

加州清光・新選組 沖田総司の愛刀

関連記事

  1. 小夜左文字・仇討ちに用いられた名短刀

    2018.01.05
  2. 南泉一文字・公案由来の刀

    2018.05.02
  3. 岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

    2018.09.28
  4. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  5. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
  6. 太閤左文字・太閤の愛した短刀

    2017.11.21
PAGE TOP